14."みずほ"は新規顧客に優先配分??-2

━━━━━━━━━
みずほのシステム
━━━━━━━━━
おそらく、みずほインベのIPO抽選は新規顧客に優先ではないだろうか。
開設して、2-3ヶ月以内に大きいIPOを入手するケースが多く見られる。
"ビギナーズラック"ではない。

私の予想では一度でも当選すると、
"抽選回数が減る"というシステムではないか・・。

例えば、
●1度も当選していない顧客  →10倍の当選確率。
●1度でも当選したことある顧客→ 1倍の当選確率。
・・・という具合だ。

サイトで公開している[現在]の配分方針をチエックしてみると・・・・

"「配分回数」を勘案して求められた数値が当落に影響"とあり、
明らかに過去の当落結果が抽選基準に影響ありと明記されている。
これは2006年、改めて公開された基本方針以前の
配分ルールがまだ生きている・・・ということのようだ。

しかし、私の周辺でも新規顧客(口座開設して間もない)への配分が、
ここ最近極端に減少しているので
新規顧客にも、何らかの新しいルールが追加されたと思う。

みずほの配分基本方針には
「預り資産」、「手数料」、「株式取引年数」、「売買金額」、「売買回数」、「需要単元数」
の各項目がどれほど当選確率を上げるのかについては表記されていない。

この明確に表記していない証券会社はみずほに限ったことではない。

━━━━━━━━━━━━━━━━
では、継続して当選するには
━━━━━━━━━━━━━━━━
これは一言に限る。
たくさん取引する。または、たくさんお金を預ける。

だからといって投信は厳禁だ!!資金拘束が長すぎる。
他社への申し込みができなくなる。

「IPOをひたすら申し込み続けていたら 10年後、1つだけプラチナ級IPOが当選した」
"取引0円。残高0円。なんでもかんでも0円。IPO申し込みのみ!!"
そんなスタイルであったとしても誰でも当選できる。
珍しくはないこと。

◆その後の「1ヶ月の行動が、今後の継続当選の道を決める」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( 目次 1 2  )