木村工機(6231)ipo目論見書

空調システム機器の開発・製造・販売


(ブック・積極参加)(8)

1945年創業の老舗。2部の地味な業態(機械)で初値は期待できそうにないが、
蔓延する空気感染ウィルスの関連銘柄として期待したいところ。


前期:PER 9倍程度、予想:PER 8.5倍程度。
売上・純利益共に右肩上がりで業績堅調。
同業他社と比べると仮条件は格安な印象。


すべてロックアップが180日かかっている。
VCは売出しで一部放出済み。
ストックオプション制度もなく売りなし。


想定仮条件: 2,340円
公開規模: 約9億円(OA込)・時価総額: 約90億円(新規調達込)。流動性・浮動株(OR):10%
初値予想: 3,000円~3,500円
ホームページ: https://www.kimukoh.co.jp/


====類似銘柄 PER====
三機サービス 16倍
日本空調   15倍
新日本空調  14倍
高砂熱学工業 11倍
リンナイ   19倍


====割当====
みずほ  314,300株+51,000株(347人)
日興    24,400株(23人+11人優遇)
SBI    6,900株(48人+21人優遇)
マネックス 3,400株(34人)
※カッコ内はネット・窓口含めた完全抽選枠の当選人数概算
 オーバーアロットメント(OA)を行う場合は主幹事に+追加
===IPO初値予想一覧に戻る===

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
フリーターム検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

例えば・・・
"鳥インフ"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている銘柄をピックアップします。