ダイコー通産(7673)ipo目論見書

ケーブルテレビ・情報通信用ケーブルの製造・販売・リース・レンタル・コンサルティング


(ブック・中立)(5)

2部の卸売業。IPOでは人気のない業態で初値は期待できない。


前期:PER 10倍程度、予想:PER 10倍程度(HP)。
予想売上減、純利益横ばい。地味な事業内容も重なり成長イメージは持てない。
大手類似銘柄と比較すると適正価格でディスカウントなし。


90日と180日のロックアップがほとんどかかっている。
大株主のロックアップが掛かっていないものは、売出しでほぼすべて放出済みで
ストックオプションもなく売りなし。


想定仮条件: 1510円
公開規模: 約9.5億円(OA込み)・時価総額: 約39億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):24%
初値予想: 1550円~1600円


====類似銘柄 PER====
住友電気 10倍
古河電気 12倍
タツタ  10倍


====割当====
野村
日興
みずほ
大和
岡三
SBI


各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄をピックアップ。
フリーターム検索に対応していますので全文でなくともピックアップします。

例えば・・・
"鳥インフ"と入力するとユナイテッドコレクティブの「事業リスク等」の
「鳥インフルエンザ」についてのリスクをピックアップします。

"眠り"と入力すると寝具事業の丸八ホールディングス「事業内容」をピックアップします。