BASE(4477)ipo目論見書

eコマースwebサービス企画・開発・運営


(ブック・不参加)(4)

その他、クレジットカード決済を簡単に導入できるオンライン決済サービスや
QRコード決済サービスも展開。
人気の業態だが海外募集もある大型案件で初値は期待できそうにない。
Chatworkの公募割れで大型案件に資金が集まらない背景も懸念材料。


前期・予想:PER マイナス(投げ込み)、売上堅調でも赤字続きでPERは参考にならない。
売出しはサイバーエージェント(すべて放出)とVCが占めるエグジット案件。
半数近くが流動株となり需給悪化が懸念材料。複数株当選容易で窓口ではほぼ確実当選。


90日か180日のロックアップが掛かっているが、1.5倍を超えるとすべて解除。
ストックオプションの総計は1,828,000株で発行済株式総数の9.71%
そのうちストックオプションは第一回、164,000と第二回、178,800、第三回、106,000株が
既に権利行使可能期間(ストックオプション全体の25%)。


想定仮条件: 1630円
公開規模: 約150億円(OA込)・時価総額: 約313億円(新規調達込)。流動性・浮動株(OR):48%
初値予想: 1,100円~1,400円
ホームページ: https://binc.jp/


====類似銘柄 PER====
GMOペイメント 105倍
ギフティ     146倍
====割当株数(OA・売出し株含む)====
大和
SBI
みずほ
野村
日興
三菱
いちよし
極東
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。