IPO FAQ(よくある質問)


新規公開株でNo.1のお問い合わせはもちろん IPO当選のコツを教えてくださいです。
IPO環境は常に変化します。 昔のコツでは成果を挙げられないでしょう。
有料メルマガと無料メルマガにて、ワンポイントアドバイスや、
当選ノウハウの結果・失敗・戦略など随時公開しています。

このページでは昔の無料メルマガで配信したQ&Aをまとめました。


Q: 地方に住んでますが、
IPOは都心部のほうが当たりやすいのですか?

A:そんなことはありません。
人口密集地はその分当選倍率も高く、
強敵のお金持ちも多く困難です。(富裕層はIPOなどでは遊ばない)
10人程度の知人(投資資金400万程度)の結果は、
ほとんど都心部と変わりありませんでした、
中堅の支店に関しては、地方のほうが比較的当たりやすいようです。
2007年の結果では地方が優位でした。

Q:
「数億円の運用先に困っている。IPO当ててくれたら預ける」
と・・・バーター取引を提案すると当ててくれますか?
実際には預けないで当選後解約する
A.
ずいぶん昔に流行ったワザですね、
ひところ、このワザがIPO当選のコツとして流行り雑誌などでも
紹介されていましたから 不可能でしょう。
本当に数億入金すれば絶対当選です。

Q:
IPO申し込みの際に「他社の申し込みをしていたら申し込めません」と言われました。
複数社申し込んでいいの?
A.
いまだに、各証券会社に渡って、
申し込み人物を検索するシステムは存在しません。
しかし、ここは解釈の分かれるところでブックビルディング制度は、
広く多くの人に配分することを趣旨としているから違法ではなく
各社の定めるルール違反程度です。


Q:
ネットでまたまた補欠当選多数しました。人気ないのですか?
A:
補欠枠は当選枠の倍あるので補欠は他社でも比較的容易です。
補欠枠も各社ばらばらです。日興ネットは落選すると100%補欠になります。
補欠からの繰り上げ当選は、キャンセルした人からまたさらに抽選なので、
補欠当選から繰上げ当選のほうが何倍もむずかしいのです。
倍化確実の人気IPOをキャンセルすることは
まずないので当選した人の購入申し込みが失念されることに期待するしかありません。


Q:
支店はぜんぜん当たらないのでネットでの申し込みオンリーです。
ネットの当選確率を上げる方法、こっそり教えてください。
口座をできるだけたくさんつくればいいんですよね。
A:
正解です。
資金が多くても少なくても、申し込みは一人1単位というところにおいては・・・
たとえば、sbiはルール改正で、 口座があればあるほどいいというものではありません。
50口座くらい持っている人と会ったことがありますが・・・・・、
不正行為を助長するようなアドバイスはできません。推奨しません。
家族名義を複数作る程度にしましょう。赤ちゃんにも。

Q.
支店で取引するに当たり、担当者が選べると言われました。
担当者はなるべく偉い人で取引したほうがいいですか?
A.
経験を積んだ営業は、ごみ投資家と言われる
「ただ、IPO申し込みだけしかしない」 "IPO顧客"を 見破る眼力は強いものです。
もちろん、"資産家"かどうかも・・・・


Q.
IPO幹事リストに載っていない証券会社に、IPO扱いがたまにあるのはなぜ?
A.
シンジゲート団ものでわずかにありますね。
こちらのほうが意外に当選容易のときもあります。
ネット証券IPOで"当選倍率1000倍以上あるもの"よりは当選しやすいでしょう。
勿論、不人気銘柄であれば、たくさん流れてきますので、選別は慎重に。
小規模ネット証券、例えば丸三、gmo、内藤なども幹事リストになくとも、
このおこぼれに預かります。


Q:
神戸物産のような公募割れ株も、
大型株のビックカメラも、いっさい店頭で当ててくれません。
今回も、不人気銘柄ミヤノを、当ててくれないのではないでしょうか?
小口投資家で取引もIPOだけですが、
余っている不人気銘柄すら割り当ててくれないのですか? 
A:
IPO専門顧客は質が悪いといわれ、
公募価格割れした際のクレームを避けるためだそうです。
知り合いの営業が言うには・・・。


Q.
昨年から、毎回日興で補欠で繰り上げなしで落選してます。
それって運いいの?
A.
日興は必ずすべて補欠になります。補欠枠は各社ばらばらです
どこでもそうですが補欠当選から繰上げ当選のほうが何倍もむずかしいのです。
もしプレミアIPOが補欠から繰り上げ当選にになったことがあるあなたは 強運の持ち主です。


Q.
(略)いつもBBに参加してますが、当たりません。
しかし、今年初めて当選しました。ブックで申し込み後当選。
地合悪化を理由にキャンセルの旨担当者に伝えましたが、
キャンセルはできないと、一方的に断られ、
なかば強制的に買わされた銘柄があります。(申込金返却してくれず・・・)
その銘柄は公募価格を割り下げつづけています。
貴殿のメルマガにBBは、当選後申込期間にキャンセルできるとありましたが、
それは法律で保護されていますか。なんという事項にあたりますか?
現在、私は小額訴訟を考えています。お返事至急ください。(東北在住のKさん)
A.
こういったケースで小額訴訟は適当ではありません。
コスト・手間を考えると、日本証券業協会で和解するのが一般的(最善)です。
わずかな額でできるので、こちらに相談すべきです。
注意していただきたいのは保有株を売ると追認することになるかもしれませんので、
避けたほうがいいでしょう。

日本証券業協会ホームページ http://www.jsda.or.jp/
5万程度でも要求している人もいるので、金額は関係ありません。
事例は上記ホームページをご覧ください。

Q:
たくさんの取引をしているのにIPO当ててくれません。
営業さんに聞いても公平抽選なので"運"ですと言われるだけです・・・
A:
この類の質問はよく来ますが、建前は公平抽選とみんな口を揃えて言います。
特に最近ipoを始めた方からはこの質問が多いですね。
入金しただけの顧客には配分しないでしょう・・・。 小粒なipo株配分で様子見でしょう。 
地方にはフランクな営業さんもいて、
100万程度の約定10回と***投信買ってくれたら次回配分しまよ・・・
と言う人もまれにいます。 こういう営業さんが楽でいいですね。
証券会社や担当者によってケースは大きく異なります。
都会になるほどコンプライアンスは厳しくなるような気がします。


Q:
IPOの申し込みばかりで、困らせている営業が薦めるIPO銘柄は、
"申し込み"か"キャンセル"か?
A.
もし、相手がIPOのみの付き合いならキャンセルが賢明です。
私の場合、過去センチュリー,東北新社,東京エレクトロンデバイス(2760)
新日鉄ソリューションを、 IPOだけの付き合いの営業にすすめられました。
いずれも売り気配で始まり大きく公募価格を割っています。
こういった例も参考に、申し込みの判断材料に使う余裕を持ってみてはいかがでしょうか・・
申し込み期間に勧誘が多い銘柄は不人気と解釈できます。
一概には言えませんが。 ザラ場が閑散として暇なときは、気まぐれで、
担当者が電話してくることもありますし・・・・
大型株のときは幅広い顧客に勧誘することがあります。


Q:
IPOのため支店で口座をたくさん作っていますが、
口座を増やすワザ教えてください(架空口座とか・・・)
A:
以前、1円資本金の会社が話題になったことがありますが、
私もそのとき会社設立しました。1円で会社はつくれず、諸経費がかさみましたが、
そうすると"法人"、"個人"とIPOに両方申し込めます。
税金も違いますが・・・こちらのほうが王道ですよ。
いわゆる多重債務者のように、離婚などして名前を頻繁に変えて、
借り入れしたりする人もいるようですが、虚偽記載等は法律違反です。
借名口座や架空口座のチェックは年々厳しくなっています。
特定の証券会社にて永久に口座開設できなくなることもあります。

