『引越しによるIPO当選術』-1

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『引越しによるIPO当選術』

引越しはIPO当選ノウハウのひとつ
"運気のいい方向に"───占いじゃない!!

IPOのために1年に1度、全国を旅してきた著者が語る
当選しやすい立地条件とは。
「下町VS六本木」当選しやすいのは・・・

☆引越し先には当選する法則がある。
☆高級住宅街より優先すべき立地条件とは??
☆引越し先には支店長をお招きしよう。(当選確率100%:著者)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
みなさん引越しはどのくらいの頻度でするだろうか。
5年に1度?10年に1度?
"引越し"なんてそう頻繁にするものではない。

著者の場合は1年に1度必ず引越しをしている。
日本の僻地に引越しをすることもある。

もちろん、IPOを入手するためだけの引越しだ。

引越しには礼金(掛捨て初期費用や敷金)を含めればシングルでも
40万円程度の経費を必要とする。

プレミアIPOが入手できれば、一発でペイできる額だ。

引越しを繰り返し連続当選してきた・・・。
「引越しによるIPO入手のコツ」について今回は紹介しよう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆著者は1年に1度引越しをしている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
営業さんの一言。

「IPO配分しても、皆さん数回取引して後は、なにも買ってくれないんですよね・・・」
これじゃあ、試食品だけ食べて逃げるようなもの・・・」

 当選後は数回取引してくれるが、お礼のつもりなんですかね??
アッと言う間に全額引き出されてしまう。
──営業が立たされている苦境を如実に物語っている・・・。

営業との対面取引においてはお互いの人間関係が重要でギブアンドテイクが基本。
一方的に要求していても難しい。

それなりの駆引きが必要だ。
ハッタリや大げさなことを言うこともあるだろう・・・。

多少でも投信や現物の取引に答えて、時には営業のノルマに貢献する必要もある。

この基本を押さえれば定期的にIPOを入手することが可能だ。

あれやこれやの「IPO当選させるノウハウ」にも限界があり、
同じ支店でプレミアIPOを連続当選とまではいかない。

それにつけても人間関係はめんどくさい。

担当営業がお薦めする銘柄や、金融商品が的中(好成績)するとも限らない。

そもそも、営業の指示通りの売買で稼げるのであるならば
IPOなど参加するまでもない。

「わずかな取引でいかに高額のIPOを入手できるか─」
それが重要なポイントであることは、すでにこのメルマガで紹介してきた通り。
取引交渉も非常に面倒なこと。

また、営業に奉仕をしてもIPOが当たらなければ不満も抱くことがあるだろう。
先方も商魂たくましくIPOをちらつかせて手数料を稼ごうと必死だ。
( 目次 1  3 4)