日本調理機(2961)ipo目論見書

厨房機器の企画開発・製造・販売・施工・アフターサービス


(ブック・積極参加)(6)

国内すべてのエリアをカバーすべく全国に営業所を展開。
業務用各種調理メーカーとして1947年に設立。
2部の地味な業態で初値は期待できない。
売上横ばいが続いていた中、今年の第三四半期は赤字。
コロナの影響ではなく季節的変動が理由。


実績(2020.9):PER 9倍程度。予想(2021.9):PER 7倍程度。
大手業務用厨房大手と比べるとディスカウントされている。
メンテナンス・卸の専業と比べても割安。


90%近くに180日のロックアップがかかっているため売りなし。
ストックオプションは合計:13,500株。すべて権利行使可能期間。
すべて取締役と執行役員が独占。


想定仮条件: 2,710円
公開規模: 約8億円(OA込)・時価総額: 約30億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):27%
初値予想: 2,900円~3,200円
ホームページ:http://www.nitcho.co.jp/


====類似銘柄 PER====
中西製作所 13倍
マルゼン  13倍
北沢産業  30倍
フジマック 30倍
シンメンテ 30倍


====割当株数(OA・売出し株含む)====
SBI
大和
三菱
岡三
コスモ
極東
アイザワ
エイチエス
光世
東洋
松井
水戸
むさし
配分株数は訂正目論見書で公開された時点で当ホームページに公開。
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。