Atlas Technologies(9563)ipo目論見書

フィンテックコンサルティング、プロジェクト実行支援


(ブック・積極参加)(9)

決済関連分野を中心としたサービスを提供。
マネジメントに特化しクライアントの戦略立案から実行までを一気通貫で支援。
IPOでは人気の業態かつ急成長が魅力で2倍越えも十分視野に。


実績(2021.12):PER 30倍程度。予想(2022.12):PER 23倍程度。
ビジネスコンサルティング辺りと比較されている模様でかなり割安な印象。


継続所有も含めるとすべてにロックアップ(180日)がかかっているため売りなし。
ストックオプションは合計:350,000株。発行済株式総数の5.7%に相当。
そのうち、320,000株(取締役割り当て分)は権利行使可能期間。


想定仮条件: 1,320円
公開規模: 約28億円(OA込)・時価総額: 約94億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):30%
初値予想: 2,600円~3,100円
ホームページ: https://atlstech.com/


====類似銘柄 PER====
ミンカブ     37倍
GMOペイメント 37倍
Finatext 連続赤字


====割当株数:OA・売出し株含む====
日興
SBI
楽天
コスモ
マネックス
松井
極東
※配分株数は訂正目論見書が公開された後に当ホームページにて公開。
 内容は公開日まで加筆修正しています。随時ご確認ください。
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。