ブランディングテクノロジー(7067)ipo目論見書

ブランディング、デジタルマーケティング、オフショア関連事業


(ブック・積極参加)(9)

売上堅調でも成長率は低く、業績は頭打ちな印象。
OAなしで調達資金も少ないのが魅力。


前期(今年3月連結):PER 26倍、予想(20年3月連結):PER 22倍程度(投込み)。
売上の半分以上はデジタルマーケティング事業が占め、
ややディスカウントされている。ブランディング関連銘柄と比較すると割高。


ほとんど180日のロックアップが掛かっているため売りなし。
90日または1.5倍を超えると、全体の約20%近くのVCがロックアップ解除。


ロックアップのない自己株も公募ですべて処分済み。
ストックオプションは発行済株式総数(自己株除く)の2.3%、34,000株を占め、
すべて既に権利行使可能期間。複数の従業員が占めている。


想定仮条件: 1540円
公開規模: 約3億円(OAなし)・時価総額: 約25億円(新規調達込)。流動性・浮動株(OR):12%
初値予想: 3500円~4000円


====類似銘柄 PER====
オーケストラ   28倍
アイティメディア 18倍
クロス      16倍
エードット    45倍
アクセスグループ 16倍
プラップジャパン 12倍
インパクト    33倍
サニーサイド   28倍
ベクトル     24倍


====割当====
SBI
大和
楽天
コスモ
藍澤
極東
東洋
むさし
エース
丸三
香川
おきぎ

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄をピックアップ。
フリーターム検索に対応していますので全文でなくともピックアップします。

例えば・・・
"鳥インフ"と入力するとユナイテッドコレクティブの「事業リスク等」の
「鳥インフルエンザ」についてのリスクをピックアップします。

"眠り"と入力すると寝具事業の丸八ホールディングス「事業内容」をピックアップします。