テスホールディングス(5074)ipo目論見書

再生可能エネルギーの主力電源化・省エネ、エネルギースマート化


(ブック・積極参加)(6)

2019年、売上高構成は48.2%がエネルギープラントの設備設計・運用操作・保守、
51.8%はオペレーション・メンテナンス・小売りで業種はサービスではなく建設業。
建設業でありながら仮条件は高めに設定されている。
脱炭素(カーボンニュートラル)は国際的なテーマ株のため積極参加。
しかし調達資金は多めで初値は期待できない。


実績:PER 37倍程度(連結:2020.6)、予想:PER 26.5倍程度(連結:2021.6)。
同じ建設業のウエスト辺りが比較対象で仮条件に割安感なし。


ほぼ100%に180日のロックアップがかかっているため売りなし。
その一方、ストックオプショは合計:1,062,000株。発行済株式総数の3%を占める。
そのうち、995,000株はすでに権利行使可能期間でかなりのボリューム。
複数の従業員に幅広く割り当て。


想定仮条件: 1,700円
公開規模: 約192億円(OA込)・時価総額: 約596億円(新規調達込)。流動性・浮動株(OR):32%
初値予想: 1,900円~2,300円
ホームページ:
https://www.tess-hd.co.jp/


====類似銘柄 PER====
ウエストホール 27倍
ENECHANGE  928倍
岩谷産業    20倍
アースインフィ 23倍
グリムス    27倍
イーレックス  16倍


====割当(OA・売出し株含む)====
大和
三菱
野村
日興
みずほ
岡三
いちよし
丸三
コスモ
SBI
松井
配分株数は訂正目論見書で公開された時点でホームページに公開。
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

例えば・・・
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書をピックアップします。