ライフドリンクカンパニー(2585)ipo目論見書

ミネラルウォーター、茶系飲料、炭酸飲料、茶葉製品


(ブック・積極参加)(5)

飲料の新興メーカー。薄利多売で急成長。
製品化工程、販売までを内製化することにより品質安定・コスト削減を実現。


IPOでは不人気の業態"食料品"で2部。なおかつ売出しでVCが多量放出する
出口案件のため魅力なく参加は避けたい。
飲料のIPOといえば経営不振のフルッタフルッタが連想され悪イメージ。


実績(2021.3):PER 28倍程度。予想(2022.3):PER 13倍程度(投げ込み)。
大手飲料メーカーと比べるとかなりディスカウントされた印象。
割安に設定されているため公開価格割れは避けられそう。


90%近くにロックアップ(360日)がかかっているため売りなし。
1.5倍を越えると全体の15%近くがロックアップ解除。


ストックオプションは合計:511,500株。発行済株式総数の4.5%に相当。
その内、390,900株がすでに権利行使可能期間。取締役中心に290名近くの従業員に割当て。


想定仮条件: 1,510円
公開規模: 約63億円(OA込)・時価総額: 約189億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):33%
初値予想: 1,500円~1,800円
ホームページ:https://www.ld-company.com/


====類似銘柄 PER====
プレミアムウォータ 25倍
伊藤園       52倍
カゴメ       30倍
サントリー     21倍
キリン       18倍
フルッタ      -倍
コカコーラ     -倍


====割当株数(OA・売出し株含む)====
日興   3,678,100株(3,500人)
大和    357,600株(340人)
みずほ   52,900株(50人)
三菱    39,700株(37人)
SBI     13,200株(60人)
楽天    13,200株(125人)
マネックス 13,200株(125人)
※カッコ内はネット・窓口含めた完全抽選枠の当選人数概算
 複数株当選可能な証券会社もあるため当選人数は目安
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。