Q:
昨年メルマガに"対面での取引回数が当選に影響"とあり、
信じて週2回は必ず30万程度の株を売買しているがぜんぜん当たらない。なぜ?
A:
小口を相手しない最大手証券会社ではないですか?
そういうところでは、その程度の取引を継続してもIPO当選は無駄です。
手数料の安いネットで取引した方が賢明です。


Q:
大手3つでIPOのみ1年やっていますが、ろくなもの当たりません。
担当の対応もひどいものでなめられてます!!・・・・IPOの客はこんなにバカにされるの?
途中で電話を切られたり、居留守、コールバックしないなどなど(埼玉:女性)
A:
それはあたりまえです。 IPOだけだと誰でもそんなものです。
完全抽選枠にも入れていないでしょう・・。
そんなところに電話をかけ続けているのであれば、双方無駄な行為です。


Q:
IPO貯金ってどう?有効?
A.
名前の通り想像は付くと思いますが、
証券会社に現金を置いてIPOのみに投資するというものですが、
IPOを完全抽選しているネット証券に預けるのであれば有効ですね。
また、残高で当選倍率が変わるところも有効です。
MRF(投資信託)で元本割れは聞いたことがないので低金利の中、
そういう預金の仕方もいいかもしれません。
ただ、店頭取引では営業のしつこい勧誘がありますが・・・・。


Q.
JリートのIPOスケジュールが"tokyoipo"とか"モーニングスター"
などの大手とかにも出ていません。なぜ?申し込んだほうがいいですか?
A.
投資信託だからです。 リートは投資信託だけあってローリスクローリターンです。
短期売買には不向きです。
ここで当選の玉を使うのは惜しいです(IPOフリッパーも店頭取引履歴の多い方も同様に)
一人当たり年間の当選回数は決まっています。
公募価格割れリスクは少ないのですが、利益もわずかですので、
どうしても欲しいときは、IPO連続当選などありえない証券会社で購入しましょう。


Q:
IPOは6ヶ月ロックアップがかかってるはずなのに、 公募株以上の株が6ヶ月以内に、
最近のIPOで売られている気がします。なぜ?
A:
目論見書「第三者割り当て」やストックオプションをよく見ると、
取得日から半年間ロックアップ、 上場後、半年間ロックアップ、
初値1.5倍に1度でもタッチすると売却可能などまちまちです。

効力発生日(上場数年前)から半年間というケースもあります。
IPOバブルではない時期に、VCはがんがん売ってきますので。
セカンダリー参加(初値形成後参加)の方は、ロックアップの正確な日付を、
確認したほうがいいでしょう。大株主が上場日多量に売ることが、
可能なケースもあります。目論見書には必ず記載されてありますので、
随時そちらでご確認ください。
売出し、公募、発行済み総株式数とはなにか??
メニューの用語集にてご確認ください。


Q:
なぜ店頭の当選倍率がわかるのですか?私の支店当選倍率教えて。
A.
担当営業に聞けば教えてくれます。
優良顧客になればなるほど、詳細が教えてもらえるような傾向を感じます。
当方のメルマガで公開している当選確率や人気度は、アバウトです。
全数調査ではなく標本調査です。
基準となる支店、サンプルによって当選倍率や人気度は大きく異なるため、
統計学に基づく正確なデータではありません。参考程度です。
VIPは配分明細閲覧できます。


Q.
日本のIPOはもうだめですかね。
海外の特にイギリス、アメリカあたりのIPOに申し込みしたいのですが、
海外のIPO申し込み方法をネットでどこを探しても見当たりません。
教えてください。
A.
モルガン・メリルなどの海外証券会社で口座開設してください。
私が5年前、開設に出向いたときのことですが口座開設は
「現金1億以上預けてから開設──」と言われ赤っ恥をかいて撤収したことがあります。
米国のIPOは日本ほど初値は飛びません。
確かに日本のIPOは魅力が薄れてきました。
私も米国の直近IPOの売買をしています。
気になる方も多いようなので、米国IPOの初値をメルマガでこれから紹介します。
(2007年3月より)

最近の例ではRed Hat(日本の類似銘柄はターボリナックス)が初値14ドルをつけて、
1日で90ドルになったように、上場後のほうが魅力あると思います。
2004年、公募価格1株85ドル・初値100ドルをつけたgoogleは
現在値450-500$台まで上昇しています。

sbi証券や楽天証券でも米国株の扱いはありますが、
取り扱い銘柄数は業界トップクラスと自称していながら
米国株取り扱い銘柄は代表銘柄しか扱いありません。
直近IPO銘柄の購入は海外または支店にてどうぞ、、、


Q.
海外のIPOに申し込みを検討しています。
経費はいくら?
A.
また、海外に送金する場合は、もちろん手数料がかかります。
(面倒ですが、小切手で送金することも可能です)当方はシティバンクを愛用していますが、
手数料は新生が一番です。 新生は、大手都市銀手数料4000円~5000円の半額です。
国内で、他銀振り込み手数料無料(1回/月)
を利用して、送金手数料を無料にしている方は多いでしょう。
<新生は海外送金の組戻し手数料も無料。>
シティバンクは残高100万円程度で送金手数料半額になります。
○簡単にネットで送金できる利便性を追求するならシティバンク。
○手数料重視なら新生銀行です。


Q.
HSBC(香港上海銀行)でIPO申し込みできますか?日本の支店からもできますか?
A.
日本の支店ではIPOの扱いはありません。また日本支店は個人を対象としていません。
3億以上でPB(プライベートバンク)開設可能。
香港支店ではカスタマーセンターに日本語が話せるスタッフもいます。
海外のIPOに参加するなら香港です。


Q.
極秘?VIP?IPO公募株配分一覧表。私も見れますか??
A.
特別なお客様だけです。
内容はカテゴリー別配分株数
表計算ソフトで作成されたリストで、家族全員参加の方もいらっしゃいます。
これは個室で対応できる顧客のみ見せてくれます。
見せてくれない店もあります。
IPOの申し込み以外、営業と取引ない方はリスト閲覧は絶対無理ですが、
電話で支店配分数と当選数は教えてもらえます(全ての店頭ではありません)


Q.
やっぱり、IPO初値予想といえば"フィスコレポート"ですよね。
レポート高いので、申し込むか迷ってます。もしよろしければ、
フィスコレポート転送してもらえませんか??
A.
かざか証券ではブックビルディング期間前に、
初値予想レポートがかつて無料で見れました。
今は無料で見れるところはありません。
sbiの概略レポートだけです。


Q.
メルマガですが、なぜバックナンバー非公開にする必要があるのですか?
パソコンメールで見るより、
まぐまぐバックナンバーから見るほうが、便利な人も多いんですよ!!
A.
確かにそうですね。非公開の意味はあまりないですね・・・。
実は、公開要望も多かったのでもう折れます。
2007年1月からすべてのメルマガ内容をホームページにて公開します。


Q.
有料メルマガのほうは営利目的ではないのなら 無料公開してください。
無料公開にして会員増やてアフィリエイトしたほうが効果的ですよ!!
A.
書籍出版などするかもしれないので著作権の放棄はできません。
まぐまぐさんに利益の半分を徴収され、利益は出ませんが著作権の管理が委託できます。
転載転用などを自分では調査・追求することには手間がかかるので・・・
割高でも業務委託しています。


