共栄セキュリティーサービス(7058)ipo目論見書

施設・駐車・交通誘導・イベントを中心とした警備業


(ブック・積極参加)(7)

事業内容に目新しさはないが、
警備事業はオリンピック関連銘柄として買いを集めそう。


前期(連結):PER 12倍程度、予想(連結):PER 11倍程度(投げ込み)。
売出しは社長のみで流通株は多めに設定。
事業規模基準で同業他社と比較すると適正価格。
首位の警備業と比べると格安。


社長が全体の半数近くを占める(売出しで半分近く放出)。
その他は180日のロックアップがほとんど掛かっているため売りなし。
ストックオプションもしばらくの間行使できない。


想定仮条件: 2070円
公開規模: 約10億円(OA込み)・時価総額: 約30億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):33%
初値予想: 2400円~2900円


====類似銘柄 PER====
トスネット 11倍
セコム   25倍
ALSOK 22倍
RSC   37倍
CSP   33倍


====割当====
みずほ
SBI
岡三
いちよし
あかつき
コスモ


各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄をピックアップ。
フリーターム検索に対応していますので全文でなくともピックアップします。

例えば・・・
"鳥インフ"と入力するとユナイテッドコレクティブの「事業リスク等」の
「鳥インフルエンザ」についてのリスクをピックアップします。

"眠り"と入力すると寝具事業の丸八ホールディングス「事業内容」をピックアップします。