ココナラ(4176)ipo目論見書

ネットで「知識・スキル・経験」の売買できるスキルマーケット事業


(ブック・積極参加)(8)

様々な分野の"知識・スキル・経験"を売買する業界最大手マッチングサイトを運営。
在宅ワークの急増からテーマ株の一つで人気を集めそう。


前期:PER 赤字。予想(2021.8):PER 331倍程度(投げ込み)。
事業内容がユニークなため厳密には専業の比較対象なし。
割高、割安が判断できないため現在のIPO人気が続けば2倍も十分視野に。


クラウドソーシングやプロとのビジネスコンサルティングをネット仲介する
ビザスク辺りとも比較できる。いずれもPERは異常に高いため
初値は直近IPOの動向に大きく左右されそう。


ほとんど180日のロックアップが掛かっているため売りなし。
売出しはほぼVCが占める(すべて売出しで放出していない)。
ストックオプションは合計:2,595,500株。発行済株式総数の12.7%を占める。
その内、1,672,200株、全体の65%近くがすでに権利行使可能期間でかなりのボリューム。
取締役メンバー中心に割り当て。


想定仮条件: 1,000円
公開規模: 約139億円(OA込)・時価総額: 約215億円(新規調達込)。流動性・浮動株(OR):65%
初値予想: 1,700円~2,200円
ホームページ: https://coconala.co.jp/


====類似銘柄 PER====
ビザスク   373倍
クラウドワー 449倍
ランサーズ  602倍


====割当(OA・売出し株含む)====
大和
みずほ
クレディ
いちよし
SBI
楽天
マネックス
松井
配分株数は訂正目論見書で公開された時点でホームページに公開。
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

例えば・・・
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書をピックアップします。