さくらさくプラス(7097)ipo目論見書

東京中心の認可保育所運営


(ブック・積極参加)(6)

不動産情報を駆使して最適な立地と独自の保育ノウハウを
施設整備に活かす保育所開発を行っているのが特徴。
調達資金はかなり多めで初値は期待できそうにない。
上場延期前の仮条件、
公開規模: 約20億円(OA込)・時価総額: 約87億円。


実績(連絡:2019年:7月):PER 12倍程度、前期(連絡:2020年:7月):PER 9倍程度。
予想(連絡:2021年:7月):PER 9倍程度(投げ込み)。
首都圏を軸に保育所展開している銘柄と比べるとかなり割安な印象で積極参加。


ほぼすべて180日のロックアップがかかっているため売りなし。
ストックオプショは596,100株。発行済株式総数の15.8%を占める。
すべて権利行使可能期間。複数の従業員に割り当てられている。


想定仮条件: 2,230円
公開規模: 約17億円(OA込)・時価総額: 約92億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):18%
初値予想: 2,600円~3,100円
ホームページ: https://www.sakurasakuplus.jp/


====類似銘柄 PER====
キッズスマイル 14倍
テノ      18倍
SERIO   51倍
JPホール   24倍
グローバル   18倍
幼児活動    -倍


====割当====
日興   610,000株+101,600株(680人)
野村    23,700株(20人)
SBI     23,700株(104人)
コスモ   10,100株(9人)
マネックス 3,300株(30人)
エース   3,300株(2人)
楽天    3,300株(30人)
※カッコ内はネット・窓口含めた完全抽選枠の当選人数概算
 完全抽選でも複数株当選可能な証券会社もある為、当選人数は目安
 オーバーアロットメント(OA)を行う場合は主幹事に+追加
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

例えば・・・
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書をピックアップします。