Q.
香港IPOについて有料メルマガはどれくらい売れましたか?もうかりますか?
A.
いいえ、香港IPOについては質問はたくさん寄せられるのですが
市場が悪化していると海外投資にまで皆さん余裕がないようです・・・。
香港IPOについて連載をはじめてからは既存の会員の方、半分が解約されました。
香港のIPOについてはまったく反響ありませんでした・・・

有料メルマガのほうで英文目論見書の見方、
用語解説も一覧でわかりやすく紹介しますので
そちらのほうを購読していただけると助かります。
有料メルマガ(IPO・当選戦略とノウハウ)にて配信中。
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/55/P0005597.html


Q.
あなたの初値レポートですが、しても意味ないと思いますよ。
分析しても、当たらなきゃなにも意味ないでしょ。
ほとんどのIPOが2倍くらいで当たり前ですから・・・・・。
IPOをどこでいくら使って、当選しましたとか、データを載せるとか、
「こんな方法で当選した」とかを掲載してください。


A.
おっしゃる通り、初値レポートは意味ないですね。
知りたいのは"どうやって当てるか"それだけですからね。
不特定多数の方に配信する無料メルマガだと
いろいろと公言しにくい内容が多いのです。
具体的証券会社名を出すことも問題ありますし、
アンダーグラウンドなことを書けば
削除依頼を受けて、キャッシュ削除まで要求されると
一度でもホームページにのせると海外のアーカイブサイトにも
データが残ってしまうので大変なんです。
< 不特定多数読者>を絞る意味もあり、
追加情報は2007年から有料で、 新規にメルマガを発行することにしました。
月280円(税抜き)なので、 その情報の価値は無料お試しを見てから
判断していただけたらと思います。 ノウハウ本が数万であるのを考えると
ボランティア価格だと思います。 無料メルマガでは従来どおり
当たり障りのない内容をつづけます。 何卒ご理解をお願いいたします。


Q .
"価値ある情報の有料メルマガ"ですが、
月280円(税抜き)は格安だと思います。 やすかろう悪かろうではないですか・・・・。

A.
格安手数料のネット証券は、大規模なトラブルで一日取引できないことも
昨年ありましたね。安いところはトラブル多いですよね。
市場原理からすれば、安ければモノの質が落ちて当然ですよね。
情報の価値は値段があってないようなものです。
1行で済む内容でも、話を膨らませて、 本一冊つくることなんて容易なことです。
情報に値段をつけるのは難しいのです。 いずれにしてもお試し期間があるので
それを見てから、高いか?安いか?無駄か?
については読者が判断していただくのが、
一番いいかと思います。私も、IPOではずいぶん儲けましたので、
幅広い方にチャンスを提供できたら・・・という気持ちから低価格にしました。
本音ですよ!!利益は出していません。
利益の半分はまぐまぐさんに徴収されています。
登録者は少なく広告もしていないので読者は一部の人に限られています。

Q.
1ヶ月無料(お試し期間)について、
お試し期間ですが・・・今申し込んだら無料ですか
A.
初めての方はだれでも当月無料(お試し期間)が付きます。
決算はすべてまぐまぐさんに代行していただいてますので、
当月無料のルールなど不明な点はまぐまぐよくある質問をご確認ください。
http://help.mag2.com/read/
購読者の申込・解除受付業務
購読者のサポート業務
配信システムの運営業務
購読料回収代行業務
はマグマグ事務局に委託しています。
詳しくはまぐまぐプレミアム会員規約をご確認ください。

Q.
野村ジョイの一般口座でブレインが当選したら税金は申告しなくて大丈夫ですか?
前回のアドバイスでは初心者には意味がわかりません。
A.
年間の譲渡益にもよります。
給与収入金額と給与所得や退職所得以外の
所得金額の合計額が20万円を超えなければ不要です。
もちろん他の特定口座などの譲渡益合計額も含めます。
IPOでは譲渡益が一銘柄で20万超えることはよくあることなので
会社員の方は面倒な確定申告が必要になってくる可能性があると言うことです。
もちろん放置すれば無申告加算税、延滞税なども請求されます。

ジョインベストが価格競争で惨敗して野村と統合した際、
指定がなければ一般口座となっています。これが問題です。
特定口座は野村またはジョイどちらか一方しか開設できないため
どちらか一方の一般口座でプレミアIPOが当選した場合、
20万超えて確定申告が必要になるかも・・・ということです。

どちらが当選しやすいかは言うまでもなく野村であり
特定口座も野村を選択するのが賢明でしょう。

税金の問題で一般口座でIPO取引できない方は
ジョイでは申し込みできないということになりますが、
他の証券会社の特定口座に移管するということはできません。
一般なら一般口座へ 特定口座なら特定口座が原則です。

━━━━━━
■IPO・NEWS
──────
[ネット取引]でのIPO申し込みは、各社の配分株数、配分方式を単純に確率を計算して、
より当選しやすい環境に申し込みすることが必要です。
なんでもかんでもすべての幹事や、委託販売団モノに申し込めばいいわけでもない。
(資金に余裕があるのならば申し込み)

━━━━━━
■IPO・NEWS
━━━━━━
なんと月30回まで他行手数料無料!!
もちろん証券口座の資金移動のハシゴとして活用できます!!

◇他行宛の振込みは、月30回まで手数料無料
(但し、一部の金融機関について別途、回数制限あり)
http://www.nomura-trust.co.jp/service/hbank.html
野村ホームバンキングは、野村信託銀行のインターネットバンキングです。
野村ホームバンキングで取扱う預金商品は全て元本保証です。
また、普通預金と定期預金を合算して一人当たり元本1,000万円までと
その利息等が預金保険により保護されます


Q.
ジョインベストの一般口座で第一生命が当選したのですが
税金は申告しなくて大丈夫ですか?
A.
ジョインベストが野村と統合した際、 指定がなければ一般口座となります。
これが問題です。
特定口座は野村またはジョイどちらか一方しか開設できないため
どちらか一方の一般口座でプレミアIPOが当選した場合、
確定申告が必要になります。
どちらが当選しやすいかは言うまでもなく野村であり
特定口座も野村を選択するのが賢明でしょう。
税金の問題で一般口座で取引できない方は ジョイでは申し込みできない
ということになります。 もちろん今のIPOバブルが終焉した今では
「儲かりすぎて税申告困った!!」
なんてことはないでしょう・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
IPOの申し込みはきちんとされているのか??
IPOの申し込みをチエックするには・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
IPOが正確に申し込まれたかどうかチエックするには、
申し込み後、BB期間に改めて時々電話をして
申し込まれているかを受付に確認する必要があります。

営業店にとっては迷惑このうえない。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
しかし、失念があまりにも多すぎる──。

中堅以下の証券会社ではひどい時には月に1度必ずあった。
あまりにも目に余るので信用できないというのが私の本音。
ただし、
みずほインベスターズや三菱の場合は店舗で申し込みをすると
ネットからでも申し込みをした銘柄・株数までも確認できるので便利です。
必ずチエックをしましょう。(2015年にネットで確認できなくなりました)
皆さんも"担当者の意図的な失念"には十分警戒しましょう。
私も何度も何度もこの「申し込んだのに申し込まれていなかった」こと
に対する苦情を営業に言ったことでしょう・・・・・

株価が下がれば執拗にナンピン、債権、信用取引を薦めノルマ達成のために
あらゆるセールストークを浴びせてくる・・・。
こちらの取引が滞ればやがて相手にされなくなる・・・

挙句の果てにはIPO申し込みをしても失念する始末。
皆様の営業さんはいかがですか?

