ステムリム(4599)ipo目論見書

再生誘導医薬の開発・研究・販売


(ブック・不参加)(4)

ブームとなった再生医療と同等の治療効果が得られるとされる
"再生誘導医薬"を開発するバイオベンチャー。
調達資金の使途は研究施設・動物実験施設の新設費に充当。
バイオベンチャーのため売上も少なく、前期・予想(倍増)ともに大赤字。


大阪大学発のバイオベンチャーで社長はアンジェス創業の中心人物。
メディネット、オンコセラピーの取締役を経て現社長に
オフィスもアンジェスと同じ「彩都バイオインキュベーション」


ほとんど180日のロックアップが掛かっているが、
全体の10%近くのVCはロックアップが掛かっていないため早期売却を警戒。
タダ同然のストックオプションが取締役中心に多量発行。
80%以上既に権利行使可能期間。
役員のストックオプション多量発行とファイナンスを繰り返した
社長の経営手法を振り返ると、とても投資する気にはなれない。


想定仮条件: 3050円
公開規模: 約295億円(OA込)・時価総額: 約1534億円(新規調達込)。流動性・浮動株(OR):19%
初値予想: 2,700円~3,200円
ホームページ: https://stemrim.com/


====割当====
日興
大和
野村
みずほ
SBI
いちよし
岡三
楽天
西村


各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄をピックアップ。
フリーターム検索に対応していますので全文でなくともピックアップします。

例えば・・・
"鳥インフ"と入力するとユナイテッドコレクティブの「事業リスク等」の
「鳥インフルエンザ」についてのリスクをピックアップします。

"眠り"と入力すると寝具事業の丸八ホールディングス「事業内容」をピックアップします。