ウイングアーク1st(4432) --延期--ipo目論見書

企業の情報活用を促進するソフトウェア・クラウドサービスの提供


(ブック・中立)(5)

主力商品は請求書や公的証明書など帳票関係の
ソフトウェア販売・クラウドサービス・保守を提供。
SVF 帳票市場(帳票運用製品)において市場シェアは68.3%(目論見書より)


公募なし、売出しはすべてカーライル・グループが運営する投資ファンド。
もともとは、2010年、ジャスダックにIPOした旧1stホールディングス。
譲渡が繰り返されたエグジット案件で、再上場銘柄は公開価格割れ濃厚。
昨年、上場予定だったが中止され公開規模は451億円から大きく下げられた。


2019年2月(連結):PER 15倍、2020年2月(連結):PER 13倍
2021年2月予想(連結):PER 12倍程度(HP)。
仮条件はややディスカウントされた印象。


ほとんど180日のロックアップがかかっているため売りなし。
ストックオプションは合計 4,414,500株。発行済株式総数の14.1%を占める。
その内、4,089,000株がほとんど既に権利行使可能期間でかなりのボリューム。
複数の従業員に幅広く割り当てられている。


想定仮条件: 1,670円
公開規模: 約281億円(OA込み)・時価総額: 約521億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):54%
初値予想: 1,400円~1,700円
ホームページ: https://www.wingarc.com/


====類似銘柄 PER====
SYS    21倍
ニーズウェル 16倍
キーウェア  19倍
ODK    14倍
大和コン   22倍
SRA    22倍


====割当株数(OA・売出し株含む)====
野村
三菱
メリルリンチ
みずほ
日興
大和
SBI
楽天
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。