基本的な対応は2度3度失念が続いても謝罪以外なにもないので無駄にならないよう
自衛しましょう。"次回は優先配分"などまったくありえないこと。


Q.
みずほインベで 「他社にもIPO申し込みした場合申し込みできません」
ということでブックの申し込み却下されました。
みなさん複数株、複数社に申し込みするのは常識ですか?


A.
あなたが自己申告したため、ばれたようです。
"正直者は損をする"といってもいいでしょう。良心次第です。
現在他社に渡って名寄せをしているわけではないので、
他社で申し込みをしてもばれません。罰則もありません。
啓発、啓蒙活動程度です。 当方は、推奨しているわけではありません。

証券業協会会員ブックビルディングのあり方に関する報告書を参考にご判断ください。
重複申し込みは、サイトでの警告・啓発、社内で名寄せ強化。ルール厳格化。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<<2007/11/21付>>
ちよっと古いですが問題提起だけで基本なにも進展はありません。

会員におけるブックビルディングのあり方等に関する
ワーキング・グループ報告書
http://www.jsda.or.jp/shiryo/web-handbook/105_kabushiki/files/bookbuild_wg.pdf



Q.
三菱証券のネットでIPO申し込みをしたところ
「当選しました。」
「キャンセルした場合今後当選しなくなります。」
「申込期間に忘れずにお申し込みください。」 と電話連絡がありました。
日興でもないのにキャンセルしても今後のIPOにはペナルティはないはずですが・・・
なにか本音と建前があるのですか?
A.
野村も三菱のようにネットで申し込みをすると
当選した場合電話連絡があることがまれにあります。
(それも不人気銘柄のときだけというのは気のせいでしょうか・・・)

野村も三菱もネットで当選した場合窓口にも当選通知があるので
担当者が親切に忘れないよう申し込みを促しているようです。
都心ではあまり電話連絡はありません。地方の営業は暇だからかもしれません。

"キャンセルすると今後当たらなくなる"という件は
気になったのでコールセンターに問い合わせたところ、
いつものようにたらい回しになり、話は二転三転。
担当営業もあいまいな返事・・・・。結局支店長に聞いたところ
キャンセルはまったく影響なしということでした。

本来、ブックビルディングは適正な価格を決めるため。
キャンセルは公募価格形成を歪める。※
だからキャンセルはやめて欲しい。というのが回答でしたが、
キャンセルするならはじめから申し込むなというのがホンネのようです。

過剰申告によるキャンセルが価格形成をゆがめることは
「証券業協会会員ブックビルディングのあり方に関する報告書」にて
以前から指摘されています。
過剰申告が排除されるようになれば本来のブックビルディング方式
"Book Bilding"(BB)
「Book」=「予約」、
「Bilding」=「積み上げ」が正常に機能すると報告書では指摘。


Q.
ホームページQ&AにIPO当選するには
「営業が勧誘してくる金融商品を購入すると当選する」
とありましたがわたしの家にはファンドの案内など10年以上待っても
一切ありませんがなぜですか?
IPOのみの取引で年 1、2回当選 2万程度の利益があります。
A.
IPOのみの顧客は優良顧客ではないため敬遠されています。
損でもしてクレームを受けたらと関わりたくないというのが本音です。
対面取引は面倒な人間関係づくりが重要です。
支店長が自宅に挨拶回りに来たりとかなり面倒なものです。


Q.
未公開株を手に入れるにはどうしたらいいですか?
いずれはIPOしたとき大儲けしたいです。
A.
グリーンシート取引が一番簡単です。
http://www.jsda.or.jp/shiraberu/greensheet/

出来高も少なく長期投資となり残念ながらIPOしてもあまりもうかりません。
今まで数件IPOしたものがありましたがPOと同じレベル(5%~10%)の譲渡益しか
出ませんでした。
そもそも人気のネット株などはVCがすぐに巨額資金を貸してくれるので
グリーンシートなど面倒な小口資金調達はしません。
社員となりの持ち株会から毎月買う方法などもあります。
私もこの方法で数百万の利益を出したことがありますが、
譲渡益の半分近く税金がかかり 売却するには上司の許可が必要、
売れば批判の対象となり簡単には売らせてくれませんでした。
DPO ダイレクトパブリックオファーは今流行りの振り込め詐欺ばかり
なのでご注意ください。


Q.
フレンド当選したことありますか?10年やっても当たりません。
取引は窓口のIPO申し込みだけです。
A.
わずかにあります。主幹事ではないものは配分株数も少なく、
申し込みの少ない店舗には配分0のケースもあるので
当選確率 0%なんてこともあるのです。
フレンドに限ったことではありません・・・・。

Q.
**証券で家族で口座を開設し、IPOを申し込んでいました。家族は4名ですが、
ある時から私以外の家族のIPOを申し込もうとすると下記の表示がでて
申込みができなくなりました。
口座を開設して約7年間申込みを続けてきましたが今年突然申込みできなくなりました。

お客様の口座では、お取引できません。
お手数ですが、お取引店までお問い合わせください・・・・

これは、私が全部申し込んでいたのがわかってしまったということでしょうか?
私の口座が生きているのは、私が申し込んでいることがわかったので
私の口座だけ生かしたのでしょうか
連続で家族一人一人が申込んでも、私が連続で申込んでも同じだと思うのですが
不思議です。 なにかわかりましたらご教授していただけたらありがたいです。
A.
ipアドレスは都道府県まで正確に識別できます。
友人は30件くらい"代理"で1つの固定IPから連続申し込みをしていました
(北海道から種子島まで)

同様のメッセージが出て一方的に借名口座と断定され強制解約されました。

家族レベルでの連続申し込みなら黙認です。一定水準を超えるとアウトです。
今はwi-fiなどの無線LANはずいぶん安くなりました。複数のip取得は容易です。
詳しくは当方が著書の電子書籍を読んでいただいてから質問されると助かります。


Q.
みずほ証券にて家族代理でIPOの申し込みをしました。
"本人に承諾済み"でIDとパスワードを借りて申し込みをした
にも関わらず解約を強制されました。
他社は本人が承諾した場合第三者利用OKですが・・・・。
IPOの申し込みをみずほで再開するなにか方法はありませんか?
A.
////////////////////////////////////////////////////////////////////
特に注意するのは
★コールセンターやメールなどでの代理質問。(突然干支を聞いてきたりする)
★IDとパスワードの共有をオペレーターに明言。
★リンク入金の際、間違えて他人名義で入金。
////////////////////////////////////////////////////////////////////

IPアドレスで接続地域まで特定できますがこれは厳密ではありません。

また、ネット専業はかなり基準が緩く
リンク入金を間違えてもID共有もまったく問題なしです。(要:組戻し請求書類)
いずれにしても今後はネット専業証券会社も厳しくなるでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
"IPOを家族代理で申し込みをしたこと"の事実関係を認めると
みずほに限らず強制解約と厳しい制裁が加えられます。
現在もみずほが一番厳しい。
以前は口頭注意だったところも取引にすべてロックをかけるなど徹底振りです。
入金処理だけはいくらでも可能(笑)。

証券業協会の監査強化の通達で各社ますます厳しくなっています。

強制解約後にネット取引を再開することは不可能です。
永久追放です。 再度口座開設しようとしても弾かれます。
残念ながらブラックリスト入りです。

みずほ証券ネットのトップページや規約でも告知されています。
【ネット倶楽部のご利用、お問合せに関するご注意(第三者利用禁止)】
今後のためにも[リンク入金ミス]は十分ご注意ください。


Q.
どうしてもネットに完全抽選配分された株が
証券業協会で公開した数と一致しません・・・。なぜ。
A.
各社IPOについて
募集等に係る株式等の顧客への配分に係る基本方針などを見ると・・・・
例:)
http://www.aizawa.co.jp/money/kihonhousin.pdf
(現在削除されています)

