三和油化工業(4125)ipo目論見書

石油化学製品の販売・小分け、産業廃棄物の処分・収集・中間処分・再資源化


(ブック・積極参加)(6)

地味な業態ではあるが、環境保全関連銘柄として注目できそう。
2部らしく低成長ながら業績は堅調。


実績(連結:2021.3):PER 18倍。予想(連結:2022.3):PER 13倍(HP)。
業種は化学となるため割高な印象もあるが
鉄鋼、建設業(再資源)との間を取ると適正価格の範囲。


ほぼすべてロックアップ(180日または90日)がかかっている。
ストックオプション制度もなく売りは皆無に近い。


想定仮条件: 3,030円
公開規模: 約31億円(OA込)・時価総額: 約130億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):24%
初値予想: 3,100円~3,400円
ホームページ:https://www.sanwayuka.co.jp/


====類似銘柄 PER====
ベステラ  9倍
イボキン  19倍
田中建設  11倍
エンビプロ 16倍
TRE   29倍


====割当株数(OA・売出し株含む)====
野村   902,000株(860人)
日興   44,000株(40人)
三菱   44,000株(41人)
東海東京 13,200株(12人)
SBI    8,800株(40人)
※カッコ内はネット・窓口含めた完全抽選枠の当選人数概算
 複数株当選可能な証券会社もあるため当選人数は目安
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。