6.経費1万円以内でIPO当選させるノウハウ パート1・1-3

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃営業はセミナー参加者を集めるということもノルマのひとつ!! ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
この"セミナー"とは各支店で小規模に行われるものだ。

公的施設、東京証券会館、各支店会議室などで行われるような
こぢんまりとした会議室で行われるセミナーだ。

各支店の専門家(中堅レベルの営業)が株式展望やお薦め銘柄、
中国株の案内などの海外投信などを紹介するもの。

話題のテーマには食いつくが、このような定例講演会はなかなか集まりにくい。
野村の大規模セミナーや、著名人が講演するようなものは、
勧誘しなくても満員御礼となるので参加しても効果はない。

これに、誘われたら積極的に参加すること。
営業が勧誘するということは不人気で思うように人が集まっていない
こんなケースがほとんどだからだ。
これが、平日の夕方からだったりするからなおさら参加しにくい。

無理してでも参加して協力すれば、営業に「カシ」ができたようなもの。

余裕のある人は、ココからさらに努力して欲しい。
────────────────────────────
講演会・説明会で紹介されたお薦め銘柄を積極的に買うこと。

当然、講演内容は期待しないほうがいい・・・。
的中率は五分五分で、内容も金融新聞に出ている内容と相違ない。

薦められた銘柄で、わずかでも儲けようなどと考えてはならない。
回転させて、少しでも手数料貢献するために、
損切りも利益確定も早めにすること。
紹介された銘柄へのリップサービスとしての売買だ。

必ず、「損する銘柄」や「天井をつかんでしまう」ケースが発生するだろう。
そうなれば、また別の立ち振る舞いをすることになる・・・。

IPO入手が目的なので、株の売買やらその他金融商品で儲けたいなら
手数料0円のネット取引で売買すべき。

──────────────────────────────────
☆値嵩株を無理して買う必要はない☆

いかにして"見込み客を演じる"ことがIPOの配分を得る最大のポイントだ。

これを実践して、作為的な配分を得なかったことは一度もない。
──────────────────────────────────
その他、
●カモ客(営業の言われがまま、なすがまま)
●エセ資産家
も織り交ぜて演じることも効果的だ。

「親の遺産を相続しちゃってさ、資産の運用先を探してるんだ・・」
これはもう古い!!


その他、クレームによるIPOを入手するという変化球勝負もあるが、
これは「伝家の宝刀」窓口取引を閉鎖して去る前にのみ使う"ワザ"
意外にもクレーム処理(営業不祥事によるお詫び)にIPO配分なんてことはよくある話。
もちろん邪魔なIPO顧客を意図的にIPO申し込みしていなかったことが顧客にバレて、
(よくある抽選枠から排除というやつだ・・・)
これに対して支店長がお詫びに特別配分なんてことは絶対ない!!

営業との関係も「ギクシャク」して配分も少なくなってきた・・・
いよいよ最後・・・という時に使用するもの・・・
人間関係を良好に
「明るく楽しく品格ある投資家を目指す」
──という方にはお薦めしない。
( 目次 1  3 )