・・・"原則"として一定割合について抽選により本社で配分先を決定───。
という文言があります。
ネット配分1%で窓口に99%配分ということもあるのです。

結局『公募株配分一覧表』を見なければ正確にはわからないのです。
一定割合というのもかなり適当です。

必ずしも機関投資家を除いたトータル3:7での配分ではありません。
「公募株配分一覧表」は各営業が保管しています。
配分した個人名、配分株数、ランクなど記載された
リストでこれを見れば各支店の配分株数も機関投資家割り当てもすべてわかります。
もちろん極秘ですので見たことある人は限られています。
私はお得意様当時は見せていただきました。

Q.
皆様からのメールでも多いのですが、KOBE、極東、いちよし証券に
口座開設に行ったら
「書類だけ預かり、当選した時に口座開設手続きします」とのことなぜ?
A.
IPOトレーダーの排除です。20年以上前は容易に開設してくれたのですが・・・
「IPOトレーダはほとんどIPO申し込み以外の買い物はしない。
そんなトレーダーは開設しないでほしい」というのが営業の本音です。
残念ながら申込書類はゴミ箱へというのが常識です


Q.
外資の引受証券会社でIPO申し込むにはどうしたらいいですか?
A.
個人も可能です。 億単位の預け入れで可能です。IPOは複数株取得可能です。
数億あればIPO以外の金融商品のほうが確実に儲かります。


Q.
いちよしで口座開設拒否されました。こんなことありますか?信じられません?
50代の男です。ホームレスのようなカッコでもないのに・・・
A.
いちよしは紹介などではないと窓口開設出来ません。 IPO専門顧客と見なされます。

ほとんどの人が
2倍も値が飛んだIPOを当選。

初値で売却。

当日、全額出金指示。

その後はひたすら、IPOだけの申し込みのみ・・・・
・・・・これが現実だからお断りします。と都内の窓口に行くとはっきり営業が言います。
昔からはっきりと明言するので私はいちよし好きです。
◎開設拒否のクレーム対応がめんどうなのでとりあえず開設だけして
申し込みをしても意図的に失念する
(抽選枠に入れない)営業店もたくさんいるのが現実ですから。


Q.
IPO申し込んだのに営業がいいかげんで申し込まれていないことが判明しました。
どこかへ通報したら改善されますか?
日本証券業協会?どこへ通報するのがいいのですか?
A.
日本証券業協会が近いかもしれませんが、紛争でもないのでこれは
通報・相談しても無駄です。
そもそも証券業協会は各証券会社が出資している組織ですので
身内の不祥事には甘いのが実情です。
このケースで証券業協会がやることは口頭注意で終了なので
まったく意味がありません。
金融庁もこんなことは相手にしてくれません。
私の場合は、失念はチャンスととらえてラッキーなことですから
次の配分に生かします。
大クレームを言ったから次回配分確約というものではありません。
昨今は法令順守の時代ですので20年前とはずいぶん変わりました。

Q.
IPOはやったことありませんが
IPOの当選確率を教えて下さい
またその計算式もご教授ください
A.
銘柄により大きく変わりますので正確にはわかりません。
完全抽選の当選倍率(当方の経験からアバウトな算出) 
当選倍率 目安:
1倍(確実当選)~5倍= 公開価格割れか+1万円程度の譲渡益
30倍~50倍程度= +20万程度の譲渡益
100倍以上= +40万程度
1000倍以上=+100万程度
■参考■
ナンバーズ3ストレート当選金10万円で当選確率 100倍(1%)
ナンバーズ4ストレート当選金90万円で当選確率 1万倍(0.01%)
株数の少ない人気IPOはナンバーズ4ストレートと同じ確率1万倍近くになることも・・・。
取引状況や預け入れ状況で当選確率が大きく変動します。
無料で何度も参加できることも魅力で断然IPOに軍配があります。

ネットは前金不要のところもありこれは"無料宝くじ"と同じで
参加しない人がおかしいと言えます。
前金必要な場合であってもプレミアIPOは当然 当選困難です。


Q.
IPOばかり申し込みして当選したらすぐ出金してを繰り返しています。
これってかなり恥ずかしいですか?
営業がかなり露骨に不機嫌です!!(20代男性)
年間これで10万くらいはゲットしてます。普通ですか??
A.
営業さんに聞いたことがありますがそんな人ばかりだそうですよ。
若い男性に限らずシニアの方は営業店にまで出向いて
毎回"申し込みだけ"する人も多いとのこと。
珍しくありませんが、すぐ出金ばかりしないで多少の取引をして営業との関係を築くのが
その後 継続しての当選につながりますので・・・
それでは利益も少ないでしょう。
どこの証券会社も手数料貢献によって当選しやすいとは限りませんから。

そのようなやり方では大型IPOしか当選しないでしょう・・・。
すべての証券会社に申し込みをしてもだいたい良くて年間30万程度の譲渡益くらいです。
当方が集めた統計です。

■■当著書の「IPO当選戦略とノウハウ」を以前購入された方へ■■

<<<<以前購入していない方には送信しません。>>>>

当著書「IPO当選戦略とノウハウ」の<確定申告特集>について
税申告など法改正や特例廃止、NISAの追加などで記述内容が古くなりましたので
内容を更新しました。
ご希望の方は無料で更新した項目を配信しますので以前購入された時のメールにて
ご連絡ください。 パスワード等確認後、メールにてお渡しします。

「株の譲渡益が1億あっても国民年金全額免除!!損する確定申告。得する確定申告。」
の項目は国民年金施行令の改正がなかったため変更・加筆はありません。
今年の税申告でも有効です。
その他、

●確定申告でおおもうけ?大損?まちがいだらけの株の確定申告・・。

●あなたの株の確定申告大丈夫??

●IPO投資家の正しいNISAの選び方

●ふるさと納税はお得・・・・? 実は大損。

●数千円の食品につられるなんて・・・だまされないで!!!

の内容も加筆してありますのでご確認ください。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
確定申告の特集だけでなくすべてご覧になりたい方、

当方が著書の電子書籍にも詳しく記載していますので
IPO当選のコツを知りたい方にお薦めです。

ご希望の方は1万円で販売しています。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
Q:
SBIは何ポイントで当選するの?
サポートセンターはなにも教えてくれない・・・
A:
今回主幹事のアビストでは
100株 申し込み、ポイント優先配分枠で110~150ポイント利用で当選確実です。
SBIに445,700株も引き受けがあったので"ポイント優先配分枠"で簡単に獲得できました。
もちろん次回当選まで、また100回以上の果てしないIPO落選の繰り返しが待ってます・・・・。
プレミアレベルのIPOなら300以上のポイントが必要です。
口座数増加で年々当選は困難になってきています。


Q:
相談なのですが、ipoが同一名義で2つ以上の証券会社で当選してしまいました。
やはり、申し込みをした場合バレたうえでペナルティが発生してしまうのでしょうか?
A:
現在 名寄せ は行われていませんのでばれません。
今後は証券業協会がチエックするよう後押ししていますのでなにか
改正があるかもしれませんが、 まだ放置状態です。
罰則もありません。自己申告の社内ルールレベルです。
IPOバブルの頃は1銘柄で家族複数当選 1千万円越えなんてこともありましたから・・・。
ただし、借名口座などに断定されないよう注意が必要です。


Q.
担当営業がしつこくNISA開設しませんかと言ってきますどうしたらいいですか
IPOは5年間一度も配分ありません
A.
担当営業と良好な関係で日頃付き合いがあり時々配分してくれるのであればそこで開設すべきです。
一度も配分ないところで開設して突然当選なんてことは考えにくいです。
いくら利益が出ても無税のNISAには譲渡益率の高い銘柄だけを入れたい。
2倍、3倍確実となるような銘柄はIPOしかありません。
幹事の多い野村ホームトレードが無難です。

