Kaizen Platform(4170)ipo目論見書

サイトソリューション、動画ソリューション


(ブック・積極参加)(5)

事業内容はWEBサイトの最適化・コンサルティング、動画の作成が中心。
売出しでVCが多量に放出。公開規模は大きく初値は期待できそうにないため
主幹事でIPOチャレンジポイントは絶対使ってはいけない銘柄。


前期(連結):PER 赤字、予想(連結):PER 赤字(投げ込み)。
急成長が織り込まれているためかなり割高な仮条件。


80%近くに90日または180日のロックアップがかかっている。
1.5倍を超えると全体の30%近くのVCがロックアップ解除(売出しでほとんど放出済み)。


ストックオプションの総数は2,012,318株。発行済み株式総数の14.5%に相当。
その内、60%近くが既に権利行使可能期間でかなりのボリューム。


想定仮条件: 1,100円
公開規模: 約63億円(OA込)・時価総額: 約170億円(新規調達込)。流動性・浮動株(OR):37%
初値予想: 1,200円~1,600円
ホームページ: https://kaizenplatform.com/


====類似銘柄 PER====
Speee    73倍
ソウルドアウ 48倍
フルスピード 17倍
GMO TE 140倍
テクノス   25倍


====割当====
SBI
クレディ
大和
三菱
みずほ
岡三
エイチエス
コスモ
極東
※カッコ内はネット・窓口含めた完全抽選枠の当選人数概算
 完全抽選でも複数株当選可能な証券会社もある為、当選人数は目安
 オーバーアロットメント(OA)を行う場合は主幹事にプラス追加 =IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

例えば・・・
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書をピックアップします。