ネットで当選確率を上げるには。パート1・1-1

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
ネットでIPO当選確率を上げるには・・・

同一人物の複数同時申し込みは無効か?
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Q.ネットの当選確率を上げるには?

A.単純に口座を増やして、抽選回数を増やせば当たりやすい。

当然のことで、 誰もができる限り努力していること。


IPOのネット抽選においては、
------------------------------------------------
◆資金があればあるほど、当選確率が上がるところ。

◆資金を問わず、申し込み株数問わず、
1単元単位で抽選(抽選参加)するところ。
------------------------------------------------
と大きく2つに分かれる。
資金が少なく、完全抽選枠だけしか申し込みしないという方は
1単元単位で抽選する証券会社に、資金を分散することが当選への近道。

投資資金に関係なく、1単位で抽選(抽選参加)するところには資金を分散して申し込む。

証券大手の10%完全抽選枠や、マネックス、むさし(トレジャーネット)、
いちよし証券ネット(現在、コールセンターとネット受付のみ)など
中堅レベルとそれ以下の証券会社は、ほとんど1単位での抽選となるためこちらへ申し込むべき。
その他、カブドットコム、ジョインベスト(合併)、丸三、オリックス(合併)、クリックなど・・・。
SBI(資産があればあるほど当選権利を得られるタイプで一部はチャレンジポイントによる優先抽選)。


三菱(現在完全抽選枠10%のみ)、楽天、日興(現在完全抽選枠10%のみ)、
大和は取引手数料の支払額によって2倍、10倍と大きく
当選確率が変動するので、取引貢献しないで当選するのは困難。


この変動するルールはコロコロ変わるので定期的に配分方針を定期的に確認して欲しい。
三菱は現在、このネット抽選において取引残高(資産合計)によるステージ制度は廃止された。

野村、日興、大和、みずほといった大手は主幹事も多いのでネット完全抽選枠への配分も多い。


中堅証券会社は、幹事に入っても配分が少なく、
私の人脈で調べた結果では、5年に1度だけ当選という結果で極めて難しい。

40人くらいの知り合いのうち、プレミアム株の当選者はひとりもいない。
公募価格+10%程度のIPOや前評判の悪い銘柄ならば、こちらでも比較的当選しやすい。


配分の少ない主幹事・副幹事以外での完全抽選枠での当選は極めて困難。
数十万稼ぎたいのであれば、ナンバーズ3でストレート当てるほうがずっと楽かも・・・。


だから、ネットでも大手証券会社の「ネット完全抽選枠」にてIPOを申し込む場合は、
1人1単元の申し込み(抽選参加タイプ)を優先するのは当然。
1単元しか申し込みできない人が、1000単元株申し込める人と対等には競えないから。

当然のことながら、窓口取引に申し込みをしても完全抽選枠ではないため当選は無理。
一部証券会社では完全抽選枠のざるの中に自動で入るケースもある。

----------------------------------------------------------
1単元で抽選(抽選参加)タイプは口座数が勝敗を決める・・・。
その辺りは、皆さんもうご存知のこと。
家族全員参加するのが常識。
----------------------------------------------------------

家族全員参加の場合は、IPアドレスが同一になってしまうわけですが


同一人物の複数同時申し込みは無効なのか?
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
家族10人いれば10人の口座を、代理で申し込む・・・ということはあるでしょう。

「同一人物から複数の申し込みと判明した場合は、申し込みは無効となります・・・」
証券会社の警告しているここが気になるところ。

各社、問い合わせても当然、「独自の方法でチエックして"申し込み"を排除している」
とだけ公示。

それ以上の回答はない

( 目次 1  3 )