IPO当選後 すぐにNISA口座に入れることが可能です。
(野村ネット&コールは不可能)
完全抽選を狙う方は、確率を考えればIPOの多い野村ホームトレードで開設すべきです。
NISA開設の宣伝ではありません。

SBIなど大手ネット証券は主幹事が少なく当選が非常にむずかしいので
NISA開設は無駄です。
もちろん大和ネットで取引を頻繁にしている方はこちらの方が
年間当選は多いかもしれません・・・。
NISA開設は "お役所仕事"です。
迅速な事務処理はしません。
開設はお早めに・・・


Q.
郵政買ったほうがいいですか??
A.
買うならネットです。
ほぼ100%窓口なら当選できます。
窓口取引は手数料貢献していると思います。
不人気投資信託買ってすぐ解約したり・・・
経費も相当かかっています。

窓口ではプレミアIPO当選するために毎月無駄な経費を使っています
わずかな利益しか出ないIPO当選では満足できませんので
あえてプレミアIPOの時以外は申し込みしません。

しょぼいものを多量に当てようと思えば当てられます。
どれほど経費を使ってどれほどのリターンのあるIPOを申し込むのか--さじ加減が
重要ですので プレミアIPOがどれほど当選したかが重要です。
そのあたりは窓口でIPO申し込みしている人は誰でも意識していると思います。

経験の浅い方はなんでも申し込んでいると思いますが
どこでも連続当選してくれるケースはまれですのでタイミングが重要です。

主力市場が活発ですとライバルも多くなりIPOの当選は困難です。
IPOバブルの頃はネットでも当選。
窓口でも複数当選なんてこともあり1銘柄で1千万円稼げた
あの頃と比べると競争もかなり激しくなりました。
昔はなんでも当選すれば2倍3倍 100万の譲渡益でしたが
昨今は とにかく当たればいいという環境ではありません。

当方、今年はいろいろ買わされて損切りした分をIPO当選分の譲渡益から経費として
差し引いくとマイナスになってしまいました。
信用なんて日興ネットで売買手数料無料で何回でも売買できますが、
あえて窓口で取引した結果です。CB債も満期まで解約できない塩漬け状態です。

当選しても譲渡益が少なくIPOの醍醐味は薄れてきました・・・。
話題のIPOだったためか日経や雑誌の取材など数社受けましたがマネー雑誌でお馴染みの
ZAIさんがネットで記事を無料公開されていますので興味のある方はご覧ください。
10/14
IPO株の攻略&裏ワザ情報!
日本郵政POには本当に申し込む価値があるのか?
http://diamond.jp/articles/-/79908


Q.
NISA開設したら窓口でIPO当選できますか?
A.
交換条件で配分ということは表面的にはありません。
担当営業との付き合いの中でNISA開設がプレミアムIPO配分に結びつくのは確実です。

また同様に損失補てん、クレーム処理としてIPO配分も表向きには存在しません。

"営業が勧めた投資で大損した。それでもプレミアムIPO当選で損は回収できた---。"

それが対面取引の基本です。

窓口開設していると各社しつこい営業の勧誘があると思いますが
日頃付き合いのある営業店で開設すべきです。
IPOの配分はギブアンドテイクが基本です。

■いくら利益が出ても無税のNISAに譲渡益の高い銘柄だけを入れたいですね。
2倍、3倍となるような銘柄・・・。

そんな銘柄はそう簡単には見つかりません。
1年で株価1/10になるような上場疑義のバイオベンチャーあたりしか見当たりません。
(10年以上塩漬け覚悟で・・・)

当選したプラチナIPO銘柄を入れたいと・・・誰もが想像することですね。

主幹事が多い大手、野村でNISA開設が完全抽選の当選確率としては高いと思います。
次に大和の完全抽選枠。
日興はそもそも完全抽選枠が狭いのでお勧めできません。
日興は少額でも信用取引0円なので、これを利用することだけに魅力があります。※

■マネックスやSBIなど大手ネット証券ではプラチナIPOを当選することは極めて困難
なので開設する必要はありません。
ネット専業証券会社のNISA開設は無駄です。

■SBIは当方の経験則では現金3000万円~5000万円の申し込みで主幹事の時プラチナIPO当選。
またはIPOチャレンジポイント 300ポイント以上で当選。

なので、もし、現金をそれくらい寝かせているのならSBIでNISA開設をお勧めしますが、
1000万円以上の現金があれば窓口取引を渡り歩くだけで
作為的な配分でのIPOを完全抽選より多く取得できます。

注釈:※
日興コーディアルで2008年10月3日以前に口座開設をした場合は「総合コース」です。
取引コース変更ネット取引の「ダイレクトコース」変更で取引手数料が
大幅ディスカウントされるようになりました。
信用取引委託手数料 0円

担当営業と駆引きしない。
ただ、ひたすらネットで完全抽選に参加するだけという方は変更をお薦めします。

「総合コース」は、支店担当者からのアドバイスや投資情報の提供を受けながら
お取引できるコースです。すべての取引窓口をご利用いただけます。

「ダイレクトコース」は、オンライントレードやコンタクトセンターを使って、
取引するコースで株式委託手数料は支店でのお取引と比べて70%割引、信用取引手数料は100%割引。
投資相談不可。
詳しくは、リンクの「お取引コース比較一覧」をご参照ください。

手数料無料は「ダイレクトコース」に限ります。
「ダイレクトコース」はIPOの申し込みが窓口でできず。ネット申し込みのみというからくりになっています。
窓口は完全前金不要。ネット申し込みは完全前金制。

ただし、新興銘柄、IPO銘柄の空売りはできないのでそこはSBIで取引しています。

この太っ腹なサービスにはネットで短期売買するIPO顧客は窓口に来て
"営業活動の邪魔しないでほしい"というホンネがあるのではないかと思います。

日興信用取引無料について詳細
http://www.smbcnikko.co.jp/products/stock/margin/index.html


Q.
10年近く拝見していますが・・・・
他のページでは各証券への割当率 仮条件決定時付近に書き込まれますが
これをいち早く知ってから申し込みたいのですが
どこから情報がえられるのでしょうか
お返事よろしくお願い致します
目論見書に出ていないのでよろしくお願い致します>自分で調べてみます
どこを問い合わせても無視で回答よろしくお願い致します
A.
目論見書に出ています。
訂正目論見書です。こちらの株数を写しているだけです。
仮条件決定後は幹事だけだった配分リストから正確な各社への配分株数が
ここで公開されます・・・・。

仮条件決定前(訂正目論見書が出る前)に申し込みの多いところに
資金配分、申し込みを計画的にして当選確率を上げたいというお考えだと思いますが・・・
無駄です。

主幹事と副幹事が多くそれ以外は割り当て順に並んでいますが大差ありません。
ご存知の通り
窓口取引の"完全抽選枠"は桁違いの当選確率ですのでこの辺りを正確に
知る意味はありません。

仮条件決定前(訂正目論見書が出る前)に知りたい場合は証券会社に問い合わせて
各証券会社の端末から仮の割り当て株数が確認できます。

窓口によっては各支店へのおおよその割り当ても確認できます。

例えばオープンドアは当方の大和証券取引先(首都圏郊外)の窓口支店には
300株の配分予定となっています。
引受先リスト上から4番目。先ほど店頭の個室で確認しました。

