ビジョナル(4194)ipo目論見書

プロフェッショナル人材に特化した会員制転職プラットフォーム等の運営


(ブック・積極参加)(6)

TV広告とネット広告により「ビズリーチ」は高い認知度を確保。
ビズリーチ事業は直近3年間、年平均成長率は31.4%の成長を維持。


実績:PER 33倍(連結:2020.7)、予想:PER 397倍程度(連結:2021.7)。
売上堅調な中、大きな減益となっている理由は事業分離による
移転利益の計上によるもので仮条件は適正価格の範囲。


全体の70%近くに180日または360日のロックアップがかかっている。
VCは売出しでほとんど放出しているため早期売却されそうな株はなし。


ストックオプショは合計:6,248,400株。発行済株式総数の15.73%を占める。
4,592,500株は上場日に合わせて権利行使可能期間に入る。
その内、3,506,800株は上場日翌日から行使可能でかなりのボリューム。


想定仮条件: 4,355円
公開規模: 約594億円(OA込)・時価総額: 約1,550億円(新規調達込)。流動性・浮動株(OR):38%
初値予想: 5,000円~5,400円
ホームページ:https://www.visional.inc/ja/


====類似銘柄 PER====
Branding 136倍
ウォンテッドリー 170倍
アトラエ     129倍
フォースタート  58倍
キャリアデザイン 89倍


====割当(OA・売出し株含む)====
野村    978,200株(930人)
三菱    452,000株(430人)
日興    28,500株(25人)
みずほ   28,500株(26人)
大和    28,500株(38人)
楽天    21,400株(202人)
SBI     21,400株(94人)
マネックス 5,300株(50人)
※カッコ内はネット・窓口含めた完全抽選枠の当選人数概算
 複数株当選可能な証券会社もあるため当選人数は目安
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

例えば・・・
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。