あさくま(7678)ipo目論見書

レストラン経営による飲食・フランチャイズ事業


(ブック・積極参加)(7)

名古屋市内だけでなく駐車場完備の郊外型店舗のレストランも展開して急成長。
ステーキ・肉類が中心。
ステーキブームの火付け役「いきなりステーキ」が飽きられ
客離れが深刻化している背景が懸念材料。今年の秋にはナスダック上場廃止。


前期(連結):PER 12倍、予想(連結):PER 11倍程度。
売上は低下する予想で成長は止まった印象。
仮条件はややディスカウントされている。


ほとんど180日のロックアップが掛かっているため売りなし。


ストックオプションは92,850株が権利行使可能期間(退職による権利喪失後)。
第二回(2012年) 39,000株。第三回(2013年) 44,100株、第四回(2017年) 9,750株


潜在株式総数は97,270株で発行済株式数の2.06%。
ほとんど権利行使可能期間で複数の従業員に割り当てられている。


想定仮条件: 1150円
公開規模: 約8億円(OA込)・時価総額: 約60億円(新規調達込)。流動性・浮動株(OR):13%
初値予想: 1400円~1900円


====類似銘柄 PER====
ペッパーフード 12倍
ブロンコビリー 21倍
オーエムツー  11倍


====割当====
三菱
大和
SBI
東海東京
フィリップ
岡三
安藤し