2017年 IPO初値予想一覧(公開前日までに変更することがあります)
2012年~2016年 IPO初値予想一覧

上場 参加期間 当落発表 申込期間 銘柄名(コード) 市場 主・副幹事 完全抽選枠 想定価格 仮条件 決定価格 初値 騰落率 同業比較 難易度
10/25 10/10-10/16 10/17・10/18 10/18-10/23 テンポイノベーション
(3484)
M 東海
大和
東海窓口
大和ネット
3000 やや割高 困難
10/25 10/10-10/16 10/17・10/18 10/18-10/23 シルバーライフ
(9262)
M みずほ
日興
みずほ
日興ネット
2400 格安 困難
10/5 9/19-9/25 9/26・9/27 9/27-10/2 ウェルビー
(6556)
M みずほ
SBI
みずほ窓口
SBI
2580 2400-2580 2580 やや割安 困難
10/5 9/19-9/25 9/26・9/27 9/27-10/2 大阪油化工業
(4124)
J 野村・大和 野村ネット
大和ネット
1830 1830-1860 やや割安 困難
10/5 9/20-9/26 9/27・9/28 9/28-10/3 MS&Consulting
(6555)
M 日興・大和 日興ネット
大和ネット
1280 1150-1280 適正価格 極めて
容易
9/29 9/13-9/20 9/21・9/22 9/22-9/27 マネーフォワード
(3994)
M 日興
monex
日興ネット
monex
1330 1350-1550 1550 極めて
割高
困難
9/29 9/12-9/19 9/20・9/21 9/21-9/26 西本Wismettac
(9260)
1 野村
三菱
野村ネット
三菱ネット
5250 4500-5250 4750 適正価格 極めて
容易
9/29 9/12-9/15 9/19・9/20 9/20-9/25 テックポイント
(6697)
M みずほ
大和
みずほ窓口
大和ネット
650 620-650 650 やや割高 困難
9/28 9/11-9/15 9/19・9/20 9/20-9/25 ロードスターキャピタル
(3482)
M みずほ
日興
みずほ
日興ネット
1820 1640-1820 1820 適正価格 困難
9/26 9/8-9/14 9/15・9/16 9/19-9/22 壽屋
(7809)
J 大和
三菱
大和ネット
三菱ネット
1980 1980-2000 2000 適正価格 困難
9/22 9/6-9/12 9/13・9/14 9/14-9/20 PKSHA
(3993)
M 日興
SBI
日興ネット
SBI
1690 1700-2400 2400 5480 +128% 適正価格 困難
9/20 8/30-9/5 9/6・9/7 9/7-9/12 ニーズウェル
(3992)
J みずほ
SBI
みずほ
SBI
1590 1590-1670 1670 3850 +130% 格安 極めて
困難
9/14 8/30-9/5 9/6・9/7 9/7-9/12 ウォンテッドリ
(3991)
M 大和
いちよし
大和ネット
SBI
880 880-1000 1000 5010 +401% 割安 ほぼ
不可能
9/13 8/28-9/1 9/4・9/5 9/5-9/8 エスユーエス
(6554)
M 野村・SBI 野村ネット
SBI・MONEX
2200 2220-2300 2300 4970 +116% 割安 困難
8/30 8/14-8/18 8/21・8/22 8/22-8/25 UUUM
(3990)
M 野村・日興 野村ネット
日興ネット
1880 1880-2050 2050 6700 +226% 格安 極めて
困難
8/9 7/24-7/28 7/31・8/1 8/2-8/7 トランザス
(6696)
M いちよし
みずほ
いちよし
ダイレクト・SBI
1300 1240-1300 1300 3510 +170% 割安 極めて
困難
8/3 7/19-7/25 7/26・7/27 7/27-8/1 シェアリング
(3989)
M 大和
SBI
大和ネット
SBI
1560 1560-1600 1600 2990 +87% やや割安 困難
7/20 6/30-7/6 7/7-7/10 7/11-7/14 JSB
(3480)
2 三菱
SBI
三菱ネット
SBI
3100 3100-3200 3200 4280 +34% 割安 困難

※完全抽選枠=完全抽選枠狙いで当選確率の高い証券会社。 ※松井証券、kabu.comなど一部証券会社では当落発表日が異なります。 
テンポイノベーション(3484)ipo目論見書 飲食店向け店舗転貸借事業

(ブック・積極参加)(8)
不動産投資・売買関連と比べると不動産銘柄にしては割高な印象。
居抜きを中心とした飲食店事業(小売業)レベルの割高水準。
仲介や不動産管理、リース事業とも異なる飲食店専門の
転貸借事業とユニークな事業内容のため、割高な仮条件となっている模様。

前期 PER:31倍。予想 PER:23倍程度(投げ込み)。業績堅調で成長率も高い。

ほとんど、90%以上180日のロックアップがかかっている。
第一回のストックオプションは94,300株がIPO当日も行使可能、
割当は取締役2名で早期の売却は想定しにくく、IPO当日の売りは皆無に等しい。

目論見書想定仮条件:@100 3000円
公開規模: 約13億円(OA込)・時価総額: 約62億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):20%
初値予想: 5500円~6500円

====比較対象・類似銘柄 PER====
プロパスト   11倍
テンポスバスタ 17倍
バルニバービ  28倍
シルバーライフ(9262)ipo目論見書 高齢者・障害者向けの調理済み食材、配食・販売・フランチャイズ運営

(ブック・積極参加)(9)
高齢者に特化していることで乱立する宅配事業者と差別化を図っている。
前期 PER:20倍。予想 PER:15倍程度(投げ込み)。業績は右肩上がり。

「銀のさら」「釜寅」など調理済み食材宅配のライドオン、
2015年IPOしたファンデリー(健康食宅配サービス)辺りが比較対象で割安な印象。
ファンデリーは2倍近くをつける初値となったことから同社も期待できそう。
当時の公開規模はOA込 約9億円。現在の時価総額:約95億円。

1.5倍で、ほとんどのロックアップが解除。
社長と近江屋がほとんどの株90%以上を占めている。
売出し15万株はすべて社長が放出しているため
ここから追加の売りはしばらく控えられそう。
近江屋は同氏の資産管理会社で所有する株も含んでいる。

ストックオプションは全体の7.3%を占める。
第一回のストックオプションはIPO当日も権利行使可能で1億程度。
行使価格100株で165円。

目論見書想定仮条件:@100 2400円
公開規模: 約18億円(OA込)・時価総額: 約60億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):30%
初値予想: 4000円~5000円

====比較対象・類似銘柄 PER====
ファンデリー 22倍
ライドオン  16倍
アスモ    18倍
シダックス  34倍
ケンコーマヨ 16倍
サトー商会  11倍
ウェルビー(6556)ipo目論見書 障害者総合支援法による障害福祉・相談・支援事業

(ブック・積極参加)(7)
比較対象が障害者の就労支援「リタリコ」で仮条件は高めに設定されている。
昨年上場したリタリコは2倍近くまで買われる人気となった。
現在、リタリコの時価総額は274億円。当時の公開規模はOA込約16億円。

利用者と行政から負担金を2重に受け取るビジネスモデルで意外に儲かる構図。
業績堅調で売上げも純利益も右肩上がりで成長率は高い。

前期 PER:67倍。予想 PER:40倍程度でやや割安な印象。

ストックオプションは第一回目のみIPO当日から38万株が権利行使可能。
行使価格 100株で220円。ほとんど役員が占めているためしばらく行使されそうにない。

1.5倍で、ほとんどのロックアップが解除。
しかし、社長も含め大株主は売出しで一部放出しているため
早期に追加で売り抜けるとは想定しにくく、しばらくは売りが出そうにないが、
1.5倍は意識される価格帯。調達資金も多いため1.5倍は越えそうにない。

目論見書想定仮条件:@100 2580円
公開規模: 約57億円(OA込)・時価総額: 約228億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):25%
初値予想: 2700円~3000円

====比較対象・類似銘柄 PER====
リタリコ    54倍
エスプール   29倍
幼児活動研究会 14倍
大阪油化工業(4124)ipo目論見書 精密蒸留精製、昇華精製

(ブック・中立)(6)
工場や研究所に自社設計の蒸留装置なども提供する精密蒸留の総合ソリューション事業。

業績堅調で売上げも右肩上がり。前期 PER:10倍。予想 PER:8~9倍程度で適正価格。
総合化学メーカー辺りが比較対象で仮条件はややディスカウントされた印象。
昨年、IPOした昭栄薬品は業種が人気のない化学でも+1.5倍近くの初値。
それとは違い、調達資金も倍以上で、成長率も低いため
売られる理由もなければ買われる理由も特になし。

64%も流動株として大放出されるところが懸念材料。
社長と会長のみで売出し放出。
残りはほとんど90日のロックアップがかかっているため売りはしばらくの間なし。

潜在株式数は56,330株。発行済株式総数の8.4%。5万株程度(従業員)がIPO当日も行使可能。

目論見書想定仮条件:@100 1830円
公開規模: 約11億円(OA込)・時価総額: 約17億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):64%
初値予想: 1900円~2100円

====比較対象・類似銘柄 PER====
住友化学 11倍
三井化学 10倍
三菱ケミ 11倍
住友化学 11倍
昭栄薬品 11倍
MS&Consulting (6555)ipo目論見書 リサーチ業務及び外食・小売・サービス業界を中心とした経営コンサルティング

(ブック・不参加)(3)
VCが大株主トップで87%を占める。そのVCがすべて売出し、持ち株の90%近くを大放出。
VCのエグジットでほぼ100%に近い株が流動株となるため、供給過多。IPO参加は避けたい。

前期 PER:17倍。予想 PER:15~16倍程度で売上は頭打ち。第6期(第一四半期までで赤字)
マーケティングリサーチ銘柄が比較対象で適正価格の範囲。

VCの売出し残も含め、ほとんど180日のロックアップがかかっているため、
IPO当日はこれ以上出ないと予想。IPO当日、権利行使可能な部分は
ほとんど役員が占めているため当面は行使されないと予想。
ストックオプションは発行済株式総数の9.7%。

目論見書想定仮条件:@100 1280円
公開規模: 約56億円(OA込)・時価総額: 約58億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):96%
初値予想: 1100円~1400円

