国際紙パルプ商事(9274)ipo目論見書

紙・板紙・紙加工品・パルプ・古紙・化成品・紙関連機械・包装資材等の卸売り

(ブック・積極参加)(6)
地味な事業内容で初値が飛ぶことはない。
当選してもありがたくない業態で、IPO銘柄としては魅力なし。
貴重な当選権利は使いたくない銘柄。

前期:PER 11.5(連結)、予想:PER 14倍(連結:投げ込み)程度。
売り上げ増でも地味な業態なだけに成長率も低い。
大手紙・パルプ卸売りと比べるとやや割高で織り込み済み。

ほとんど90日のロックアップがかかっている。1.5倍を超えるとほとんど解除。
ストックオプションは取締役と執行役員だけに付与され。上場日も権利行使期間。
合計:356,000株で早期売却は想定しにくい。

想定仮条件:@100 344円
公開規模: 約28億円(OA込)・時価総額: 約255億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):13%
初値予想: 380円~450円

====類似銘柄 PER====
日本紙パルプ 12倍

====割当====
みずほ
三菱
日興
岡三
いちよし
SBI


各社目論見書全文検索

速報ニュースや社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄をピックアップ。
フリーターム検索に対応していますので全文でなくてもピックアップします。

例えば・・・
「鳥インフ」と入力するとユナイテッドコレクティブの事業リスク等
鳥インフルエンザについてのリスクについての記載をピックアップします。

「眠り」と入力するとマルハチの事業内容をピックアップします。