米国とは違う香港IPO登録届出書(目論見書)の見方。19-4

●貸借対照表(Balance Sheet:B/S)
一会計期間の財政状態(資産・負債・資本)
会社の持つ財産や出金をチエック
・資産(Assets)=負債+資本
・負債(Liabilities)
・資本(capital/equity)=資産-負債

各項目意味
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇Current Assets  「流動資産」
◇Trade accounts receivable 「受け取り手形及び売掛金」
◇Inventories        「棚卸資産」
◇Deferred tax assets    「繰延税金資産」
◇Total Current Assets  「流動資産の合計」
◇Net Asset Value      「純資産」
(Total assets 資産合計)
◇Current Liabilities:    「流動負債」
◇Bank overdrafts      「銀行借入」
(Bank borrowings)
◇Long-term debt       「長期借入」
◇Total liabilities     「負債合計」
◇Total equity        「資本合計」

●損益計算書
(Income Statement:P/L)(Income Statement Information)(Profit&Loss statement)
一会計期間を収益・費用の形式で表記される。会計期間の純利益(損益)が記載。
一会計期間の経営成績がわかる。
この中には本業以外の損益も確認できるので、本業の利益が占める割合をチエックしておきたい。
・収益(Revenues/total net sales)
・費用(Expenses)
・Gross profit(粗利益/売上総利益)

各項目意味
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇Cost of sales    「売上原価」
◇Gross profit     「売上総利益」
◇Selling general and administrative 「販売費、一般管理費」
◇Research and development 「研究・開発費」
◇Other expenses,net    「その他費用(純額:net)」
◇Income tax expense    「法人税等」
◇Profit before taxation  「税引き前利益」
Profit before(TAX)
◇EARNINGS PER SHARE (Basic)「EPS:1株当り純利益(べーシック)」
純利益は(Net profit)と表記され損失は括弧で表記される純損失(Net Loss)
●キャッシュフロー計算書
(Cash flow statement:C/F)(cash flow statements)
一会計期間の現金出入りの合計。
国際会計基準の導入により、日本の企業でも2000年から作成が義務付けられている。

設備投資の活動、借入金の状態や、資金調達の流れが分かる。

本業の現金収入だけではなく、土地や建物の売却による現金収入もある。
詳細な資産組み入れ対象は、計算書の前にある補足説明や財務概要(Overview)をチエック。

◇operating activities (営業活動のキャッシュ・フロー)

───────────────
■会計期間(Accounting Period)
───────────────
会計期間は通常1年で日本の場合4/1から翌年3/31までを
1年間として占めるケースがほとんど。
アメリカ・イギリスでは1/1(Bigining year)~12/31までの
1年間が1会計期間となるのが基本。

計算書に(Year ended 31 December)とあればその年12/31までが一会計期間。
(End of year)と表記されることも。

簿記記録に連結の場合は(Consolidated)と表記される。
IPOの時期によっては最新のクォータ決算が表記されることもある。

─────────────
■普通株(Common stock)
─────────────
海外の企業が上場する場合ではない限り通常IPOは普通株で公募される。
Common stock 5,000,000shars
と表記されている場合、普通株を500万株公募ということになる。
仮条件のミッドポイント(中間価格)にこの新規公開株500万をかけると
アバウトな調達資金が算出できる。

普通株(Common stock)の他には、優先株(Preferred stock)などがある。
優先株とは普通株より優先的に配当を得る権利などを持つ株。

─────────────
■表示単位・その他用語解説
─────────────
香港の目論見書には通貨表記が混在しているので注意が必要。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
□単位
 billion (10億)
 million (100万)
 thousand (1,000)
 hundred (100)
※単位はmillionを(mil.)などど略表示されることが多い。
※簿記記録の上部(単位)に表示されている。
exceept per share amounts(data)は「一株当たりの金額は除く」を意味。
□Par Value(額面)
□中華人民共和国の通貨(略号:RMB)【Renminbi(人民幣)】
□香港の通貨     (略号:HKD)【Hong Kong Dollar】
□中華人民共和国 (略:PRC) 【People's Republic of China】
□N/A(not available) 計算対象の数値がなく計算不能(表記不可能)
□香港証券決済機関(CCASS)
□IPO電子目論見書(Electronic Prospectus)
□IPO届出書(Registration Statements)
□時価総額(Market Capitalisation)
□上場日(date of listing/Listing Date)
□公募価格・公開予定価格・ブックビルディング価格帯 (Offer price)
□公募価格(公開決定価格) Issue price:Final Issue price
□売買単位(Board Lot)
□Notes: /Note: (注釈)

※テクニカル分析は日本と会計の違いから日本の計算式が当てはまらないケースがあります。
( 目次 1   4)