====比較対象・類似銘柄 PER====
メディアフラッグ 6倍
アイドマ    15倍
マクロミル   19倍
レッグス    14倍
クロス・マーケ 46倍
マネーフォワード(3994)ipo目論見書 自動家計簿サービス、クラウドを利用した法人向け会計サービス

(ブック・中立)(6)
レシートをスマホで撮影するだけで、簡単に家計簿が付けられる便利なアプリで急成長。
しかし、利用者数は500万人(今年7月末)で競合他社に敗北。知名度はトップ。

設立から連続赤字。前期、16年11月期(15年12月~16年11月)最終損益が9億近くの赤字。
将来を見据え、人材採用や広告宣伝などへ先行投資を積極的にしたため赤字に転落。
売上は急上昇。売上予想は+85%近く急増。
しかし、業績の推移から予測すると、赤字縮小でも今期も赤字予想。
先行投資ばかりでIPOするには早計な印象。VCのエグジット濃厚。

ほとんど180日のロックアップがかかっているが、
37億円近くものVC保有株は90日または1.5倍でロックアップ解除となるため1.5倍は越えそうにない。
セカンダリー投資期間は90日以内が勝負。

ストックオプションは発行済株式総数の16.7%。
IPO当日も行使可能な部分は取締役がほとんど占めているため
売出しで放出してさらに追加の売りはないと予想。
その他、ほとんど長期保有の確約など契約が細かく
IPO当日の売りはストックオプションからは皆無と予想。

目論見書想定仮条件:@100 1330円
公開規模: 約39億円(OA込)・時価総額: 約243億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):16%
初値予想: 1400円~1600円

====比較対象・類似銘柄 PER====
Gunosy  51倍
ユーザーベース 115倍
オロ      26倍
西本Wismettacホールディングス (9260)ipo目論見書 日本食、アジア食品・食材の輸入、開発、卸売り

(ブック・不参加)(4)
主として食品メーカーや、外食産業向けに食材を供給。
配当もある老舗の大型株で不人気業態の卸売業。
公募割れリスクも高く複数株当選容易。大きく公募割れした際は長期投資で挑みたい。
比較対象はトーホー(時価総額323億)辺り。

業績堅調でも成長は止まった印象。割安感のない仮条件で前期 PER:27倍。
売上10%アップ程度で純利益は横ばい予想。予想PERは比較対象の同業他社と同程度。

ストックオプション制度もなく、90日のロックアップがほとんどかかっているため
IPO当日の売りはほとんどなし。

目論見書想定仮条件:@100 5250円
公開規模: 約223億円(OA込)・時価総額: 約753億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):29%
初値予想: 4600円~5000円

====比較対象・類似銘柄 PER====
トーホー 24倍
神戸物産 18倍
神栄   20倍
テックポイント・インク(6697)ipo目論見書 高画質ビデオ監視システム、自動車カメラシステム、関連半導体の設計・開発

(ブック・中立)(6)
公募のみで売出しなし。本社はアメリカで初値が飛ぶことはない外国株のIPO。
取引は外国株扱いとなり外国株信託受益証券(JDR)。取引方法や税制等は国内株式と同様で
特別な書面で外国株取引の口座開設は必要なし。
日本で上場する理由は日本での市場開拓のため。

業績堅調で売上げも右肩上がり。
中間決算実績から売上・純利益ともに前期の半分程度達成で予想も同程度。
前期 PER:28倍。予想 PER:27倍程度でやや割高。

日本の大手自動車メーカーにも採用されているが、自動運転技術銘柄とは遠いため、
比較対象は地味な電気機器メーカー辺り。将来的には関連銘柄としてマークしておきたい銘柄。

2012年創業と若いため、ストックオプションはしばらくの間行使できない。
1.5倍で、ほとんどのロックアップが解除されるため
1.5倍を超えるとまとまった売りが出てきそう。売出しがないことからも警戒したいところ。
VCの525,000株にはなにもロックアップがかかっていない。
こちらはOAがあるかないかでIPO当日におけるVCの売却可能株は変動する。OAはVCから調達。
OAなしで公募が上限で決まらない場合は当選棄権が賢明。

目論見書想定仮条件:@100 650円
公開規模: 約11億円(OA込)・時価総額: 約109億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):10%
初値予想: 600円~800円

====比較対象・類似銘柄 PER====
オプテックス 26倍
池上通信機  17倍
あい ホール 20倍
ロードスターキャピタル(3482)ipo目論見書 不動産クラウドファンディング・不動産投資・資産運用・仲介・コンサルティング

(ブック・積極参加)(7)
中国企業のRenren Lianhe Holdings(Renren)やカカクコムからの
第三者割当増資を受けたお墨付き銘柄。
Renrenは中国版facebook、ネットゲームなどを運営する大手IT企業。

売上堅調で成長率も高い。前期PER:20倍、予想:8~10倍程度。
不動産アセットマネジメント系の銘柄と比べると適正価格。
クラウドファンディング銘柄と比べると格安。
日本初となる不動産特化型のクラウドファンディングで初物。
この点に注目されれば2倍も視野に。

1.5倍を超えるとほとんどロックアップ解除となる。
既に各上位大株主は10-25%程度売出しで放出しているため、
さらに追加で早期売却するとは想定しにくいが、1.5倍は意識される価格帯。
潜在株式総数は254,000株。そのうち19万株近くがIPO当日も行使可能。
行使価格は分割調整後620円

目論見書想定仮条件:@100 1820円
公開規模: 約23億円(OA込)・時価総額: 約91億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):25%
初値予想: 2400円~3000円

====比較対象・類似銘柄 PER====
グッドコム  8倍
新日本建物  6倍
THEグローバ  7倍
シーアールイ 5倍
フォーサイド 225倍
------------------
インベスターズ 22倍
ディア・ライフ 13倍 
GMOクリック  17倍
サイバーエージ 43倍
LIFULL  706倍
壽屋(7809)ipo目論見書 玩具類の企画・開発・製造・卸・販売・輸出入

(ブック・積極参加)(6)
アニメ、ゲーム、映画キャラクターといった一部マニア向けの製品が中心で
フィギアブームが去ってからのIPO。財務内容から成長は止まっている印象。

売上は頭打ち状態で成長は期待できない。今年の6月期でPER:21倍程度。
次期の予想も同程度かそれ以下。大手玩具メーカーを意識した価格帯。
ジャスタックのピープル(知育玩具)と比較しても同程度でディスカウントは感じられない。

売出しのすべては大株主トップの社長が持ち株の40%近くも大放出。
ここから、さらに追加の売りは想定しにくい。
1.5倍を超えるとほとんどロックアップ解除となるが1.5倍は越えそうになく、
ストックオプションは分割考慮後 総数 164,100株
2年後から権利行使可能となるためIPO当日の売りはほとんどないと予想。

目論見書想定仮条件:@100 1980円
公開規模: 約14億円(OA込)・時価総額: 約53億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):26%
初値予想: 2200円~2700円

====比較対象・類似銘柄 PER====
ピープル   22倍
タカラトミー 25倍
バンダイナムコ21倍
東映アニメ  21倍
サンリオ   22倍
PKSHA Technology(3993)ipo目論見書 機械学習/深層学習・自然言語処理・画像認識ソリューション事業

(ブック・積極参加)(7)
調達資金はすべて公募のみで、人材確保や研究開発等の投資に使われるため好印象。
好業績で右肩上がりの急成長。しかし、前期 PER:193倍、予想 PER:70~80倍程度で適正価格。
人工知能は人気の事業内容だが、調達資金も多く既に盛られた価格で2倍は期待できそうにない。

VCなしでロックアップはほとんど180日かかっている。
ストックオプション総数(潜在株数)は発行済株式総数に対して13.8%。
IPO当日も一部行使できる。一般社員割当分で社外協力者はIPO当日行使できないため
露骨な行使はないと予想。よってIPO当日の売りはほとんどなし。

目論見書想定仮条件:@100 1690円
公開規模: 約50億円(OA込)・時価総額: 約224億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):22%
初値予想: 2500円~3300円

====比較対象・類似銘柄 PER====
ロゼッタ     77倍
ユーザーローカル 95倍 
テクノス     41倍
チェンジ     110倍
アドバンスト   988倍
ALBERT  連続赤字
ニーズウェル(3992)ipo目論見書 金融、通信、流通、サービス等のシステム開発

(ブック・積極参加)(9)
好業績で右肩上がりの成長率。前期 PER:12倍、予想 PER:10倍程度と格安。
金融・IT系のシステム開発は人気の業態で積極参加。
調達資金も少く入手は極めて困難。

1.5倍で全体の80%以上がロックアップ解除。
VCなしで売りは当面の間、出ないと予想。

株式会社オーディーシーの子会社。非上場企業で半数近くを占めるトップ大株主。
議決権の関係で半数近くをキープすると予想すると売りはほとんど出ない。
大株主上位は売出しでほとんど放出済みで売りは少なく買い優勢。

ストックオプション(潜在株数)は144600株で全体(発行済み株式総数)の8.27%
IPO当日も一部行使できるが多くは経営陣が占めているため売りはしばらく控えられそう。

目論見書想定仮条件:@100 1590円
公開規模: 約6.4億円(OA込)・時価総額: 約31億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):20%
初値予想: 3000円~4000円

====比較対象・類似銘柄 PER====
SYS   27倍
ULS   21倍
PCI   21倍
アクモス 18倍
ウォンテッドリー(3991)ipo目論見書 ビジネス向けSNSアプリの企画・開発・運営

(ブック・積極参加)(10)
2010年会社設立。国内最大のビジネスSNSで利用企業社数2万3000社、
月間利用ユーザー数150万人を超え急成長。海外展開も加速している。
仮条件はLINE辺りを比較対象としているイメージ。
前期 PER:52倍、予想 PER:30倍程度と割安。

少ない調達資金の使途(名目)は本社オフィスの内装費に充当。
流通株が異常に少なく人気は必至。公開株数はわずか149,500株(OA込)。
完全抽選枠は宝くじレベルの確率に。

1.5倍で全体の90%以上がロックアップ解除。VCはいないため売りは当面の間、出ないと予想。
ストックオプションは総計185,500株。IPO当日も一部行使できるが役員(取締役)が占めているため
売りはしばらく控えられそう。

目論見書想定仮条件:@100 880円
公開規模: 約1.3億円(OA込)・時価総額: 約40億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):3%
初値予想: 2000円~3000円

