5.IPO公募株配分一覧表を見たことがあるか?5-1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
IPO公募株配分一覧表を見たことがあるか?

お得意様しか見ることができない極秘書類の中身は?

リスト入手でIPO当選確率を正確に算出。
当選確率0%の支店に申し込みを続けていないか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆公募株配分一覧表というものが存在する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
表計算ソフトで作成されたもので、社員なら誰でも閲覧することが可能だ。

社外秘かどうかは知らないが、営業によっては見せてくれる人もいるので
営業と親しい方は要求してみては・・・。

誰でも見せてくれるわけではない。
"特別"なお客様に限る。

これは個室で対応できる顧客のみ可能だ。
見せてくれない店舗もある。

"特別"とはいわゆる手数料貢献度の高い優良顧客(VIP)だ。
IPOの参加申込み以外営業と会話のない方のリスト閲覧はあきらめて欲しい。

リスト閲覧ができなくとも当落決定後に
電話で支店配分株数と当選人数は誰でも知ることができる。
こちらも非公開の店舗もあり営業次第。

面倒でも随時、参加者と配分株数を確認することによって
当選倍率を知ることができる。

遠方に友人がいるのなら倍率を比較してみると面白い。
各支店で際立ったギヤップに気づくことだろう。
証券会社によっては偏らないように配分するところもある。
━━━━━━━━━━━━
◆公募株配分一覧表の内容
━━━━━━━━━━━━
 目論見書(訂正・追加)などから各証券会社への大まかな配分株数は分かる。
ここから各証券会社への配分が周知されるのは皆さんご存知の通り。

さらにここから詳細な社内における各店舗、ネットへの完全抽選配分株数は
「公募株配分一覧表」で正確に確認できる。

記載項目は、機関投資家、一般投資家別配分株数・カテゴリー別配分株数、
東日本・西日本、都道府県・・・等のおおまかな割り当て株数の記載に続いて
各支店別割当、配分優先顧客ランク、申込者氏名・口座番号・申し込み株数、電話番号・・・と続く。

大手表計算ソフトで簡単に作成されたリストで、
明らかに家族全員参加と見られる方々も・・・ちらほら。

IPOだけただひたすら申し込みを続ける場合、
10%~20%の完全抽選枠の配分株数を算出して
当選確率の高い証券会社を優先して申し込む。

主幹事・副幹事を先に申し込むのは当然のこと。
ここからさらに、公募株配分一覧表を参照すると
機関投資家の配分株数や各窓口の配分株数まで
詳細に記載されているので、
( 目次 1  3 4)