11.あなたのお勤め先はどちら?? 11-1

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
あなたのお勤め先はどちら??・・・・"学生"です
当選"効率"大幅ダウン!!
最強は社長だ!

1円起業してでも創業者になるべし(会社設立)
「いずれは上場したいな~」
ウソでも夢は叫ぼう。
あなたの職業欄は?
「若い人 = IPO顧客」・・・という固定観念は存在する。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

大学生が証券会社に口座開設で殺到した時期があった。

もちろん、現在も増加傾向にはあるが、IPOバブルのころと比べると
ずいぶん少なくなったらしい(窓口営業ヒアリング)。

これは、窓口営業にとって迷惑な話で、
「投資家」ではなく「抽選参加者」だからだ。

多量の申し込み電話には、うんざりといったところだろう。

学生に口座開設をさせ、その口座を買い取り、
完全抽選枠に申し込みを代理でするという
違法行為が横行した時期があったことも、
さらに、学生の口座開設が敬遠されるひとつの理由だ。

──────────────────────────────────────
著者も学生の方に、IPOを当選させるアドバイスをすることがあるが、
その中でも傾向として専業主婦や学生(20代若者)は
資産が少ないと見られがちで、
支店での対応も当選成績も芳しくない。

年配であればあるほど、なめられることは少ない。

しかし、初対面の支店営業に
「IPOの申し込みにきました!!」・・・などと本音トークをすれば、
間違いなく質の悪い顧客であると見られ冷遇されることだろう。

学生(若者)であろうとも起業家の場合は好待遇されるケースが多い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
( 目次 1  3 )