====比較対象・類似銘柄 PER====
アライドアーキ 36倍
LINE    51倍
KLab    49倍
gumi    30倍
ユーザベース  95倍
エスユーエス(6554)ipo目論見書 機械分野、電気・電子分野、組込制御分野、情報システム、クラウド、化学・バイオの設計・開発及び付帯業務

(ブック・積極参加)(7)
事業内容には人気業態のAI・ソーシャルゲーム開発・ITシステム開発と並ぶが
実態はただのIT系技術者派遣に特化した派遣事業。過剰な成長期待は禁物。

前期 PER:17倍(単体)・18倍(連結)/予想 PER:13倍~15倍。
派遣事業と比べると割安。業績堅調も魅力。

VCは1.5倍でロックアップ解除。トータル12万株近く(全体の5%程度)あり早期売却に警戒。
ストックオプションはIPO当日行使できず(トータル18万株程度)

目論見書想定仮条件:@100 2200円
公開規模: 約9億円(OA込)・時価総額: 約46億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):19%
初値予想: 3000円~3900円

====比較対象・類似銘柄 PER====
MS JAPAN   26倍
キャリア    50倍
アウトソーシン 25倍
ウィルグループ 18倍
エスエム・エス 41倍
テンプ     20倍
パーソル    23倍
パソナ     43倍
UUUM(3990)ipo目論見書 動画配信マネジメント、動画制作サポート、新規開拓・オファー、ゲーム開発

(ブック・積極参加)(9)
素人が動画配信で一躍有名人となり、巨額の広告収入を手にして一躍話題となった、
動画配信ユーチューブをサポートする事業で、新規クリエイターも発掘している。

芸能プロダクション辺りと比較すると割高。動画配信専業としては初物で人気は必至。
前期 PER:60倍、予想 PER:44倍程度。ネット銘柄としては割安な仮条件と急成長が魅力。

売出しでVCは持ち株総数の12%程度放出済みだが、残り1,973,700株は1.5倍でロックアップ解除。
公開規模 3倍を超えるかなりのボリュームで早期売却に警戒。
流通株は10%程度と少ないがVCの1.5倍は強く意識される。
2013年会社設立と間もないため、ストックオプション(潜在株は全体の13.7%)の
行使はIPO当日はできない。※新株予約権・第一回目(ヒカキン保有分)に関しては特例あり。

また、目論見書では大株主(ストックオプション取得)にてニックネームで活動しているユーチューバーも、
実名で外部協力者として複数名を連ねていることが確認できる。

目論見書想定仮条件:@100 1880円
公開規模: 約11億円(OA込)。時価総額: 約113億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):9%
初値予想: 3000円~4300円

===比較対象・類似銘柄 PER===
エイベックス 22倍
松竹     82倍
アミューズ  18倍
ホリプロ   16倍
GMOメディ 16倍
AppBk  172倍
GameWith 58倍
トランザス(6696)ipo目論見書IoT、ウェアラブルデバイス等の製造・開発

(ブック・積極参加)(9)
人気の業態で積極参加。前期 PER:35倍、予想 PER:20倍程度。
成長鈍化。売上前期割れ予想で頭打ち。
仮条件は同業エコモットを意識した価格。
エコモットは1.5倍で予想より低く着地したことから
VCのロックアップ解除1.5倍は意識される価格帯。

インテル系VC(125,000株)は全体の5%程度でロックアップなし。
シンガポールのビジネスコンサルティング会社が一部売出し後15%近くを占める。
こちらは同社役員が占めているためIPO当日の売却はなし。
役員を退任した頃に放出をはじめそう。
ストックオプションはトータル164,000株もあるが、
IPO当日権利行使できる数は警戒するほどでもない。

目論見書想定仮条件:@100 1300円
公開規模: 約11億円(OA込)。時価総額: 約39億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):28%
初値予想: 3000円~4000円

===比較対象・類似銘柄 PER===
エコモット 36倍
sMedio   59倍
PCIホール  22倍
チェンジ  142倍
シェアリングテクノロジー(3989)ipo目論見書暮らしのトラブル業者検索「生活110番」、ライフサービス領域のメディアサイト

(ブック・積極参加)(8)
前期 PER:421倍、予想 PER:30~40倍程度で業績堅調。急成長で予測は困難。
個人の生活トラブルをサポートする銘柄と比べるとかなり割高。
WEBマーケティング銘柄が比較対象でやや割安な印象。
昨今、主力市場が高値圏でもみ合い、資金は上場疑義の仮想通貨銘柄・
バイオベンチャー銘柄までにも積極的に個人が投資しているためIPOにも資金流入。
仮条件は強気になってきた。

売出しの60万株はすべて社長。
VC 25万株はロックアップなし、+16万株アイビスと+81900株の
sbi系VCは1.5倍でロックアップ解除。早期売却に警戒。
さらにストックオプションは全体の8.3%あり、
IPO当日も一部可能(分割後:行使価格610円で35万株)。

目論見書想定仮条件:@100 1560円
公開規模: 約22億円(OA込)。時価総額: 約90億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):24%
初値予想: 2500円~3500円

■比較対象・類似銘柄 PER■
ジャパンベストレスキュ 13倍
アサンテ        16倍
------------------
GMO TECH    44倍
イノベーション     42倍
ショーケース      31倍
アイティメディア    25倍
VOYAGE      26倍
クロス・マーケティング 19倍
ジェイ・エス・ビー(3480)ipo目論見書学生会館・学生寮・学生専用マンションを中心とした不動産賃貸管理

(ブック・積極参加)(7)
学生マンションが売上げの中心で少子化、賃貸マンションの空室率増加など
業界の見通しは芳しくない。
前期 PER:12倍(連結)、予想 PER:10倍程度(連結)で業績堅調。割安な印象。

全体の60%近くに180日のロックアップがかかっている。
全体の10%近くのVCは1.5倍でロックアップ解除。

1社のVCは売出しですべて放出済み。
残りのVC保有(全体の10%程度)はロックアップなし。
かなりのボリュームを占めるため早期売却に警戒。

ストックオプションは総計299,500株。来年から行使可能。

目論見書想定仮条件:@100 3100円
公開規模: 約16億円(OA込)。時価総額: 約136億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):11%
初値予想: 4000円~4600円

==比較対象・類似銘柄 PER==
毎日コムネット 15倍
共立メンテナン 17倍
クロスフォー(7810)ipo目論見書ジュエリーの製造・卸

(ブック・積極参加)(9)
宝石(人工石)の中に十字の輝きをもたせる独自開発のカットが売りで急成長。
チープな価格でリッチなデザインを実現しているところが同社の強み。

公募のみで売出しはないが調達資金は多め。
前期 PER:17倍(連結)、予想 PER:9倍程度(連結)。業績堅調で成長率も高い。
自社ブランド鞄のサマンサ辺りとも比較できるため割安な印象。

ほとんど90日のロックアップがかかっているが、1.5倍でほとんど解除。
VC保有の339,000株(全体の5%程度)はロックアップなし。

IPO当日も売却できるストックオプションがあるが
役員がほとんど占めているため早期売却は想定しにくい。
VC保有のストックオプションは上記のうち2万株を占める。

目論見書想定仮条件:@100 720円
公開規模: 約12億円(OA込)。時価総額: 約59億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 20%
初値予想: 1100円~1700円

===比較対象・類似銘柄 PER===
サマンサ   52倍
Hamee  32倍
4℃     13倍
TASAKI 15倍
東京貴宝   8倍
ユニフォームネクスト(3566)ipo目論見書ネットを中心とした業務用ユニフォーム販売

(ブック・積極参加)(9)
公募のみでVCも含めて売出しなし。
ネット衣料品小売りや作業服など扱うモノタロウ辺りが比較対象で格安な印象。

前期 PER:14倍、予想 PER:13倍程度で成長は鈍化。
売上げの進捗状況から成長は今期で止まる予想。
(衣替えや異常気象などの影響もあるため通期の予想はむずかしい)。

ほとんど90日のロックアップがかかっているが、
VCは1.5倍で解除。全体の7%と多めで初値動向はVC次第。

目論見書想定仮条件:@100 2460円
公開規模: 約6億円(OA込)。時価総額: 約30億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 20%
初値予想: 5000円~5600円
===比較対象・類似銘柄 PER===
スタートトゥ 40倍
Monota  59倍
夢展望   15倍
ソウルドアウト(6553)ipo目論見書ゲーム情報メディア事業

(ブック・積極参加)(6)
Webマーケティング支援、HR支援、IT化支援が業務内容。
VCなしでヤフー、オプトといった大手IT企業がバックについている。

前期 PER:34倍、予想 PER:19倍程度で適正な価格帯。
売上堅調で成長率も高い。売上、純利益ともに前期を超える予想。

売出しはすべてヤフー。売出し残も含め、ほとんど180日のロックアップが
かかっているため、しばらくまとまった売りは出てこない。
ただし、調達資金が多く初値2倍は厳しそう・・・。

IPO当日から多量の行使可能なストックオプションがある。
行使価格は316円(株式併合後の価格)。
複数の従業員に割り当てられ、ほとんど役員が占めているわけではない。

目論見書想定仮条件:@100 1080円
公開規模: 約29億円(OA込)。時価総額: 約100億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 29%
初値予想: 1300円~1700円

===比較対象・類似銘柄 PER===
デジタルガレージ 17倍
ベイカレント   11倍
バーチャレクス  32倍
GameWith (6552)ipo目論見書ゲーム情報メディア事業

(ブック・積極参加)(9)
ビジネスモデルは広告収入依存で、ゲーム攻略情報を提供するAppBankと同じ。

口コミサイト銘柄が比較対象で仮条件は割安な印象。
前期 PER:64倍、予想 PER:37倍程度。

ほとんど270日と珍しく長めのロックアップがかかっている。
全体の11%程度占めるVCは、1.5倍でロックアップ解除される。
売出しで172,000株放出済みのため残り824,000株(9%)。初値動向はVCが主導。
ボリュームが大きく1.5倍は意識される初値の価格帯。
調達資金が多い反面、流通株が抑えられているため2倍も十分視野に。

目論見書想定仮条件:@100 1720円
公開規模: 約15億円(OA込)。時価総額: 約142億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 10%
初値予想: 3000円~4000円

