STIフードホールディングス(2932)ipo目論見書

水産原料素材の調達から製造・販売までを一貫して行う食品製品販売事業


(ブック・積極参加)(6)

水産原料を主とした食品・食材で主にコンビニエンスストア向け。
東証2部の地味な「食料品」業種で初値は期待できそうにない。


前期(連結):PER 21倍。予想(連結):PER 21倍程度(投げ込み)。
水産・農林業と比べると割高。食料品業種と比べると適正価格。


公募300,500株、売出し1,000,000株。
売出しは極洋がすべて占める。持ち株の半分以上を放出。
今後も競合相手とはならず極洋グループは冷凍食品。
同社はコンビニエンス向けと棲み分けを強調。


ほとんど90日のロックアップがかかっているため売りなし。
ストックオプションは合計:500,000株。発行済株式総数の10%を占める。
しばらくの間行使できない。


想定仮条件: 1,790円
公開規模: 約27億円(OA込)・時価総額: 約95億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):28%
初値予想: 2,200円~2,600円
ホームページ: https://www.shintokyo.co.jp/


====類似銘柄 PER====
ニチレイ 19倍
日本ハム 23倍
東洋水産 25倍
はごろも 14倍
あじかん 24倍
西本   14倍
マルハ  13倍
極洋   10倍


====割当====
野村   1,248,500株+195,000株(1,371人)
いちよし 39,000株(35人)
エース  13,000株(11人)
※カッコ内はネット・窓口含めた完全抽選枠の当選人数概算
 完全抽選でも複数株当選可能な証券会社もある為、当選人数は目安
 オーバーアロットメント(OA)を行う場合は主幹事にプラス追加 =IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

例えば・・・
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている銘柄をピックアップします。