Institution for a Global Society(4265)ipo目論見書

AIを活用した人材評価プラットフォーム


(ブック・積極参加)(7)

企業向けに人事評価・育成市場のソリューションを提供。
教育向けには教育効果を可視化する評価システムなど提供。


実績(2021.3):PER 2,366倍程度。実績(2022.3):PER 507倍程度。
人気業態のためかなり割高。同業他社と比べても割高な印象。


ほぼすべてロックアップ(90日)がかかっている。
1.5倍を越えると売出しで放出したVCの残りがロックアップ解除(12億円程度)
となるため1.5倍手前が初値の目安になりそう。


ストックオプションは合計:356,500株。発行済株式総数の9%に相当。
その内、341,500株がすでに権利行使可能期間。信託型新株予約権が中心。


想定仮条件: 1,660円
公開規模: 約37億円(OA込)・時価総額: 約71億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):52%
初値予想: 2,000円~2,400円
ホームページ:https://i-globalsociety.com/


====類似銘柄 PER====
Appier  連続赤字
ニューラルポケ 3,391倍
HEROZ   420倍
PKSHA   265倍
ALBERT  80倍


====割当株数(OA・売出し株含む)====
野村  2,030,400株(1,930人)
みずほ  95,700株(90人)
三菱   26,800株(25人)
SBI   26,800株(118人)
いちよし 5,700株(0人)
丸三   5,700株(4人)
コスモ  5,700株(4人)
極東   5,700株(0人)
※カッコ内はネット・窓口含めた完全抽選枠の当選人数概算
 複数株当選可能な証券会社もあるため当選人数は目安
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。