===比較対象・類似銘柄 PER===
AppBank    176倍
アイスタイル  60倍
オールアバウト 45倍
トレンダーズ  25倍
SYSホールディングス (3988)ipo目論見書システム開発、ソリューション

(ブック・積極参加)(8)
コンサルティングから設計、開発、運用、保守まで一貫したサービスを提供。
IPOでは人気のITコンサルティング・システム開発事業。

前期 PER:22倍、予想 PER:19倍程度(連結)。若干割安な印象。
第二四半期までの実績から判断すると売上は頭打ちで成長は止まった印象が強い。

ほとんど180日のロックアップがかかっていて、ストックオプション制度もなし。
上場してからしばらくの間売り圧力なし。

目論見書想定仮条件:@100 2560円
公開規模: 約9億円(OA込)。時価総額: 約32億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 28%
初値予想: 4200円~5000円

===比較対象・類似銘柄 PER===
ULS  21倍
アクモス 26倍
PCI   23倍
ツナグ・ソリューションズ (6551)ipo目論見書単純労働を中心としたアルバイト・パート採用コンサルティング業

(ブック・積極参加)(7)
前期 PER:44倍、予想 PER:27倍程度(連結)でディスカウントなし。
業績堅調推移。工場勤務中心の派遣事業アウトソーシン、エスプール辺りが
比較対象で割高な印象+調達資金も多く初値2倍は想定しにくい。

ほとんど90日以上のロックアップがかかっているため売り圧力はなし。
ストックオプションは上場初日から行使可能だが
警戒するほどのボリュームでもない。

目論見書想定仮条件:@100 1970円
公開規模: 約10億円(OA込)。時価総額: 約46億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 21%
初値予想: 2800円~3800円

===比較対象・類似銘柄 PER===
キャリア    55倍
アウトソーシン 18倍
エスプール   19倍
ウィルグループ 15倍
ヒト・コミュ  19倍
ピーエイ    50倍
テンプ     23倍
MS       27倍
Fringe81(6550)ipo目論見書インターネット広告技術開発・コンサルティング

(ブック・積極参加)(9)
ブラウザーやウィルスソフトで広告をブロックしても
執拗に表示できる広告など多岐にわたる広告表示開発能力が同社の売り。

ただの広告代理店ではなく
ビックデータから広告を最適化するフリークアウト、メタップス辺りの
特殊な業態の銘柄とも比較できるため買いは殺到しそう。

しかし、売上は横ばい予想で、予想 PER:30倍程度。
業績の進捗から単純予想すると、前期赤字で予想PER:400倍程度。
既にかなり盛られた価格。成長率が高く予想は当てにならない。

ロックアップなしの421,100株のVCは売出しですべて放出。
残りのVCが1.5倍を超えて売却できる株数は全体の5%程度で警戒するほどでもない。
流通株数は全体の12%程度と少なめ。

目論見書想定仮条件:@100 2070円
公開規模: 約6億円(OA込)。時価総額: 約50億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 12%
初値予想: 4000円~5000円

===比較対象・類似銘柄 PER===
シルバーエッグ 79倍
フリークアウト 50倍
メタップス   49倍
ALBERT     --
エコモット (3987)ipo目論見書IoT

(ブック・積極参加)(9)
あらゆるものをインターネットに小型パソコン(デバイス)でつなぐ次世代構想。
OS、プラットフォームはなにを使うのかまだまだ発展途上で課題山積。
最近は東洋大学でIoT学部が新設されるほどでブーム再来か?
ビジネスとしては成長の入口段階。同社も小規模で純利益は微々たるもの。
まだまだ下町工場レベル。

IPOではIoT銘柄は倍以上の初値が常識の人気銘柄で積極参加。
入手は極めて困難。

前期 PER:243倍、予想:56倍程度で新興IoT銘柄と比べると適正価格。

売出しはすべてVCが放出。
ほとんどロックアップが180日かかっているため売り圧力はなし。
VCは売出放出後、25,000株の残があり、
加えて、他社VCの7,400株も1.5倍でロックアップ解除。

ストックオプション(発行済み株式総数の13.2%)は
ほとんど役員が占めているため早期に権利行使するとは想定しにくい。
既存株主の売りは微々たるもので市場調達資金も少なく、短期資金を集める。

目論見書想定仮条件:@100 2500円
公開規模: 約5億円(OA込)。時価総額: 約16億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 31%
初値予想: 5500円~7000円

===比較対象・類似銘柄 PER===
sMedio  54倍
チェンジ 98倍
PCIホール 22倍
ディーエムソリューションズ(6549)ipo目論見書ダイレクトメール・定期刊行物の発送代行・印刷物の企画・デザイン

(ブック・積極参加)(9)
インターネット広告事業も手掛ける。ネット事業は全体の1割程度。
業績堅調で成長率の高さも魅力。前期PER:32倍、予想:14倍程度。
同業最大手と比べると割高な印象で3倍は期待できそうにない。

ほとんどロックアップが180日かかっているため売り圧力はなし。
ストックオプションはほとんど役員が占めているため
早期に権利行使するとは想定しにくい。市場調達資金も少なく短期資金を集めそう。

目論見書想定仮条件:@100 2170円
公開規模: 約5億円(OA込)。時価総額: 約27億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 19%
初値予想: 5000円~6000円

===比較対象・類似銘柄 PER===
ディーエムエス 9倍
GMOリサーチ 20倍
ビーブレイクシステムズ(3986)ipo目論見書企業向けシステム開発(統合型基幹業務パッケージ)

(ブック・積極参加)(10)
人気のシステム開発事業。前期PER:23倍、予想:16倍程度。

売上堅調で第三四半期ですでに前期の純利益を超える成長力も魅力で積極参加。
企業向け基幹システム系の銘柄と比べると格安で初値は3倍以上から適正価格に。

ほとんどロックアップが90日かかっているため売り圧力はなし。
ストックオプションも上場からしばらく行使できず、
VCもなしで上場初日売りがほとんどないことも魅力。
(ロックアップがかかっていない86,000株は自己株の処分で放出済み)

SBIチャレンジポイントはすべて放出して参加したい。
前回の主幹事アセンテックでは現金2000万円でも補欠すら困難だったため
くじ運も必要となりそう。
4-5年程度の蓄え500ポイント程度ではチャレンジポイント当選枠での取得は不可能。
SBIではくじ運のいい人ならプラチナIPOでも数百万で複数株取得できることも。

目論見書想定仮条件:@100 1380円
公開規模: 約5億円(OA込)。時価総額: 約19億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 26%
初値予想: 4100円~5500円

===比較対象・類似銘柄 PER===
ノムラシステム26倍
アセンテック 76倍
セグエ    37倍
ミロク    29倍
ラック    20倍
オロ     29倍
協立情報通信 10倍
テクノス   45倍
キーウェア  40倍
システムインテ15倍
東洋ビジネス 23倍
ODK      20倍
アセンテック(3565)ipo目論見書企業向けITソリューション、コンサルテーション、設計、構築、保守、サポート

(ブック・積極参加)(10)
PCのデスクトップ環境を仮想化してサーバ上に集約。
データをサーバーで一括管理するところからクラウド銘柄と比較できるため
仮条件は格安な印象。

前々期:51倍、前期:赤字。予想 15倍程度。売上は前期と比べ70%近く増加予想。
急成長も魅力で積極参加。

ほとんどロックアップが90日かかっているため売り圧力はなし。
VCは売出しで半分放出。残り13万株は1.5倍超えると解除。
潜在株は全体の9.5%(ストックオプション:132,750株)。一部は上場日当日売却可能。
既存株主の売りも少なく買いは殺到。初値4倍、5倍も視野に。

SBIチャレンジポイントはすべて放出して参加したい。
500ポイント程度ではとても当選レベルを満たしそうにない。

目論見書想定仮条件:@100 1720円/仮条件 2000円
公開規模: 約8億円(OA込)。時価総額: 約26億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 31%
初値予想: 7000円~9000円

===比較対象・類似銘柄 PER===
カナミックネット 80倍
エイトレッド   38倍
ラクス      58倍
GMOクラウド  42倍
旅工房(6548)ipo目論見書ネットによる国内・海外旅行の企画・販売、旅コンシェルジュによるツアー手配

(ブック・積極参加)(10)
人気業態で公開規模も小さくロックアップも万全。買いを集め初値は飛びそう。
3倍越えも視野に。

前期:PER 20倍。予想 14倍程度(連結)。同業他社と比べると格安。
業績堅調で成長率の高さも魅力。
ロックアップが180日かかっているため売り圧力はなし。
潜在株は全体の4%(ストックオプション:97,300株)。行使できるのはまだまだ先。

目論見書想定仮条件:@100 1180円
公開規模: 約8億円(OA込)。時価総額: 約27億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 30%
初値予想: 4000円~5000円

===比較対象・類似銘柄 PER===
アドベンチャ  95倍
エボラブル   75倍
オープンドア  58倍
ユーラシア旅行 35倍
ニッコウトラベ 92倍
LIXILビバ(3564)ipo目論見書 家庭用品、インテリア、家電、住宅設備機器等の総合小売業および住宅リフォーム

(ブック・不参加)(5)
2001年、上場廃止となったトステムビバの再上場銘柄。
売出しはすべてLIXILグループの放出。(公募4,720,000:売出14,903,800)
残りの大株主もすべてLIXILグループでロックアップが180日かかっている。
ストックオプション制度もなしで、IPO当日の売りは皆無。

親・子上場でLIXILグループの譲渡益目的。
親が半数近くも放出しているが、ぎりぎり議決権は握ったままで
役員が親会社と兼任、完全に親離れはしていない。
今後、業績が悪化しても非上場にして名前を変えてまた再度IPOすればいいこと。
民主党の「親子上場禁止」制度化はいつの間にか雲散霧消。

前期:PER 10倍。予想 13倍程度。予想は売上増・純利益減。
ホームセンター専業銘柄と比べると割高な印象。住宅リフォームと比べると割安。

目論見書想定仮条件:@100 2,120円/仮条件 1,950円~2,200円/公募価格:2,050円
公開規模: 約465億円(OA込)。時価総額: 約948億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 49%
初値予想: 1,900円~2,200円

===比較対象・類似銘柄 PER===
LIXILグループ 22倍
TOTO     22倍
ジョイフル  29倍
バロー    12倍
コーナン   12倍
島忠     14倍
コメリ    14倍
━━━━━━━━
■IPO・NEWS
━━━━━━━━
LIXILビバ(3564)
野村ネットの当選確率は60%、補欠100%(補欠または当選)。
野村も含めた窓口取引の当選確率は100%。

