セルム(7367)ipo目論見書

企業内研修、人材開発・組織開発コンサルティング、組織調査・人事設計


(ブック・積極参加)(8)

対面形式の研修・コンサルティングが中心だったため売上は減少。
コロナウィルスの影響は大きく純利益も大幅に減少する予想。
現在、オンライン形式で提供できる環境を構築しているため
売上高は大きく崩れてはいない。


実績:PER 17倍(2020.3)、予想:PER 44倍程度(2021.3)。
人材育成・経営コンサルティング系と比べると適正価格の範囲。


すべて90日のロックアップがかかっているため売りなし。
その一方でストックオプションは合計:500,000株。発行済株式総数の8%程度を占める。
すべて権利行使可能期間でかなりのボリューム。複数の従業員に割り当て。


想定仮条件: 930円
公開規模: 約20億円(OA込)・時価総額: 約58億円(新規調達込)。流動性・浮動株(OR):34%
初値予想: 1,400円~1,900円
ホームページ:https://www.celm.co.jp/


====類似銘柄 PER====
インソース      67倍
アドバンテッジリスク 30倍
ライトアップ     38倍
ベイカレント     46倍
ヒューマン・アソシ  黒字予想


====割当(OA・売出し株含む)====
野村  1,927,100株(1,830人)
みずほ 64,200株(60人)
日興  55,000株(50人)
三菱  18,300株(15人)
SBI   18,300株(80人)
エース 13,700株(10人)
松井  9,100株(63人)
楽天  4,500株(41人)
※カッコ内はネット・窓口含めた完全抽選枠の当選人数概算
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

例えば・・・
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。