たったこれだけでは申し込むのは無駄ですね。
※営業によっては訂正目論見書が出るまで非公開として答えない人もいます。

幹事リスト、下の方は数パーセントですので
主幹事・副幹事上位2社 以外のリスト上下関係で当選確率は
ほとんど変わりませんので意識する必要はまったくありません。

引き受け予定リストをサイトで無料公開すれば
かなり広告収入になるかもしれませんね・・・。
各社に毎回電話で問い合わせするのは面倒なことですが・・・・。


Q.
新株予約権の行使はIPOする前から可能期間の場合、IPO当日は売却はできますか?
A.
新株予約権の株をIPO当日権利行使して売却することは一般的にどこでも当日に可能です。
IPO当日権利行使して売却するためには事前に書類提出をして準備する必要があります。
IPO当日は手続きが間に合わないため売却できないというのは間違いです。

━━━━━━━━━━━━━━━
■よくある質問
━━━━━━━━━━━━━━━
Q.
米国ナスダックIPOも日本のIPOみたいに儲かるの?
A.
結論から言えば、お薦めしません。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

現状では米国の証券会社に口座を開く必要もあり、
面倒ですが稀にグローバルオファー分は
大手証券会社でも扱いはあります。
しかし調達資金が巨大で日本ほど初値は飛ばない。

─────────────────────────────────

米国の場合はとんどが適正な公募価格。巨額の調達資金で、
新興企業向けの市場であっても、上場規模は日本とは桁違いのビッグサイズ・・・。

ナスダックは世界最大新興市場マーケットなだけに、
上場銘柄数は東証の2倍近くあり売買高は東証なみ。

大型であればあるほど値動きが重くて当然。
大型株の初値が飛ばない理由は日本と同じ・・・。
東証直接上場の大型株が初値2倍超えるなんて記憶にない・・・。

■2010年から2014年のIPO利回りパフォーマンス
https://www.fidelity.com/viewpoints/active-trader/IPO-opportunities?imm_pid

■ナスダックIPOリスト
http://www.nasdaq.com/markets/ipos/

*Latest IPOs =最近IPOした銘柄
*Upcoming IPO =これからIPO

■■米国ヤフーファイナンスのほうが公募価格と初値がわかりやすく見れます■■
━━━━━━━━━━━━━━━
■誰でもできるIPO初値予想
━━━━━━━━━━━━━━━

■目論見書の意味がわからない・・・

■メルマガ本文の略語、専門用語の意味が分からない・・・

というご質問が多いため

当ホームページにてすべて公開しています。
こちらでご確認ください。

「決算書の読み方」はネットに山ほどあるので割愛しました。

━━━━━━━━━━━━
■IPO・Q&A
━━━━━━━━━━━━
Q:
IPO当日は6ヶ月ロックアップがかかってるはずなのに、公募された株以上の株が6ヶ月以内に、
最近のIPOでは多量に売られている気がします。なぜ?

A:
目論見書「第三者割り当て」やストックオプションをよく見ると、
[取得日]から半年間ロックアップ、
[上場後]半年間ロックアップなどまちまちです。
効力発生日(上場数年前)から半年間というケースもあります。

特に昨年はストックオプションに関しては××回は××円以上が何日続きかつ××パーセント掛けた値が××以上、
なおかつ・・・・と異常にややこしく書かれたIPOも多くありました。

IPOの騰落率が低迷しているときは、VCはがんがん売ってきますので。
セカンダリー参加(初値形成後参加)の方は、ロックアップの正確な日付を、
確認したほうがいいでしょう。大株主が上場日多量に売ることが、
可能なケースもあります。目論見書には必ず記載されてありますので、
随時そちらでご確認ください。

※初心者の方はIPOの調達資金がすべてと勘違いされている方が多いようです。
売出し、公募、時価総額、発行済み株式数等をご確認ください。
略語、専門用語についてはホームページで公開していますので一通り目を通していただければ
理解できるはずです。

━━━━━━━━━━━━━━━━
■確定申告・ワンポイントアドバイス
────────────────
確定申告はお済ですか?

昨年も株で損失を出した方は、3年 損失を繰り越すことが可能です。
繰り越す方は確定申告をお忘れなく。

なお、給与が年末調整で納税が完結している方、
確定申告で還付だけの申告や譲渡損失の繰り越しだけはできません。

複数口座の譲渡所得で不必要に源泉徴収されたものを取り戻すためには、
申告の必要のない年末調整された給与所得もすべて申告しなくてはならず
逆に損する可能性もあります。


昨年配当を受け取った方は所得税と住民税が引かれていると思います。
「株式等の譲渡損失」は配当と相殺することができますので、
忘れず確定申告をして配当金で徴収された税金も還付してもらいましょう。
(特定口座の比例配分指定していれば自動相殺。ただし同一証券のみでの処理)

また、
10万円の繰越損失を消化しようと昨年1000万円の譲渡益を出した方は確定申告すると

国民健康保険料が年間 100万円近く請求されますのでご注意ください。
現在では株の譲渡益も給与収入と同じ扱いになり保険料率の計算対象になってしまいました。

損失の繰り越しのための確定申告はこの点慎重にやらないと
トータルで大損してしまいます。

ふるさと納税もわずかな食品のために確定申告すればなん倍もの損失になりかねません。

所得1000万円を超えても1億円でも国民健康保険料は限度が設けられています。
8万円程度(首都圏)から超えることはありませんので
当方も年間株式譲渡益が2000万円超えた時も年間100万円程度の健康保険料で済んでいます。


詳しくは当著書「IPO当選戦略とノウハウ」の<確定申告特集>について紹介しています。
税申告など法改正や特例廃止、NISAの内容など案内しています。

●今年も国民年金施行令の改正なし。
「株の譲渡益が1億あっても国民年金全額免除!!損する確定申告。得する確定申告。」

●確定申告でおおもうけ?大損?まちがいだらけの株の確定申告・・。

●あなたの株の確定申告大丈夫??

●IPO投資家の正しいNISAの選び方

●ふるさと納税はお得・・・・? 実は大損。

●数千円の食品につられるなんて・・・だまされないで!!!


確定申告の特集だけでなくすべてご覧になりたい方、

当方が著書の電子書籍にも詳しく記載していますので
IPO当選のコツを知りたい方にお薦めです。

ご希望の方は1万円で販売しています。
詳細はメニューより・・・・

※株の譲渡益が国民健康保険の計算対象となる所得に含まれる・・・。
というくだりですが、地方都市ではいまだに含まれないところもあるそうです。
未確認ですが・・・。
全国すべて確認していません。

10年近く前は都心近郊でも山林所得と同じように含まれないところもちらほら
見受けられました。
現在、国内の都心部では株の譲渡益は完全に所得に含まれるようになったはずです。
恐らく国からの統一指針が出たのかもしれません。

以前は基本的に含むといったあいまいな表記でした。

もし、地方都市にお住まいの方は役所に確認したほうがいいと思います。
前年は対象ではないのに今年から対象になっていたということもあります。
役所は親切に告知なんてしませんから・・・。

ホームページで的確に告知してある役所もあります。松坂市や盛岡市・・・
http://www.city.matsusaka.mie.jp/www/contents/1408708542190/

株の譲渡益を申告する方はご参考に・・・。

当方が著書の電子書籍にも詳しく記載していますので
ご希望の方は1万円で販売しています。

※確定申告したら国民健康保険料が高くなったので大損!!
税の還付を受けることをやめて
国民健康保険料が確定してから、
遡って前年の確定申告をしないに変更は絶対にできません!!