その他、ネット取引の完全抽選枠はSBIも含め約10%

※ネットは公募割れするような銘柄も多数申し込まれるため当選困難です。
ネットの当落は人気度を測るうえでのバロメーターにはなりません。

当選容易で想像以上に不人気でしたので初値予想を変更します。

なお、三菱のネットではキャンセルすると抽選申込が一定期間利用停止となります。
主幹事も少なく完全抽選枠は微々たるものですので気にすることはないでしょう。
─────────────────
■確定申告・ワンポイントアドバイス
─────────────────
ウェーブロック(7940)ipo目論見書 各種合成樹脂製品の製造・加工・販売

(ブック・中立)(5)
2009年、TOBにより上場廃止した再上場銘柄。ファンドによる売出しのみで
エグジット銘柄。全株のうち半分以上が流動株式となる大放出。

地味な事業で2部市場。TOBして目立つほど売上が上昇したわけでもなく
今後の成長に期待は持てない。

前期PER 26倍:予想PER 10倍程度で化学・繊維業種と比べて割安。

ファンドはすべて放出済みで、その他大株主には90日間のロックアップがかかっているため
IPO当日の売りはほとんどなし。

目論見書想定仮条件:@100 840円
公開規模: 約51億円(OA込)。時価総額: 約94億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 54%
初値予想: 840円~930円

===比較対象・類似銘柄 PER===
旭化成 14倍
帝人  11倍
クラレ 14倍
東洋紡 18倍
テモナ(3985)ipo目論見書 ネット通販業者向けの注文管理、カード決済、出荷、販促、分析支援

(ブック・積極参加)(8)
人気の業態ネットアプリケーションサービス開発。
注文管理・決済中心の比較的単純なシステム。

小規模の化粧品通販・健康食品サイトの決済画面で度々見かける
「たまごカート(たまごリピート)」ASPシステム。低価格で急速に拡大。

定期の煩雑な契約だけでなく定期解約もネットで簡単にできてしまうため、
簡単に解約させないよう解約は電話受付のみとあえて
便利な定期解約機能は利用できないように販売業者は設定しているところが多い。

昨今は決済システムの脆弱なセキュリティから、
度々カード情報も含めて個人情報が流出することから大きなリスク要因。

180日のロックアップがほとんど掛かっているため売り圧力はなし。
1%程度のVCは1.5倍で解除(ストックオプションにて)。

前期PER 36倍:予想PER 20倍程度。業績堅調で公開価格は適正範囲。

目論見書想定仮条件:@100 2400円
公開規模: 約8億円(OA込)。時価総額: 約31億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 26%
初値予想: 5500円~6100円

===比較対象・類似銘柄 PER===
ハイアス・アンド 25倍
エムケイシステム 21倍
ジャストプラン  9倍
スカラ      5倍
アルファクス   14倍
インフォマート  48倍
ネットマーケティング(6175)ipo目論見書 アフィリエイト、出会い系サイトの運営

(ブック・積極参加)(8)
延期していたIPOで公開規模を半分近く下げての再申請(前回:OA込約25億円)。
合コンの企画・出会い系サイト運営のリンクバル辺りが比較対象で割安な印象。
リンクバルの初値は公開価格 +28%から。

前期PER 39倍:予想PER 26倍程度で業績堅調。

90日間のロックアップがほとんど掛かっているが10%程度のVCにはなにもなし。
公開株数1,104,000株(公募280,000株・売出し680,000株)。
この売出し部分(全体に占める10%)はすべてVCで放出済み。
しかし、加えてさらに+20%程度の複数VCは1.5倍で解除となるため
初値はロックアップ解除の1.5倍を意識しそう。

目論見書想定仮条件:@100 1010円
公開規模: 約11億円(OA込)。時価総額: 約68億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 16%
初値予想: 1500円~2000円
===比較対象・類似銘柄 PER===
リンクバル  33倍
ファンコミュ 14倍
バリューコマ 20倍
レントラック 17倍
アドウェイズ 211倍
ユーザーローカル (3984)ipo目論見書 人工知能・ビッグデータ分析システムの研究開発、ネットマーケティング

(ブック・積極参加)(10)
IPOでは大人気の業態。人工知能とビックデータ。
事業内容だけでなく業績も堅調で実態も伴う。初値は3倍越えも視野に。

前期PER 51倍:予想PER 41倍程度。どこからどう見ても格安。

VCも含めほとんどすべてロックアップがかかっているため売り圧力無し。
ただし、ストックオプション(潜在株)は全体の8%あり、一部はIPO当日も行使可能。

目論見書想定仮条件:@100 2860円
公開規模: 約13億円(OA込)。時価総額: 約103億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 13%
初値予想: 9,000円~12,000円
==比較対象・類似銘柄 PER==
シルバーエッグ 94倍 
エルテス    163倍
フリークアウト 48倍
テクノス    51倍
チェンジ    117倍
ALBERT  連続赤字
ホットリンク  連続赤字
スシローグローバル(3563)ipo目論見書 回転すしチェーン

(ブック・不参加)(4)
2009年、上場廃止したMBO(経営陣による企業買収)再上場銘柄。
IPOラッシュも重なり公募割れリスクはさらに高まる。
100%売出し。時価総額の77%も一気に大放出するエグジット案件。
すかいらーくのようにロックアップ解除までの中・長期投資向け。

海外進出で成長を目指しているが実情は韓国のみ。
海外募集もある大型案件でIPOに参加してまで急いで取得する必要はなし。
数千円の株主優待に釣られ大損しないよう注意(土・日使えない等制限付き)。

前期 34倍:予想 18倍程度。
大手くらコーポが比較対象で若干ディスカウントされた印象。
業績堅調でも業績が急速に悪化したかっぱ寿司など競争激化による影響が懸念材料。

すべて180日のロックアップがかかっているため売り圧力無し。
潜在株のストックオプションは全体の8%。

目論見書想定仮条件:@100 3900円
公開規模: 約824億円(OA込)。時価総額: 約1071億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 77%
初値予想: 3700円~3900円
==比較対象・類似銘柄 PER==
くらコーポ 21倍
カッパ   71倍
アトム   180倍
銚子丸   35倍
魚喜    36倍
ヨシックス 16倍
小僧寿し  43倍
オークネット(3964)ipo目論見書 中古車中心のネットオークションサイト運営

(ブック・積極参加)(6)
1985年6月、世界初の中古車TVオークションをはじめた車オークションの業界先駆者。

2008年上場廃止、MBO(再上場銘柄)。
MBOすることにより中古車オークション中心からブランド品などに
幅広く事業拡大を行い収益拡大に結び付いたと会社側は力説。

リベンジ銘柄は成功する例が少なく初値は期待できそうにない。
調達資金も多く人気業態でもない。売上頭打ちで成長鈍化。

仮条件が割安に設定されているのが魅力。
前期 15倍(のれん償却後の純利益で計算)。予想 12倍程度。
のれん償却前で計算すればさらに割安に・・・。
IPOが延期される前の公開規模 109億円から大幅に引き下げられているため
公募割れは回避されそう。時価総額は466億円から大幅減。

ほとんど90日のロックアップがかかっている。
潜在株のストックオプションも上場日以降になるため売りはほとんどなし。

目論見書想定仮条件:@100 1070円/仮条件:1,070円~1,100円/公募価格:1,100円
公開規模: 約59億円(OA込)。時価総額: 約281億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 21%
初値予想: 1200円~1500円
==比較対象・類似銘柄 PER==
リミックスポイント 495倍
ユー・エス・エス  22倍
オークファン    31倍
シンワアート    8倍
━━━━━━━━
■IPO・NEWS
━━━━━━━━
オークネット、みずほ(窓口)の当選確率は100%と意外にも当選容易でした。
首都圏で申し込みが20人程度しかない店舗もあり
まるで公開価格割れしたマクロミルと同様で初値は期待できません。
グリーンズの窓口当選確率は50%でこちらも当選容易でした。
なお、ネットマーケティングは主幹事のポイント無し当選確率は30%、
窓口取引(完全抽選枠)10%とネット銘柄にしては当選容易でした。

No.1 (3562)ipo目論見書 オフィス機器コンサルタント、OA機器、セキュリティ関連機器の販売・保守

(ブック・積極参加)(7)
システムサポートから飛び込み営業まで
一人一人が顧客のニーズをとらえ、営業活動をする巡回型のビジネスモデル。
地味な卸売業でありながら業績堅調なのは優秀な営業を抱えている証。
今後はこの営業人材育成を新しい事業に加えて欲しいところ。

前期:PER 21倍、予想 7倍程度。成長率は高い。
同じ卸売業のエフティグループ辺りが比較対象でやや割安な設定。

全体の半数近くはロックアップが180日かかっているが残りは1.5倍で解除。

目論見書想定仮条件:@100 1470円
公開規模: 約8億円(OA込)。時価総額: 約22億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 36%

初値予想: 2200円~2900円
==比較対象・類似銘柄 PER==
エフティグループ 9倍
大塚商会     20倍
イトーキ     17倍
ズーム (6694)ipo目論見書 プロ用音響機器開発・販売

(ブック・中立)(5)
音楽制作で主として使われるプロ用の音響機器を開発・販売。
特にギタリストにはエフェクター・ブランドとして有名。

自社工場を持たず日本で開発。メイド・イン チャイナ 100%の製品を世界で販売。
そのため商品は趣味レベルでも買えるお手頃価格に抑えてある。

前期:PER 8倍、予想 13倍程度で売上頭打ち純利益激減。成長鈍化が顕著。
プロ用、マニア向けで成長イメージは持てない。
大手楽器メーカーを意識した価格で適正価格。公募価格以下も視野に。

ほとんどロックアップが180日かかっているが、6万株のVCは1.5倍で解除。
売りはストックオプションと当選組の売りのみ。
公募210,000株、売り出し421,000株。取締役が40万株も売出しで大放出。

目論見書想定仮条件:@100 1460円
公開規模: 約11億円(OA込)。時価総額: 約32億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 34%

初値予想: 1400円~1500円
==比較対象・類似銘柄 PER==
ローランド 15倍
フォスター 52倍
ヤマハ   13倍
河合楽器  15倍
ティーケーピー (3479)ipo目論見書 ホテル宴会場・貸会議室運営

