Finatextホールディングス(4419)ipo目論見書

フィンテックソリューション、金融インフラストラクチャ事業


(ブック・積極参加)(5)

証券・保険ビジネス向けのクラウド基幹システムの提供が事業の中心。
その他、ビックデータ解析も手掛ける。
人気の業態ではあるが先行投資が続き営業赤字が続く。
売上横ばい・赤字横ばい予想で成長率は低い。
なおかつ、市場放出額は多めで初値は期待できそうにない。
売出しはVCが多量に放出する出口案件。


実績(連結:2021.3):PER 赤字。予想(連結:2022.3):PER 赤字(投げ込み)。
フィンテック関連銘柄、クラウドシステム開発と比べるとかなり割高。
比較対象がはっきりしないため割安・割高が判断しにくいところ。


すべてロックアップ(180日)がかかっているため売りなし。
ストックオプションは合計:4,177,424株。すべて権利行使可能期間。
取締役メンバー中心に割当て。


想定仮条件: 1,290円
公開規模: 約230億円(OA込)・時価総額: 約629億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):36%
初値予想: 1,300円~1,600円
ホームページ:https://hd.finatext.com/


====類似銘柄 PER====
アステリア  16倍
ミンカブ   73倍
ユーザベース 141倍
メタップス  9倍
キューブ   14倍


====割当株数(OA・売出し株含む)====
大和
三菱
松井
あかつき
楽天
コスモ
マネックス
配分株数は訂正目論見書で公開された時点で当ホームページに公開。
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。