ダイワ通信(7116)ipo目論見書

セキュリティ、モバイル事業


(ブック・中立)(5)

セキュリティ事業では防犯・監視カメラ、システムの販売・施工。
モバイル事業ではソフトバンクの一次代理店として北陸地区で展開。
売上高の構成割合は56:43。セキュリティ関連商品の卸売業がメイン。
IPOでは人気のない卸売業で初値は期待できない。


実績(連結:2022.3):PER 12倍程度・予想(連結:2023.3):PER 15倍程度。
売上横ばい予想で成長期待もなし。
なおかつセキュリティ関連卸売業、携帯代理店業どちらと比べても割高で
公開価格割れも視野に。


すべてにロックアップ(180日)がかかっている。
ストックオプション制度もなく売りなし。


想定仮条件: 1,690円
公開規模: 約14億円(OA込)・時価総額: 約46億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):30%
初値予想: 1,600円~1,900円
ホームページ: https://daiwawa.com/


====類似銘柄 PER====
あい     13倍
ティーガイア 9倍
コネクシオ  9倍
サカイ    11倍
クロップス  7倍
ベルパーク  15倍


====割当株数:OA・売出し株含む====
みずほ
野村
大和
今村
SBI
※配分株数は訂正目論見書が公開された後に当ホームページにて公開。
 内容は公開日まで加筆修正しています。随時ご確認ください。
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。