(ブック・積極参加)(6)
会議室空間再生流通事業という新たなビジネスモデルを提唱。
ただの貸会議室事業ではなく、貸会議室のポータルサイトや
不採算の会議室を借り上げ有効活用するなど
会議室から派生する様々なニーズをビジネスに変え成功している。
同業他社が非常に多く、似たような事業内容は多い。
積極的に海外展開を進めている。
成長率が高くユニークなビジネスモデルとして注目されれば1.5倍も視野に。

ほとんど90日のロックアップがかかっているが、全体に占める6%程度27万株
約16億円のVCは1.5倍で解除。かなりのボリュームで1.5倍越えは考えにくい。

前期:PER 30倍、予想 14倍程度と空間有効活用銘柄と比べると格安。
売上堅調、純利益は前期と比べ2倍程度の予想で、公募価格近辺ならチャンス。
調達資金が多いことだけが懸念材料。

目論見書想定仮条件:@100 5890円
公開規模: 約35億円(OA込)。時価総額: 約278億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 13%

初値予想: 6500円~8000円
==比較対象・類似銘柄 PER==
銀座ルノアール  32倍
日本駐車場開発  27倍
パーク24     28倍
日本スキー場開発 45倍
ソレイジア・ファーマ (4597)ipo目論見書 創薬ベンチャー

(ブック・中立)(6)
創薬バイオベンチャーは上場詐欺ばかり。
同社はP3通過上市予定のパイプラインがあっても参加は避けたい。
既存バイオベンチャーの業績予想・計画は虚偽ばかりのためどこも信用できず。

デ・ウエスタンは上市したにもかかわらず予定を過ぎても未だ赤字脱却できず・・・。
今月の業績予想発表ではまた黒字化3年後に繰り越し。
これが常識のバイオベンチャー。上場廃止まで赤字でも許されるのがこの銘柄群。
もうこれは"投資"ではない。

アンジエスは創業から増資だけで上場維持してきたが増資が途切れればすぐにでも
資金ショート。昨年でパイプラインはほぼ全滅したため業界全体のイメージを悪化。
創薬系のIPOはしばらく避けたい。

創業から赤字、予想も赤字で、高額な給与が保証された、
標準的なバイオベンチャーの財務内容。
国際会計基準で前期損失5億(連結)程度と少ないのが魅力。
VCの売出しが珍しく0株。しかし、ロックアップがかかっていないため早期売却の模様。
一単元18,000円と安く、幅広い個人投資家から資金を回収する企み。

目論見書想定仮条件:@100 180円 /仮条件:175~185円/公募価格:185円
公開規模: 約40億円(OA込)。時価総額: 約151億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 27%

初値予想: 185円~220円
オロ(3983)ipo目論見書 クラウドERP、ネットコンテンツ企画・製作・運用

(ブック・積極参加)(8)
販売・購買・勤怠、各種業務処理を効率化する中小企業向けクラウドシステムと
WEBコンテンツ制作事業に分けられ売上は半々程度。
クラウド、ERP、ネットコンテンツ制作銘柄いずれと比べても割安顕著。

前期 PER17倍:予想 同程度。業績堅調だが成長率は今期から低下。

売出しが珍しく0株、会社を成長させるイメージが強い。
大株主の代表取締役社長も含めほぼ100%、90日間のロックアップがかかっている。
ストックオプション制度もVCもなしで潜在株も皆無。
調達資金が多いことだけが最大のネック。

目論見書想定仮条件:@100 1930円
公開規模: 約22億円(OA込)。時価総額: 約77億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 29%

初値予想: 3500円~4000円
==比較対象・類似銘柄 PER==
協立情報通信  22倍
テクノス    53倍
キーウェア   13倍
システムインテ 27倍
東洋ビジネス  23倍
ODK       27倍
デジタルアイデ 24倍
グリーンズ(6547)ipo目論見書 ホテル経営

(ブック・積極参加)(6)
東京オリンピック関連銘柄として注目されているホテル銘柄。
大手同業他社と比べると割安な価格設定のため長期保有に魅力。短期売買には不向き。

前期 PER13倍:予想 PER7~10倍程度。売上頭打ちでも純利益は急増。割安な印象。

ほとんど90日間のロックアップがかかっているためIPO当日の売りはなし。
ストックオプション等の潜在株もなし。売りは当選組のみ。

目論見書想定仮条件:@100 1350円
公開規模: 約68億円(OA込)。時価総額: 約162億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 42%

初値予想: 1500円~2000円
==比較対象・類似銘柄 PER==
ロイヤルホテル 8倍
鴨川グランド  35倍
京都ホテル   42倍
エスキュービズム(3982)ipo目論見書 実店舗とネット販売の融合・統合、IoTインテグレーション、ネット販売・集客・支援

(ブック・積極参加)(10)
次世代のビジネスプラットフォームといわれるオムニチャネル事業。
加えて人気のIoT銘柄で、なおかつ調達資金が少ないとなれば余裕で2倍を超える。
セカンダリーはハイリスクハイリターンのマネーゲーム銘柄となりそう。

実態は純利益:2015年(800万円)、2016年(1200万円)としょぼい。
予想は前期の10倍近くだが、売り上げの伸びは今一つ。

前期 PER225倍(連結):予想 20倍程度(連結)で格安。

ほぼすべて90日間のロックアップがかかっているが1.5倍で解除。
売出しは電通VCとMICのみ。VCが売出しで放出した後は全体の10%弱を占める。
売出しでほとんど放出済みのためIPO当日の売りは影響はなし。

目論見書想定仮条件:@100 1250円
公開規模: 約5億円(OA込)。時価総額: 約27億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 19%

初値予想: 4000円~5000円
==比較対象・類似銘柄 PER==
sMedio 64倍
アイル    20倍
チェンジ   118倍
フルテック(6546)ipo目論見書
自動ドア装置、販売・施工・保守

(ブック・不参加)(5)
2部の地味で成長の止まった銘柄で期待できず。
BB参加は見送り推奨。
業務は営業・設計・施工・保守管理までのため業種はサービス業。
機械メーカーではない。法人向けメンテナンス事業と比べると割安。

前期 PER7倍(連結):予想 8倍程度(連結)。
業績堅調だったが、予想では売上減、純利益は半減する予想でそのためか
かなりディスカウントされている印象。

ほぼすべて90日間のロックアップがかかっているため売りはなし。
ストックオプション制度もなし、社債等もないため潜在株ゼロ。
売りは公募取得した投資家の投げ売りのみ。

目論見書想定仮条件:@100 540円
公開規模: 約7億円(OA込)。時価総額: 約29億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 24%

初値予想: 500円~610円
==比較対象・類似銘柄 PER==
ジャパンベスト 12倍
日本空調    17倍
スバル興業   10倍
フジテック   13倍
三機      23倍
力の源(3561)ipo目論見書 ラーメンを中心とした国内・海外の飲食店運営

(ブック・積極参加)(9)
市場放出は上場時発行済み株式数のうち10%のみ。
優待あり無しに関わらず有名店となれば優待狙いの買いも期待できる。

前期 PER48倍(連結):予想 21倍程度。同業他社と比べると適正価格。
グローバル展開している飲食店と比べると割安。

VCも含め全体の90%近くは90日間のロックアップがかかっているため需給は良好。
ストックオプションは全体の+10%(970,500株)役員と従業員への割り当て。
発行価格・行使価格ともに類似会社比較法により530円と常識レベル。
約3億円がIPO当日も行使可能、当日行使できない残りの行使価格はわずか50円。

目論見書想定仮条件:@100 540円
公開規模: 約6億円(OA込)。時価総額: 約60億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 10%

初値予想: 800円~1100円
==比較対象・類似銘柄 PER==
ホットランド 54倍
王将     18倍
丸千代山岡  12倍
ワイエス   199倍
JBイレブン  160倍
トリドール  18倍
ハイデイ   25倍
インターネットインフィニティー(6545)ipo目論見書 在宅介護、デイサービス、シニア向け商品・介護施設等の仲介、支援サービス

(ブック・積極参加)(8)
ネットを活用し介護を中心にシルバー向けサービスを
提供・マネジメントしているところが特徴。介護支援のポータルサイトも運営。

売上・純利益ともに右肩上がりの成長。業績堅調。
前期 PER21倍:予想 13倍程度。同業他社と比べると適正価格。
公開株数が少なく、ネット関連銘柄として比較すれば格安な印象となり
2倍を超える初値を付ける可能性も十分にある。

ほとんど90日間のロックアップがかかっている。1.5倍で解除。
約10%近くのVC(新生銀行も含め)にはロックアップがなにもない。
ストックオプションは総計160,000株あり、全体の15%近く。
内訳は取締役3名と従業員8名でしばらく現金化はなさそう。

目論見書想定仮条件:@100 1240円
公開規模: 約3億円(OA込)。時価総額: 約15億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 20%

初値予想: 2800円~3300円
==比較対象・類似銘柄 PER==
セントケア  12倍 
日本ケア   21倍
やまね    1倍 
ロングライフ 12倍
ビーグリー(3981)ipo目論見書 電子コミック配信サービス、クラウドファンディング、スマホアプリ

(ブック・中立)(5)
日本最大級のコミック配信「まんが王国」がメイン事業。
その他、まんが・イラスト専門のクラウドファンディングも手掛ける。

拡大する電子書籍市場。成長が期待できる一方で公開規模が異常に高いのが懸念材料。
市場放出 5,217,800株(公募384,700株・売り出し4,309,900株)
VCのエグジット銘柄。売出しはほとんどVC。持ち株の92% 4,044,700株も一気に大放出。
ほとんど180日のロックアップがかかっているためIPO当日の売りはVC残のみ。
同業他社でIPOした銘柄は、業績が低迷しており先行きは不安。
成長率が高くとも、VCが92%も多量に手放すことにはそれなりの理由がありそう。

前期 PER26倍(2016/12:単体・連結非公開)/予想 16倍程度。
黒字の同業他社と比べると格安な印象。売上堅調推移で成長率は高い。
 
目論見書想定仮条件:@100 1820円/ 仮条件 1,820-1,880円 /公開価格 1,880円
公開規模: 約95億円(OA込)。時価総額: 約107億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 89%

