インバウンドテック(7031)ipo目論見書

24時間365日多言語対応の自社コールセンター、セールスアウトソーシング

(ブック・積極参加)(7)
新興銘柄らしく社歴わずか3年程度で急成長。
外国人観光客の増加を背景に需要は拡大。
コールセンターの自動音声案内(AI)通訳なども手掛け
今後の成長に期待できそう。

前期:PER 42倍、予想:PER 30倍程度。
コールセンター辺りが比較対象で、翻訳・通訳関連銘柄と比べると割安。

ほとんど180日のロックアップがかかっている。
1.5倍を超えるとVCの10%近くがロックアップ解除となる。

ストックオプションは総数 49,500株。発行済み株式総数の7.47%を占める。
IPO当日も含め、すべて権利行使可能期間。

想定仮条件:@100 3810円
公開規模: 約9億円(OA込)・時価総額: 約30億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):30%
初値予想: 6000円~7000円

====類似銘柄 PER====
アドバンスト 77倍
ロゼッタ 104倍
翻訳センター 14倍

ベルシステム 22倍
らいあ    28倍
富士ソフトサ 16倍

====割当====
東海東京
SBI
マネックス
エイチ・エス
むさし
エース
香川



各社目論見書全文検索

速報ニュースや社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄をピックアップ。
フリーターム検索に対応していますので全文でなくてもピックアップします。

例えば・・・
「鳥インフ」と入力するとユナイテッドコレクティブの事業リスク等
鳥インフルエンザについてのリスクについての記載をピックアップします。

「眠り」と入力するとマルハチの事業内容をピックアップします。