Green Earth Institute(9212)ipo目論見書

バイオファイナリー技術を活用したグリーン化学品の開発及び事業化


(ブック・積極参加)(6)

コリネ型細菌という微生物を活用した
高効率な発酵技術をコア技術とする技術開発型ベンチャー。
石油を使わずバイオマスから化学品を作るバイオエコノミーを実現。
時流に合った事業内容だが、比較対象は創薬バイオベンチャー辺りで
株価は割安か割高か判断がつかない銘柄で適正価格なし。


赤字続きから黒字を実現できたためIPO。
VCが多量に売出しで放出する現金化イベント。


実績(2020.9):赤字。実績(2021.9):赤字。
予想(2022.9):PER 143倍程度。
90%近くにロックアップ(90日または180日)がかかっている。
1.5倍を越えるとVCが売出しで放出した残りがロックアップ解除。


ストックオプションは合計:1,264,500株。発行済株式総数の12.17%に相当。
すべて権利行使可能期間。取締役中心に多量発行。行使価格すべて50-60円。


想定仮条件: 1,060円
公開規模: 約47億円(OA込)・時価総額: 約107億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):44%
初値予想: 1,300円~1,700円
ホームページ:https://takayoshi-inc.com/


====類似銘柄 PER====
ユーグレナ 連続赤字
レノバ   84倍


====割当株数(OA・売出し株含む)====
みずほ
大和
SBI
日興
ちばぎん
配分株数は訂正目論見書で公開された時点で当ホームページに公開。
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。