初値予想:1800円~2200円
==比較対象・類似銘柄 PER==
ブランジスタ  (連続赤字)
イーブック   (連続赤字)
アルファポリス 58倍
富士山マガジン 16倍
パピレス    31倍
メディアドゥ  38倍
パピレス    31倍
インフォコム  14倍
━━━━━━━━━━━━━━
■IPO・NEWS
━━━━━━━━━━━━━━
地合いが好調なこともあり、最近のIPO銘柄は力強い初値形成が続きます。
下馬評通りで、今一つ人気のないもの、調達資金が多い銘柄は当選容易です。
うるるは容易に複数株取得できました。
しかし、それ以上に複数株当選できたのが
ビーグリー(3981)です。割安とは言えIPOした同業他社の景気が悪いことや
VCが急いで持ち株の92%も多量放出していることも訳ありのようです・・・。
あのいちよしで多量当選というのも不吉な予感を感じさせます。

主幹事 日興証券(完全抽選10%枠)の当選確率は80%と当選容易で
ほとんど当選しました。
IPOラッシュのはずれくじの一つで初値は期待できません。

ジャパンエレベーターサービス(6544)ipo目論見書 エレベータ、エスカレータのメンテナンス・リニューアル

(ブック・中立)(5)
業種はサービス業。法人向けのメンテナンス銘柄と比べると適正価格。
人気の業態でもないため初値は期待できず。

90%近くに90日のロックアップがかかっているため
IPO当日の売りはなく、売りは公募取得した投資家に限られそう。
ストックオプションもしばらく行使できず。売出し126万株の放出はすべて社長。

前期 PER13倍 予想 17倍程度。
純利益は前期の半分程度に下がる予想で割安とは言えない仮条件(売上は堅調推移)。
 
目論見書想定仮条件:@100 530円
公開規模: 約18億円(OA込)。時価総額: 約51億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 35%

初値予想: 500円~700円
==比較対象・類似銘柄 PER==
ジャパンベスト 12倍
日本空調    17倍
スバル興業   10倍
フジテック   13倍
三機      23倍
うるる(3979)ipo目論見書 ネットを利用した仕事マッチングサービス、BPOサービス

(ブック・中立)(6)
BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)銘柄と比べると割高。

クラウドワークスの連続赤字など業界の雲行きは怪しい。
ピクスタ(ネットでの写真販売仲介)辺りが比較対象とされている模様。

赤字続きだが黒字転換しての上場。予想 60倍程度。
成長率の高さも既に織り込まれかなり割高な仮条件。
調達資金が多い。全体の約半数も多量に放出されそのうち80%近くが売出しで
初値は期待できそうにない。公募割れも視野に。

大株主はほとんど90日のロックアップがかかっている。
VC保有株は1.5倍でロックアップ解除。トータル57万株。
うち41万株は既に売出しで放出済み。
 
目論見書想定仮条件:@100 2,840円/公開価格 3000円
公開規模: 約42億円(OA込)。時価総額: 約87億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 48%

初値予想: 3100円~3300円
==比較対象・類似銘柄 PER==
クラウドワーク(連続赤字・予想も赤字)
ピクスタ   59倍
トランスコス 28倍
りらいあ   21倍
ストライク  78倍
ほぼ日(3560)ipo目論見書 ネットを利用したコンテンツ配信、利用者による商品の共同企画・開発

(ブック・積極参加)(9)
著名なコピーライター糸井重里が社長。
趣味程度のエッセー集を気まぐれで、ゆるくはじめた自身のホームページが
いつの間にか強烈な営利目的に・・・。タイアップ企画などで様々な商品を開発販売。
年間4億近くも純利益を弾き出す小売業に大変貌。

同氏は80年代コピーライターとして成功後は枯渇したと言われた才能・・・。
次は実業家としても大成功、大きな富を得る。
ユニークなビジネスモデルはIPOで大人気。買いを集め2倍以上も十分視野に。
ただし、事業内容にしては調達資金が多め。

前期 PER:17倍、予想 15倍以下と割安。
成長率はネットビジネスらしく高い。純利益は第一四半期だけで前期を超えている。

大株主はほとんど90日のロックアップがかかっているが1.5倍でロックアップ解除。
糸井重里は持ち株の約10%:75000株売出しで放出済み。
VCなし。総計1万株近く従業員に割り当てられたストックオプションがIPO当日も売却可能。
例えすべて行使されたとしてもわずかな金額で影響なし。
売りは少なく需給は良好で買いを集めること必至。
 
目論見書想定仮条件:@100 2,300円
公開規模: 約11億円(OA込)。時価総額: 約52億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 21%

初値予想: 4500円~5500円
==比較対象・類似銘柄 PER==
カヤック 44倍
北の達人 20倍
Hamee  32倍
RIZAP  17倍
ファイズ(9325)ipo目論見書 3PL事業(物流業務包括的受託サービス)

(ブック・積極参加)(7)
急拡大するネットの配送サービスで話題の3PL(サードパーティー・ロジスティクス)事業。
IPOでは人気業態と言うまでもない。成長率の高さが魅力で積極参加。

前期 PER:62倍、予想 8倍程度。3PL銘柄は低PERのため公募価格は適正価格の範囲。

大株主トップには90日または1.5倍でロックアップ解除。
売出しの25万株はすべて大株主トップ。追加放出は考えられずIPO当日の売りは皆無に等しい。
VCなし。ストックオプションもしばらく行使できず。
 
目論見書想定仮条件:@100 1200円
公開規模: 約8億円(OA込)。時価総額: 約29億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 26%

初値予想: 1600円~2000円
==比較対象・類似銘柄 PER==
カンダ   9倍
SBS   7倍
ハマキョウ 9倍
丸和運輸  15倍
日立物流  13倍
マクロミル(3978)ipo目論見書 ネットマーケティング、ネットリサーチ専用ASPシステム、コンサルティング

(ブック・不参加)(2)
2014年、TOBにより上場廃止。早くも再上場でファンドは現金化。
当然のことながら売出し放出の残りはすべて180日のロックアップがかかっているため
IPO当日の売りは皆無。売出しはすべてVC(ファンド)で70%も多量に市場放出。

ネットリサーチ業界は飽和状態で新規参入も増え競争も激化。
同社はこの業界の先駆者で成長を続けてきたが成長はここまでか。
今後はこの業界周辺へ触手を伸ばし、潤沢な資産でM&Aにより成長を狙うパターン。
この環境からもエグジット濃厚でBB参加は避けたい。

2017年6月期(2016年7月1日から2017年6月30日)の業績予想では
当期(四半期)利益は前期と比べ+27.9%(予想売上収益比率11.6%)。
黒字化しても前期+10%増の売り上げ予想で頭打ち。

複数株当選容易で公募割れはほぼ確実。
前期PER:28倍、予想 19倍程度と割高。

目論見書想定仮条件:@100 2050円/仮条件:1,900円~2,100円:/公募価格:1,950円
公開規模: 約560億円(OA込)。時価総額: 約792億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 71%

初値予想: 1600円~2000円
==比較対象・類似銘柄 PER==
セプテーニ  14倍
ベイカレント 13倍
アイドマ   17倍
メディアフラ 13倍
イノベーション46倍
※2017年6月期の業績予想について(2/8リリース)
ピーバンドットコム(3559)ipo目論見書
プリント基板のネット通販サイトP板.comの運営

(ブック・積極参加)(7)
ネットによる基板設計サービスでユニークな事業内容でも業種はただの卸売業。
一部マニアやエンジニア向けでさらに事業拡大は想定しにくい。

売上鈍化で予想は前期と同程度。成長は止まった印象。
しかし前期と比べ純利益は2倍程度に膨れ上がる予想でPERも半分程度。

前期PER:55倍、予想 23倍程度とネット通販業・製造業どちらで比べても割高。
ユニークな事業のためディスカウントなしの割高設定。

大株主のほとんどに90日のロックアップがかかっているためIPO当日の売りは皆無に近い。
1.5倍で43%大株主の社長がロックアップ解除となるが
54万株売出しで放出済みのためこれ以上は当面ない。

目論見書想定仮条件:@100 1550円
公開規模: 約13億円(OA込)。時価総額: 約34億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 38%

初値予想: 2700円~3500円
==比較対象・類似銘柄 PER==
図研   30倍
石井表記 25倍
フジクラ 21倍
北川精機 21倍
ロコンド(3558)ipo目論見書 靴とファッションの通販サイト、LOCONDO.jpの運営

(ブック・中立)(5)
連続公募割れが続く衣料品小売り事業。靴が中心でアパレル商材は拡大中。
靴や服などを無料で試着できるサービスが特徴。
業績低迷の卑弥呼が昨年、上場廃止したことなど婦人靴市場は競争激化で厳しい。

売上堅調で赤字脱却してのIPO。高い成長が期待できる事業でもない。
市場放出、調達資金ともに多く消化できるか不安で参加は避けたい。
売出しはほとんどVCで大株主も半数以上VCが占める。エグジット濃厚IPO。
前期:赤字(連続)、進捗からすると来期黒字予想でPER 10倍程度と
ネット小売・卸銘柄と比べると若干割安。

大株主の60%近くはVCで90日または1.5倍で解除。中・長期保有は避けたい。

目論見書想定仮条件:@100 1660円:公開価格 1850円
公開規模: 約30億円(OA込)。時価総額: 約86億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 35%

初値予想: 1900円~2000円
==比較対象・類似銘柄 PER==
スタートトゥデ 50倍
スタジオアタオ 40倍
サマンサ    46倍
チヨダ     24倍
エービーシー  19倍
リーガル    13倍
バロック    11倍
ユナイテッド&コレクティブ(3557)ipo目論見書 飲食店の経営

(ブック・積極参加)(8)
ビジネスモデルはセントラルキッチンを利用せず、
各店での仕込み調理を行う産地直送方式。無添加で安心安全食材・・・。
居抜き物件を活用して成長。直営店のみで運営するこだわり
いずれも目新しさは皆無。

売上・純利益ともに堅調で成長率は高いため積極参加。
前期PER 42倍、予想 7倍程度と割安。

ほとんど180日のロックアップがかかっているため上場日当日の売りは皆無に等しい。
2倍以上も視野に。ストックオプションは全体の5%存在する。

目論見書想定仮条件:@100 1400円
公開規模: 約4億円(OA込)。時価総額: 約19億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 21%

