神戸天然物化学(6568)ipo目論見書 有機化学品の研究・開発・生産ソリューション事業

(ブック・積極参加)(6)
受託研究・受託製造が専門で、医薬、食品、農薬、電気、電子、エネルギーなど幅広い。
どの分野を専門として比較するか難しいところ・・・。創薬系などと比較すれば割安な印象にも。
調達資金は医薬製造設備を重点に拡張。

前期、PER:36倍程度(29年3月)。予想、PER:24倍程度(投げ込み)。急成長が魅力。
同業他社と比べると適正価格帯。

大株主に180日のロックアップがかかっている。ストックオプション制度もなし。
売り圧力はないが、調達資金は多めで2倍は期待できそうにない。

想定仮条件:@100 2340円
公開規模: 約61億円(OA込)・時価総額: 約173億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):35%
初値予想:2600円~3100円

====比較対象・類似銘柄 PER====
シミック   28倍
内外テック  12倍
AFC    17倍
ユーエムシー 22倍

━━━━━━━━
■IPO・NEWS
━━━━━━━━
グリーンシート銘柄制度は、平成30年3月31日をもって廃止され、
グリーンシート銘柄の取引はできなくなります!!
換金しやすいうちに換金しておきましょう・・・。

「上場に向けて全力で取り組んでいる・・・」などと大義名分ばかりで、
またさらに10年、20年以上待たされるかもしれませんよ・・・


IPOバブル時に未公開株が取得できると注目の市場でしたが、、、、
結果としてほとんどが資金調達だけして、
なにも成果のない銘柄ばかり・・・


上場したら初値10倍で大儲け!!
なんてやっぱり甘かったですね・・・・。

当方はグリーンシートで80万円近くの損を出しました。
塩漬け10年後の投げ売りセールという最低のシナリオでした。
唯一、ドックラン施設運営のエトレで5万の利益が出ただけでした・・・・。


個人投資家をターゲットにした、グリーンシート市場は失敗に終わりました。
損切りをする区切りかもしれません。
http://www.jsda.or.jp/shiraberu/greensheet/



前回送信しました、よくある質問ですが、
以下補足しましたのでご確認ください。
--------------------------------------------------------------------

グリーンシート同様に10年以上たってもIPOしない可能性も十分にあり、

こちらはグリーンシート以上に換金しにくいので、十分ご注意ください。


当然、中途解約などなく、上場や買収がなければ無価値となります。
グリーンシートのように換金する公の場はありません。
--------------------------------------------------------------------

━━━━━━━━━━━━━━━━
■IPO・よくある質問
━━━━━━━━━━━━━━━━
Q.
IPOする前の未公開株を取得する方法を
教えてください。


A.
ICO(仮想通貨を利用した資金調達)などもありますがハイリスクです。

今のところ知名度が高いのは
株式会社日本クラウドキャピタルが運営する
国内初の株式投資型クラウドファンディングではないでしょうか。
場合によってはストックオプション配分になるかもしれません・・・。

いちおう、日本証券業協会加入。
当方はこちらを利用しています。


人気のものはやはり
募集予定額を倍以上、上回る資金調達を実現していますが、
なにひとつ魅力ないものも多数あります。
個人投資家を商品の宣伝に利用するだけのようなものもあります。
とても将来上場するとも思えないような事業内容のものも・・。
やはり、AI、IT系は大人気ですね・・・。
ICOと違い各社50万円までです。

勿論、
グリーンシート同様に10年以上たってもIPOしない可能性も十分にあり、

こちらはグリーンシート以上に換金しにくいので、十分ご注意ください。
---------------------------------------------------------------------

当然中途解約などなく、上場や買収がなければ無価値となります。
グリーンシートのように換金する公の場はありません。
先の見えない長期投資。
たなおかつ、ハイリスクハイリターンですのでおススメはしていません!!!
10年、20年経てもIPOしない可能性も非常に高い。
その反面、目論見書を見ての通り、IPOしたときの初値は投資額から10倍越えは当たり前。


倒産リスクも非常に高いので
十分ご注意ください。


日本証券業協会のホームページにて
過去のデータ、規則や制度の内容が公開されています。
詳細はこちらにてご確認ください。
http://market.jsda.or.jp/shiraberu/kabucrowdfunding/index.html


・・・かつて、IPOブームにIPOする前に株が取得できると、
鳴り物入り登場したグリーンシートが、どうなったでしょうか・・・・。
某マネー雑誌でも、大儲けできると大騒ぎでしたが、、、、

結果として、ピークから半数以上が指定取り消しで、IPOしたのは数社だけ。
ずさんな経営者が多数存在したのも事実です。
新たに資金調達する会社は激減し、指定取り消しラッシュ。
そして2012年ぐらいから新規がなくなり、今年3月をもって廃止となります。

株式投資型クラウドファンディングの行く末はいかに・・・。


IPOとは無縁ですが証券会社が扱うクラウドファンディングなら
ローリスクローリターンです。利回り狙い。
1万円から投資可能です。
こちらは株式投資型クラウドファンディングとは違い、融資型クラウドファンディングです。
https://ipochallenger.com/crowdbank.html

各社目論見書全文検索

速報ニュースや社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄をピックアップ。
フリーターム検索に対応していますので全文でなくてもピックアップします。

例えば・・・
「鳥インフ」と入力するとユナイテッドコレクティブの事業リスク等
鳥インフルエンザについてのリスクについての記載をピックアップします。

「眠り」と入力するとマルハチの事業内容をピックアップします。