フィードフォース(7068)ipo目論見書

データフィード、デジタル広告、ソーシャルメディアマーケティング


(ブック・積極参加)(10)

広告最適化事業が中心。
人気のアドテクノロジー系(ネット広告関連システム)で人気は必至、
成長率も高く調達資金も少なめで2倍は余裕で超えそう。
昨年上場したログリー(広告配信プラットフォーム)は2.5倍近くの初値をつけた。
公開規模も同程度。


前期:PER マイナス、予想(2020年5月):PER 32倍程度(単体)。


ほぼ100%、180日と90日のロックアップが掛かっているため売りなし。
ストックオプションもしばらくの間行使できない。


想定仮条件: 1030円
公開規模: 約8億円(OA込)・時価総額: 約58億円(新規調達込)。流動性・浮動株(OR):14%
初値予想: 3,000円~5,000円


====類似銘柄 PER====
ログリー    42倍
フリーク    92倍
ジーニー    --倍
ソネット    27倍
シルバーエッグ 94倍
フルスピード  13倍
サイバーエー  263倍


====割当株数(OA・売出し株含む)====
大和
SBI
野村
エース
丸三
マネックス
東海東京
エイチ・エス
みずほ
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。