フーディソン(7114)ipo目論見書

飲食店向けの食品Eコマース、個人向け鮮魚セレクトショップサービス


(ブック・積極参加)(6)

鮮魚を中心としたBtoBコマースサービスを中心にフード業界人材紹介、
実店舗運営など生鮮流通プラットフォーム事業を展開。
業種は「卸売業」となるため買いが集まらない可能性も高い。


実績(連結:2022.3):赤字、予想(連結:2023.3):PER 123倍程度(投げ込み)。
生鮮流通のDXを進めることからDX銘柄が比較対象でかなり強気な仮条件。
かなり割高な仮条件で成長期待はすでに織り込み済み。


ほぼすべてロックアップ(90日・180日)がかかっている。
全体の10%(売出し放出後)近くを占めるVCは1.5倍を超えると
ロックアップ解除となるため1.5倍は越えそうにない。


ストックオプションは合計:423,900株。発行済株式総数の10.33%に相当。
その内、336,300株はすでに権利行使可能期間でかなりのボリューム。
取締役、役員中心に割り当て。


想定仮条件: 2,210円
公開規模: 約27億円(OA込)・時価総額: 約96億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):28%
初値予想: 2,300円~2,800円
ホームページ: https://foodison.jp/


====類似銘柄 PER====
プロジェクト  60倍
WACUL   23倍
フレクト    24倍
Kaizen  307倍
デリバリーコン 16倍
ジーネクスト  連続赤字


====割当株数:OA・売出し株含む====
日興 1,120,600株(1,070人)
SBI   45,300株(200人)
みずほ 21,300株(20人)
大和  16,000株(15人)
楽天  7,400株(70人)
岡三  7,400株(7人)
三菱  4,400株(4人)
松井  4,400株(44人)
※カッコ内はネット・窓口含めた完全抽選枠の当選人数概算
 複数株当選可能な証券会社もあるため当選人数は目安
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。