長栄(2993)ipo目論見書

不動産管理・不動産賃貸・不動産開発


(ブック・中立)(5)

2021年10月で管理戸数 25,173戸(自社物件:4609戸)。
京都・滋賀エリアでは最大級、関西では大手マンション管理会社。


単身者向け比率が高く国内では少子高齢化が進み学生数の大幅減少が予想され
今後の業績動向には不安が。2部の低成長銘柄でもあり初値は期待できない。


実績(2021.3):PER 8.5倍程度。予想(2022.3):PER 5倍程度(投げ込み)。
低PERの不動産事業。不動産管理と比べるとややディスカウントされた印象。


すべてにロックアップ(180日)がかかっている。
ストックオプションは合計:349,000株。発行済株式総数の8.65%に相当。
すべて行使は来年から可能で影響なし。取締役メンバー中心に割り当て。


想定仮条件: 1,890円
公開規模: 約24億円(OA込)・時価総額: 約84億円。OA込株式流動性・浮動株(OR):29%
初値予想: 1,800円~2,100円
ホームページ:https://www.kk-choei.co.jp/


====類似銘柄 PER====
ランドネット 9倍
トーセイ   7倍
プロパスト  9倍
アズマ    8倍


====割当株数(OA・売出し株含む)====
日興
大和
みずほ
岡三
SBI
楽天
松井
西村
配分株数は訂正目論見書で公開された時点で当ホームページに公開。
=IPO初値予想一覧に戻る=

各社目論見書全文検索

ニュース速報や社会問題となっているキーワードなどを入力して関連銘柄を検索。
部分一致検索に対応していますので全文でなくとも検出します。

(例)
"鳥イン"と入力すると「事業リスク等」の項目から
「鳥インフルエンザ」のリスクについて記載されている目論見書を抽出します。