JTOWER(4485)ipo目論見書

情報通信インフラの設計・構築・ソリューション


(ブック・中立)(5)

国内・海外携帯インフラのシェアリングが事業の中心。
携帯基地局関連インフラ装置、アンテナ、工事、構築物、電源、ファイバー等を
グループ一本化で展開するところが強み。


前期・予想:連結PER マイナス(投げ込み)。売上堅調で急成長。PERは参考にならない。
人気の業態でも調達資金が多く大型上場ラッシュも重なり初値は期待できそうにない。


ほとんど180日と90日のロックアップが掛かっているため売りなし。
VCは1.5倍を超えると売出しで放出した残りが解除。


ストックオプションは合計 793,600株。発行済株式総数の4.8%に相当。
ストックオプション全体の90%近くは権利行使可能期間。
取締役と監査役がほとんど占めているため早期売却は考えにくい。


想定仮条件: 1550円
公開規模: 約105億円(OA込)・時価総額: 約300億円(新規調達込)。流動性・浮動株(OR):35%
初値予想: 1500円~1,900円
ホームページ: https://www.jtower.co.jp/


====類似銘柄 PER====
ファイバーゲート 40倍
ワイヤレスゲート 101倍


====割当====
日興
大和
みずほ
野村
三菱
SBI
楽天
マネックス
コスモ
===IPO初値予想一覧に戻る===

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄をピックアップ。
フリーターム検索に対応していますので全文でなくともピックアップします。

例えば・・・
"鳥インフ"と入力するとユナイテッドコレクティブの「事業リスク等」の
「鳥インフルエンザ」についてのリスクをピックアップします。

"眠り"と入力すると寝具事業の丸八ホールディングス「事業内容」をピックアップします。