のむら産業(7131)ipo目論見書

包装関連事業


(ブック・中立)(5)

事業内容は食品包装資材(米穀精米袋)の企画開発・販売、
米穀用自動計量包装機を中心とする計量包装機械の企画開発・販売、
その他、梱包における問題を解決するサービス(物流梱包事業)を全国展開。


売上高構成は85%包装事業(2020.10月期)。15%が物流梱包事業。
梱包に関するサービスをワンストップ(オールインワン)で提供できるところが売り。
地味な業態の"卸売業"。売上横ばいで成長イメージは無く初値は期待できそうにない。
主食用米の需要は減少傾向。昨今は減少幅拡大が続くことも悪材料。
さらに公開株はすべてVCが売出しで放出する現金化イベントでイメージも悪い。


実績(連結2020.10):PER 34倍程度。予想(連結2021.10):PER 10倍程度(投げ込み)。
紙袋やダンボール等の"紙・パルプ業種"と比べると適正価格。
物流事業と比べると割安な印象。


すべてに180日のロックアップがかかっている。
ストックオプション制度もなく売りなし。


想定仮条件: 1,210円
公開規模: 約9億円(OA込)・時価総額: 約19億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):47%
初値予想: 1,100円~1,300円
ホームページ:https://www.nomurasangyo.co.jp/


====類似銘柄 PER====
スーパーバッグ  15倍
ザ・パック    21倍
日本製麻     10倍
昭和パックス   10倍
ディーエムソリュ 35倍
イー・ロジット  25倍


====割当株数(OA・売出し株含む)====
みずほ  675,300株(642人)
SBI    13,200株(86人)
いちよし 13,200株(10人)
水戸   13,200株(10)
丸三   13,200株(10人)
極東   13,200株(0人)
あかつき 13,200株(10人)
楽天   6,600株(60人)
※カッコ内はネット・窓口含めた完全抽選枠の当選人数概算
 複数株当選可能な証券会社もあるため当選人数は目安
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。