7.経費1万円以内でIPO当選させるノウハウ パート2・1-1

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
経費1万円以内でIPO当選させるノウハウ Part.2
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

営業の言いなりとなれば、IPO当選容易になるのは周知のこと。
しかし、資金が限られた中では、
なんでもかんでもというわけにはいかない。

営業の勧誘パターンは決まっている。
規則性をつかんでタイミングよくIPOのおねだりをしよう。

営業のノルマは多種多様・・・
1万円以下で営業にご奉仕するには・・・・
─────────────────────────────────

営業の奴隷となり、薦められるものはなんでも買う。
文句も言わず、聞いたこともない投信も勧められるがままに買う。

 ・・・複数の証券会社でそんな手数料貢献をしていたら、
「他社へのIPO申し込み資金」まで奪われてしまう。
ネット証券のシンジケート団もすべて申し込みをしていたら
まとまった資金も必要になる。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 いかにコストを抑えて営業に奉仕するかが、
 IPOを当選して利益を出し続けるポイントだ。
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

IPOバブルのころ、著者は1ヶ月の株式売買仲介手数料を必要以上に
日ばかり取引をして、月/50万円以上も手数料貢献していた。

ネットの売買手数料が、0円の昨今にばかばかしいとは思っていたが、
月/100万円以上の利益がIPOの当選で確実に保障されていたので
IPOバブル当時はIPO投資のパフォーマンスは非常に良かった。

しかし、現在のIPOは何でもかんでも5倍をつけるような過熱状態ではない。

現在、"連続当選の必要経費"は月/10~20万。

当選しても利益10万円程度とIPOの魅力は薄れてきた。

成功パターンを熟知して連続当選しても嬉しくないというのが、今の本音だ。

プラチナ級IPOを当選させるためには、それ相応の損失(経費)が必要だから。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
*********************************************
リターンが少ないのだから
いかに経費を抑えて営業に奉仕できるのか?
これが、昨今のテーマとなっている。
*********************************************
1万円程度の手数料貢献でIPO当選。
10~20万程度の利益を出す・・・・。

そこまで敷居は下がっている。
////////////////////////////////////////////////////////////////

窓口は舞台だ。

多少の演技力も必要だ。
私も営業職の経験があるが、
「クレーマー」になりそうな顧客はオーラで分かってくるもの・・・。
初対面の会話でだいたいどういうジャンルの客層が見えてくる・・・・

著者のIPOメンバーの中で、
営業職の経験者がズバ抜けてIPOの当選回数が多い。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
対人関係が特に優れている。人当たりがいいというわけではなく、
営業職の気持ちを理解しているということが強みだ。
----------------------------------------------------
( 目次 1  3 )