インフォメティス(5030)ipo目論見書

エナジー・インフォマティクス事業


(ブック・不参加)(5)

エネルギー関連データを独自のAIでエネルギー最適化。
脱炭素に貢献するデータに加工したうえで提供するIoTプラットフォームを運営。
具体的には発電の需要予想。蓄電池や空調機器の最適制御。家電のパターン分析。


人気のテーマ株(脱炭素、AI、IoT)となるためかなり割高な仮条件。
売出しでほとんどVCが放出するため上場後しばらくは売りなし。
90%近くも一気に流動株となり需給不安もあるため公開価格割れも視野に。


実績・予想:PER 赤字。
同業他社も赤字続きのため初値は直近IPOと主力市場の動向次第。
早期黒字化を達成する予定でもかなり割高な印象は拭えない。


継続保有も含めるとほぼすべてロックアップ(180日・90日)がかかっている。
ストックオプションは合計:183,600株。発行済株式総数の4.78%に相当。
その内、6,000株のみが権利行使可能で規模が小さく影響なし。


想定仮条件: 1,150円
公開規模: 約49億円(OA込)・時価総額: 約56億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):88%
初値予想: 1,100円~1,400円
ホームページ:https://www.informetis.com/


====類似銘柄 PER====
SDS(省電舎)   赤字
ENECHANGE 赤字
グリムス      25倍


====割当株数:OA・売出し株含む====
みずほ
SBI
楽天
東海東京
いちよし
コスモ
東洋
松井
マネックス
配分株数は訂正目論見書で公開された時点で当ホームページに公開。
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。