そのため繰越損失の消化であっても譲渡益の確定申告するしないの判断は慎重に・・・。





Q.
今年からIPOを始めました
IPOのために口座開設しに行きますがどこがおすすめでどこがダメですか??

A.
どれだけ口座に現金を預けられるのか・・・
怪しい社債や聞いたこともない国の国債・不人気投信などの金融商品をいくら買って
営業さんに貢献できるのか・・・。どこまで高い窓口手数料を払って手数料貢献できるのか・・・。
それによって回答も変わります。

今ではIPOバブルのようにIPOが当選してもあまり稼げないので
如何に手数料貢献が抑えられるかが重要です。
人気のない投信や転換社債等は解約できる時期になれば100万投資して10万の損失なんて当たり前です。

当方の書籍で詳細に説明していますのでそれを購入してからご質問いただけたら助かります。

以下、IPO目的での口座開設を基本的に受付け拒否する証券会社・完全抽選枠で当選の見込みのない
証券会社を挙げましたので参考にしてください。

例:書類を記入して預かり当選したら口座開設するところや紹介者が必要など。
---------------------------------------------------------------------
×丸八証券 
「新規公開株入手のための口座開設は一切お断り!!!」※現在その過激な意思表示は削除されています。
窓口でIPOばかり申し込みをするとやめて欲しいと懇願されることもあり、営業さんに気の毒な雰囲気。

×アイザワ証券
IPO申し込みだけの場合はネットで申し込みするよう露骨に敬遠される。

×極東証券
当選したら開設する・・・と書類だけ書かせて落選すると勝手に廃棄するのが基本方針。

×高木証券
そもそも富裕層向けのため小口投資家は野村と同様に慇懃無礼対応が基本。IPO以前の問題。

×リテラクレア証券
IPOのために開設しても落選続きでいつの間にか休眠口座で口座抹消・・・。こういうところは多い・・・。

×いちよし証券
そもそも一見さんは敬遠。紹介が必要などハードルは高め。若年層・学生はリアル門前払い。客を選ぶ証券会社。

×エース証券
自由奔放に営業活動ができるため、IPOだけの申し込みは露骨に敬遠。窓口では拒否するケースも多々。

×東洋証券
口座開設できても本社[本店営業部]の方針はIPO申し込みだけの口座開設は表面的にお断り!!!
IPOだけの顧客には無理難題を吹っかけて嫌がらせ行為も散見。地方の支店は正常。

×安藤証券 
IPO申し込みだけの場合はネットで申し込みするよう露骨に敬遠される。

×丸三証券
IPOだけの参加はネット口座を開設するよう窓口で拒否されるケースも多々ある。

×エイチエス証券
不祥事が続いたためIPOにも厳格なルールが適用され、かつての営業との暗黙の了解が取れなくなった。

×東海東京証券
作為的な配分を得るためには10万円以上の手数料だけでなく500万円以上の預かり資産(預入の時価)が
必要でハードルが高く主幹事も少ないため開設するまでもない。完全抽選は10%だけあり。ネット申込み不可。

×SMBCフレンド証券
こちらも3000万円以上の預かり資産と10万円以上の手数料貢献とさらにハードルが高く主幹事も少ない。
わずかなパイの奪い合いなのでメイン口座として取引しない限りわずか10%の配分を得るのは極めて困難。

※各社、窓口店舗ごとで開設方針が違うところがあります事前に各店舗にお問い合わせください。
※各社のネットコースは誰でも開設できます。
当然、割当ては少なく人気IPOの完全抽選枠は宝くじ並みの当選確率。

※東洋証券の主幹事案件が珍しく今月あります。
こちらは完全抽選で取得できる最大のチャンスでしょう。
しかし、IPO顧客に対するいやがらせは各窓口で大きなバラツキがあるため
コンプライアンス的にはどうかと思うことが多々あります・・・。
微妙に問題ないような無理難題を仕掛けてきます。
例:主幹事案件は郵送できない。窓口に目論見書を取りに来ないと申し込みできない・・・等々。
━━━━━━━━━━━━━━━━
IPアドレスを変えてIPO申し込みしたほうが当たりやすいのか??
━━━━━━━━━━━━━━━━
同一のパソコンで同じ証券会社のIPOを複数口座で数十回申し込みをしたとします。
すると証券会社からお尋ねの電話がかかってくることがあります。


確実にどこの証券会社でも取引のIPアドレスは記録していますのでこれを基準に
仮装売買・馴合売買を自動検出しています。

完全抽選のIPOは広く配分することが大義名分ですので、
同一IPアドレスで申し込みをすると弾かれている可能性があります。
(中の人でもない限りわかりませんが・・・)

IPアドレスは申し込みの度に変更したほうが確実でしょう・・。

IPアドレスを変えるにはプロキシーサーバーを使えばいいのですが、
セキュリティーも不安です。提供してないプロバイダーもあり設定は困難です。

最新のブラウザーOPERA 最新バージョンではVPNが簡単に設定できるようになりました。
しかも無料です。もう専用端末を買う必要はありません!!

VPNをオンにすると
ワシントンまたはシンガポールからのアクセスにIPアドレスを偽装できます。
偽装というと不正なイメージがありますが、もちろん正当な使い方です。

VPNとはなにかこちらに解説があります。
http://jp.yamaha.com/products/network/solution/vpn/about_vpn/

Wi-Fiルーター、携帯、自宅、会社・・・IPが足りないという方はこちらもご利用ください。
※もちろん、IPアドレスは数時間で新しいものに変えられます。
相手側にアクセス元の会社はこちらと認識されます。
http://static.midphase.com/
━━━━━━━━
■IPO・Q&A
━━━━━━━━
Q.
時々、予想PER間違えていませんか?

A.
会社が公開していない未来の予想ですので正解はありません。
予想PERの出し方は人それぞれ、やり方もバラバラで正確な計算式など存在しません。

当方では基本的に直近決算までの実績において、売上推移の平均が1クオーター30%なら30%程度で
このまま売上は続くだろう・・・、という単純計算です。

新興市場のIPO銘柄は黒字転換で慌てて上場する銘柄ばかりです。
そうすると黒字化により法人税がかかるため純利益がガクンと落ちます。
また、業種(公共工事、レジャー関連等)によっては大幅にずれ込むケースなどもあるので
そのあたりも考慮する必要があります。

いずれにしてもIPOは当選することのほうが重要ですので、
正しい算式など考えず目論見書では売上・純利益の成長率を見るだけで十分です。

予想PERの"当たり・はずれ"はお許しください。

予想PERについては複数の方から同様のご質問をいただいています・・・。
用語集をすべて一読してからお問い合わせください。

*参考*
当サイトIPO用語集・目論見書用語解説より。

*予想PER

来期の予想する最終純利益から算出したもの。
(IPOでは直近決算までの実績のみで予想は一切非公開)。
新興市場は経営が安定していない銘柄ばかり
赤字脱却で慌てて上場する銘柄が多くPERは予想で算出するのが常識。
そのため過去1年間の利益実績を使って計算すると同業他社より割高となる。
予想は直近売上実績から短期間遡った成長率や目論見書から
来期純利益を上げるような項目を加算してアバウトに算出。
売上の成長率だけを見て判断するのか、赤字脱却で今期課税され成長鈍化した
税引き後の純利益から算出するか・・・税金を省くのか・・・収益の季節変動は・・・
それぞれ考え方が分かれるところ。
目論見書の過去5ケ年、売上伸び率の平均値を出してその伸び率から
売り上げを予想する方法など平均値の出し方は様々。

未来予想なので正解はなし。経営不安定な新興市場銘柄は予想も当たりにくい・・・。

※ IPOは業績非公開のはずでも、予想PERが株のアプリ等で表示される場合がある。
これは東洋経済新報社のアナリストが予想したものから算出したもの。
計算式は非公開。売上げをベースに算出している模様。

※ マーケットスピードでは毎週水曜日更新のため、IPO当日業績予想のIRを
出した場合は1週間近く予想PERの更新が遅延することも。