初値予想: 2700円~3300円
==比較対象・類似銘柄 PER==
串カツ田中   31倍
鳥貴族     24倍
エー・ピーカン 40倍
ダイヤモンド  19倍
フュージョン(3977)ipo目論見書 ダイレクトマーケティング、セールスプロモーション、調査・分析、マーケティングシステム

(ブック・積極参加)(8)
2年近くIPOがなかった札幌証券取引所(新興企業向けアンビシャス)でのIPO。
札幌本社の地方銘柄ではあるが、都心の小売りチェーンとも複数契約している。
ダイレクトマーケティングの分野では定評のある老舗。

前期PER 26倍、予想 13倍程度と適正価格。
売上・純利益ともに堅調推移。

公開規模が小さく、ストックオプション制度もなし。
ほとんど180日のロックアップがかかっているため上場日当日の売りは皆無に等しい(90%近く)。
当選組が売り渋れば2倍以上も視野に。

目論見書想定仮条件:@100 1000円
公開規模: 約1.6億円(OA込)。時価総額: 約7.2億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 22%

初値予想: 1600円~2000円
==比較対象・類似銘柄 PER==
ベイカレント 13倍
アイドマ   15倍
アイビーシー 15倍
メディアフラ 13倍
レノバ (9519)ipo目論見書 太陽光・バイオマス・風力・地熱等、再生可能エネルギー発電施設の開発・発電事業

(ブック・積極参加)(8)
現在、国は再生可能エネルギー電源の比率を2倍近く向上させることを
目標としていることから将来性は十分感じられる。
世界の脱原発の流れも追い風に再生可能エネルギー事業への参入は増加・競争激化している。
IPOでは人気の環境保全関連銘柄で積極参加。初値は期待できそう。

前期PER 39倍、予想 3倍程度と割安(純利益推移から予想)。
売上は70%程度のアップで実際は予想12倍程度と予想。

ほとんど90日のロックアップがかかっているが1.5倍で解除。
20%近くのVCもこの中に含まれるため1.5倍を超えるとまとまった売りが出てきそう。
全体(発行済み株式総数)に対し約10%近くもの潜在株(ストックオプション)がある。

目論見書想定仮条件:@100 660円
公開規模: 約9億円(OA込)。時価総額: 約120億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 8%

初値予想: 1000円~1500円
==比較対象・類似銘柄 PER==
省電舎   30倍
イーレックス40倍
エフオン  10倍
エンバイオ 19倍
北海電気  13倍
日宣(6543)ipo目論見書 ケーブルテレビ・通信キャリア・住宅メーカ中心の広告代理店

(ブック・積極参加)(8)
売上・純利益ともに堅調推移、前期を超える予想で成長性あり。
前期PER 14.5倍、予想 9倍程度と割安(純利益推移から予想)。

VCも含めほとんどロックアップがかかっている。1.5倍で解除。
取締役と従業員へのストックオプションは上場日当日行使できないものも含め
全体の10%近くもある(退職者も含む)。
そのためか流通株と公開規模が抑えられているため短期投資としては魅力的。

目論見書想定仮条件:@100 1540円
公開規模: 約4.5億円(OA込)。時価総額: 約29億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 16%

初値予想: 2500円~3100円

==比較対象・類似銘柄 PER==
ゲンダイエー 12倍(パチンコ業界中心)
中広     14倍(岐阜県中心)
セーラー   29倍(四国中心)
インサイト  42倍(北海道中心)
セプテーニ  17倍(ネット中心)
安江工務店(1439)ipo目論見書 一般建築、住宅リフォーム・リノベーション、不動産の仲介・買取再販

(ブック・中立)(5)
今では下火となった不動産リノベーション銘柄。
不動産再生関連銘柄の人気は剥落している。
リートの連続公募割れが続き「森トラストホテルリート」も公募割れすると予想されている。

大株主は社長とその親族がほとんど占め、50%近くを売り出しで多量放出。
VCなしでほとんど180日のロックアップがかかっているためこれ以上の売りは皆無に近い。

前期と比べ成長鈍化。売上・純利益ともに減の予想。
前期PER 11倍、予想 13倍程度と明らかに割高(純利益推移から予想)。
さらに愛知県中心の地方銘柄で買いが集まる材料はなく初値は期待できない。

目論見書想定仮条件:@100 1130円
公開規模: 約6億円(OA込)。時価総額: 約14億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 43%

初値予想: 1100円~1200円
==比較対象・類似銘柄 PER==
イーグランド  6倍
フージャース  5倍
インテリックス 8倍
シャノン(3976)ipo目論見書 マーケティングクラウドの提供、ソリューションの企画・開発・販売

(ブック・積極参加)(10)
統合的・複合的なマーケティングプラットフォームを提供。
人気のクラウドサービス事業と比較すると格安。
マーケティング銘柄と比較すると割高。

当期純利益は4千万円にも至らず事業規模は小さい。
PERは前期52倍、予想 28倍程度と強気。売上堅調推移。

全体の30%近くをVCが占め1.5倍でロックアップ解除。
公開規模が小さく市場流通株も少ないため影響なし。
ストックオプションの規模も上場日行使できないものも含めて
トータル5000万円程度でこちらの影響も軽微。

目論見書想定仮条件:@100 1400円
公開規模: 約2.5億円(OA込)。時価総額: 約19億円。OA込株式流動性・浮動株(OR): 13%

初値予想: 3300円~4500円
==比較対象・類似銘柄 PER==
イノベーション 50倍
ベイカレント  10倍
バーチャレクス 15倍
アイビーシー  15倍
アイドママーケ 15倍
━━━━━━━━━━━━━━━━
■IPO・ワンポイントアドバイス
────────────────
■シャノン(東洋証券主幹事)の当選倍率は完全抽選枠では300倍~400倍でした。
首都圏とその近郊の窓口にてこのボリュームでした(地方支店ではここまで多くありません)。
※抽選方法は各支店ごとではありません。

人気IPOは窓口でも100人レベルでの申し込みがあるのでこんなもんかなーとは思っていました。
完全抽選枠での当選は参加者増大でますます困難になっています。

特に公開株数の少ないIPOに関しては主幹事以外の完全抽選枠は
ナンバーズ3のストレート同等の確率ということになりますね・・・
ネットの完全抽選枠での申し込みは毎度のことです。
ナンバーズ3当選確率と当選金(理論値)は1000倍で9万円。ナンバーズ4は10000倍で90万円。
━━━━━━━━━━━━━━━
■IPO Q&A --よくある質問--
───────────────
Q.
今年からIPOを始めました
IPOのために口座開設しに行きますがどこがおすすめでどこがダメですか??

A.
どれだけ口座に現金を預けられるのか・・・
怪しい社債や聞いたこともない国の国債・不人気投信などの金融商品をいくら買って
営業さんに貢献できるのか・・・。どこまで高い窓口手数料を払って手数料貢献できるのか・・・。
それによって回答も変わります。

今ではIPOバブルのようにIPOが当選してもあまり稼げないので
如何に手数料貢献が抑えられるかが重要です。
人気のない投信や転換社債等は解約できる時期になれば100万投資して10万の損失なんて当たり前です。

当方の書籍で詳細に説明していますのでそれを購入してからご質問いただけたら助かります。

以下、IPO目的での口座開設を基本的に受付け拒否する証券会社・完全抽選枠で当選の見込みのない
証券会社を挙げましたので参考にしてください。

例:書類を記入して預かり当選したら口座開設するところや紹介者が必要など。
-----------------------------------------------------------------------------------
×丸八証券 
「新規公開株入手のための口座開設は一切お断り!!!」※現在その過激な意思表示は削除されています。
窓口でIPOばかり申し込みをするとやめて欲しいと懇願されることもあり、営業さんに気の毒な雰囲気。

×アイザワ証券
IPO申し込みだけの場合はネットで申し込みするよう露骨に敬遠される。

×極東証券
当選したら開設する・・・と書類だけ書かせて落選すると勝手に廃棄するのが基本方針。

×高木証券・×ニュース証券
そもそも富裕層向けのため小口投資家は野村と同様に慇懃無礼対応が基本。IPO以前の問題。

×リテラクレア証券
IPOのために開設しても落選続きでいつの間にか休眠口座で口座抹消・・・。こういうところは多い・・・。

×いちよし証券
そもそも一見さんは敬遠。紹介が必要などハードルは高め。若年層・学生はリアル門前払い。
客を選ぶ証券会社。

×エース証券
自由奔放に営業活動ができるため、IPOだけの申し込みは露骨に敬遠。窓口では拒否するケースも多々。

×東洋証券
口座開設できても本社[本店営業部]の方針はIPO申し込みだけの口座開設は表面的にお断り!!!
IPOだけの顧客には無理難題を吹っかけて嫌がらせ行為も散見。地方の支店は正常。

×安藤証券 
IPO申し込みだけの場合はネットで申し込みするよう露骨に敬遠される。

×丸三証券
IPOだけの参加はネット口座を開設するよう窓口で拒否されるケースも多々ある。

×エイチエス証券
不祥事が続いたためIPOにも厳格なルールが適用され、かつての営業との暗黙の了解が取れなくなった。

×東海東京証券
作為的な配分を得るためには10万円以上の手数料だけでなく500万円以上の預かり資産(預入の時価)が
必要でハードルが高く主幹事も少ないため開設するまでもない。完全抽選は10%だけあり。ネット申込み不可。

×SMBCフレンド証券
こちらも3000万円以上の預かり資産と10万円以上の手数料貢献とさらにハードルが高く主幹事も少ない。
わずかなパイの奪い合いなのでメイン口座として取引しない限りわずか10%の配分を得るのは極めて困難。

※各社、窓口店舗ごとで開設方針が違うところがあります事前に各店舗にお問い合わせください。
※各社のネットコースは誰でも開設できます。
当然、割当ては少なく人気IPOの完全抽選枠は宝くじ並みの当選確率。

※東洋証券の主幹事案件が珍しく今月あります。
こちらは完全抽選で取得できる最大のチャンスでしょう。
しかし、IPO顧客に対するいやがらせは各窓口で大きなバラツキがあるため
コンプライアンス的にはどうかと思うことが多々あります・・・。
微妙に問題ないような無理難題を仕掛けてきます。
例:主幹事案件は郵送できない。窓口に目論見書を取りに来ないと申し込みできない・・・等々。