ブロードエンタープライズ(4415)ipo目論見書

高速インターネット・インターフォンシステムの販売


(ブック・積極参加)(6)

事業内容はマンション向け高速インターネットの提供と
解錠管理を中心とした集合玄関周りのIT化で様々な住宅設備と連携が可能。
スマートロック業界トップのフォトシスが買われず公開価格を割ったことから
初値は期待できそうにない。


実績(2019.12):PER 70倍程度。実績(2020.12):PER 60倍程度。
予想(2021.12):PER 23.5倍程度(投げ込み)。
大手マンション向け高速ネット回線一括提供型と比べると割高。
IoT銘柄や連続赤字のスマートロック関連銘柄と比べると割安な印象。


継続保有も含めるとほぼすべてにロックアップ(180日)がかかっているため売りなし。


ストックオプションは合計:190,200株。発行済株式総数の7.98%を占める。
行使可能となるのは来年からで影響なし。取締役中心に割り当て。


想定仮条件: 2,790円
公開規模: 約23億円(OA込)・時価総額: 約81億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):28%
初値予想: 3,000円~3,400円
ホームページ:https://www.broad-e.co.jp


====類似銘柄 PER====
アルテリア    14倍
東名       21倍
ファイバーゲート 23倍
sMedio   45倍
アルファ     12倍
セコム      20倍
アマノ      22倍


====割当株数(OA・売出し株含む)====
みずほ  692,100株(660人)
SBI     36,400株(161人)
日興    36,400株(31人)
楽天    14,500株(135人)
松井    14,500株(145人)
マネックス 14,500株(137人)
三菱    7,200株(5人)
岡三    7,200株(5人)
コスモ   7,200株(5人)
東洋    7,200株(0人)
※カッコ内はネット・窓口含めた完全抽選枠の当選人数概算
 複数株当選可能な証券会社もあるため当選人数は目安
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。